カテゴリー「命名写真辞典」の記事

2020年2月15日 (土)

七十二候を追う・「黄鶯睍睆く・うぐいすなく」 ~ホオジロについても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

以下は七十二候の 「黄鶯睍睆く・うぐいすなく」(2月9日~2月13日)の小林農場周辺の風景です。

(画面をクリックすると、画面が拡大されて、もっと見やすくなります)

Dscn2629

上の写真は、ちょっと見にくいですけれども、体が赤褐色で、顔は黒と白の模様の、スズメくらいの大きさの野鳥を写しています。

調べてみると、おそらく、ホオジロではないかと思います。

Dsc05671 P20118731

小林農場にはいろいろな野鳥がやって来ますが、鳴き声が聞こえてくるだけではなく、その姿もよく目にするようになってきました。

鳥の鳴き声を少しでも聞き分けられるようになれたらよいと思います。私が鳥の名前やその鳴き声について調べるのに利用しているページはこちらのページです。「日本の鳥百科」(日本鳥類保護連盟)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

独自の七十二候の作成(自分の地域に合った現代版の七十二候を作ろう)

  従来の2月9日~2月13日頃の七十二候は「黄鶯睍睆く・うぐいすなく」(ウグイスが美しい鳴き声を響かせる頃とされている。)    

  小林農場独自の2月9日~2月13日の七十二候は 「鳴き声の 主が姿を 見せに来る」(以前よりも鳥の姿をよく見かけるようになってきたような気がする。ウグイスの鳴き声はまだ聞いていない。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の七十二候は 「魚氷に上がる・うおこおりにあがる」
  湖の氷が割れて、魚が跳びはねる頃とされている。
 

期間:2月14日(金)~2月18日(火)

月齢:2月14日は20、2月8日は24  

天気予報(気象庁):日曜日まで曇りの日が多い。雨も降りやすくなる。春のように暖か。杉の花粉がたくさん飛ぶ。

この時期にやっておきたい仕事:

  種まき(苗作り) 種まき(露地に。トンネルビニール建てる) 堆肥の散布 除草(ニンニク、ほうれん草、サヤエンドウなど) 倉庫の片づけ  

小林が選曲した「この季節の歌」

  「どこかで春が」   右をクリックすると、この曲をお聴きになれます。 どこかで春が.wav 



2020年1月30日 (木)

七十二候を追う・「水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)」 ~クスサンについても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

以下は七十二候の「水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)」 (1月25日~1月29日)の頃の小林農場周辺の風景です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

クスサン に対する画像結果

クスサンの繭。インターネット上の他のページに掲載されていた写真をコピー、ペーストさせていただきました。

このような繭を、小林農場の敷地内のところどころで目にします。その中身をのぞいてみても、生きている蛹の姿はもうありません。

繭はけっこう固い素材で作られていて、切って繭の中身を確認するためには、ハサミが必要です。

その粗い網目状の姿から、「透かし俵(すかしだわら)」という異名もあります。

Caligula japonica1.jpg
クスサンは蛾の一種です。上はクスサンの成虫と幼虫。(ウィキメディアのクスサンのページに掲載されていた写真をコピー、ペーストさせていただきました。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

独自の七十二候の作成(自分の地域に合った現代版の七十二候を作ろう)

  従来の1月24日~1月29日頃の七十二候は 「水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)」 (沢の水が厚く張りつめる)
      小林農場独自の1月24日~1月29日の七十二候は 「暖冬の 雪はすぐ消え 雨、日差し」(この冬、初めて雪が降る。薄っすらと雪が積もったが、その後は雨に変わってすぐに溶け、春のような暖かな日差しが戻ってきた)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の七十二候は「鶏始めて乳す(にわとりはじめてにゅうす)」

  鶏が卵を産み始める頃とされている。

期間:1月30日(木)~2月3日(月)

月齢:1月30日は5、2月3日は9  

天気予報(気象庁):晴れの日が多い。最低気温がマイナス5℃くらいになる。

この時期にやっておきたい仕事:

  温床作り、大豆の脱穀、クンタン作り、種の購入・整理、除草(ニンニク、ホウレンソウなど)

小林が選曲した「この季節の歌」

  豆まき 作詞・作曲/えほん唱歌  右をクリックするとこの歌をお聴きできます。 豆まき 



 

2020年1月22日 (水)

七十二候を追う・「雉始めて雊く」(1月15日~1月19日頃) ~ケヤキについても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

以下は七十二候の「雉始めて雊く」(1月15日~1月19日頃)の小林農場周辺の風景です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ケヤキ。

Dsc05854 葉が全部落ちた冬には、ケヤキの端正な樹形をじっくりと見られます。

Dsc05855 鱗模様の木肌も、とても美しいです。

 

 

P3010145Dsc05851

左上は7年前に撮ったケヤキの写真。右上は昨日撮ったケヤキの写真。見比べてみるとあまり変わっていないように見えるけれども、樹が大きすぎてよくわかりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

独自の七十二候の作成(自分の地域に合った現代版の七十二候を作ろう)

  従来の1月15日~1月19日頃の七十二候は 「雉始めて雊く・きじはじめてなく」(キジが鳴き始める)

  小林農場独自の1月15日~1月19日頃の七十二候は 「霧、たちのぼる」(雨が降った後、霧が発生する。いつもならこの時期は晴れが続いて雨は少ないが、この冬は雨と霧が多いのが特徴。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の七十二候は 「款冬華さく(ふきのはなさく)」

期間:1月20日(月)~1月24日(金)

月齢:1月20日は25、1月24日は29

注目:フキの花が咲き始める頃とされている。フキの栽培方法を勉強しておきたい。

2019年12月17日 (火)

コブシ(辛夷)の冬芽 ~小林農場で出会える生き物~

コブシの樹の冬芽。我が家の目の前に大きなコブシの樹が鎮座しています。

Dscf2089 Photo_20191217152901

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「命名百科」では、「小林農場で出会える自然」を写真と挿し絵で紹介しております。よろしければ、下記をクリックしてご覧ください。

2019年12月14日 (土)

ハクセキレイ(白鶺鴒)~小林農場で出会える生き物~

P20118731 P21000801

Photo_20191214060301

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「命名百科」では、「小林農場で出会える自然」を写真と挿し絵で紹介しております。よろしければ、下記をクリックしてご覧ください。

 

2019年12月 8日 (日)

サザンカ(山茶花)~小林農場で出会える生き物~

Dscf0004 Photo_20191208060601

Dscf0011 Photo_20191208060701

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「命名百科」では、「小林農場で出会える自然」を写真と挿し絵で紹介しております。よろしければ、下記をクリックしてご覧ください。

2019年9月24日 (火)

チカラシバ  ~小林農場で出会える生き物~

秋になると畑の通路でよく見かけるイネ科の雑草です。

株がしっかりと張っていて強靭、草刈り機で刈ろうとしても刃がはね返されたりします。

葉も花も大きくて風格があり、私の好きな雑草です。

P9101355Photo_20190924052301

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「命名百科」では、「小林農場で出会える自然」を写真と挿し絵で紹介しております。よろしければ、下記をクリックしてご覧ください。

2019年9月15日 (日)

ツユクサ  ~小林農場で出会える生き物~

残暑の頃から本格的な寒さがやって来るまでの間によく畑で見かける、さわやかな青色の花を咲かせる雑草です。

Imgp0496 Photo_20190915051601

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「命名百科」では、「小林農場で出会える自然」を写真と挿し絵で紹介しております。よろしければ、下記をクリックしてご覧ください。

2019年9月 7日 (土)

アブラゼミ  ~小林農場で出会える生き物~

 

Imgp0491_20190907053101

セミの種類の見分け方

 ・体の大きさは?(アブラゼミは体長5mmくらい)

 ・羽の色は?(アブラゼミは茶色っぽい)

 ・体の色は?(アブラゼミは黒っぽい)

 ・そして、鳴き声は?

Photo_20190907054601

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「命名百科」では、「小林農場で出会える自然」を写真と挿し絵で紹介しております。よろしければ、下記をクリックしてご覧ください。

 

 

2019年8月27日 (火)

サシバ  ~小林農場で出会える生き物~

P6282426ふっと空を見上げると、左の写真のようなシルエットが悠々と大空を舞っている姿をみかけることがあります。

サシバという鳥が飛んでいるのだと思います。

 

 

 

Photo_20190827143501

市貝町は世界有数のサシバの繁殖地のようで、市貝町は「サシバの里」と呼ばれるようになりました。

Photo_20190827143801 8月31日の土曜日に市貝町で花火大会をやるよ。(さっちゃん)

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「命名百科」では、「小林農場で出会える自然」を写真と挿し絵で紹介しております。よろしければ、下記をクリックしてご覧ください。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ