カテゴリー「ニンジン」の記事

2021年7月 5日 (月)

令和3年7月2日の野菜セット・人参の栽培方法

7月2日の野菜セットの内容です。

玉ねぎ、人参、大根、カブ、キュウリ、ズッキーニ、サヤインゲン、キャベツ、白菜、シュンギク、ニンニク

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーー

夏の人参を出荷し始めています。

人参の本当の旬は、秋から冬にかけてです。蒸し暑い今の時期は人参は傷んでしまう場合もあり、収穫できる時期は短いです。おそらくこの夏は、来週か再来週くらいには人参の出荷が終了するかと思います。

夏の人参は、秋冬の頃の人参と比べてあまり大きく育ちません。今は少し小さな人参を出荷しています。小林農場の人参は皮まで柔らかくておいしいので、どうぞ皮を切り除かずに丸ごと食べていただきたいと思います。

人参の出荷の本番は秋冬ですが、秋冬に出荷される人参の種が間もなく畑に播かれます。

「家庭菜園で人参を自分で栽培してみたいので、栽培方法を教えてほしい」というご質問をいただきましたので、小林農場の人参栽培を簡単に公開させていただきたいと思います。

ーーーーーーーー

 種を播く準備

 ・土を細かく砕きながら耕す(ゴロゴロとした塊の多い土だと、種は発芽しにくい)

種播き

 人参は種を発芽させるのが難しい。種を発芽させることができれば、人参栽培はほぼ成功。

 1、種を播くための溝を作る(鍬などを使って、すじ状に溝を作る)

 2、種を適量、溝に播く(経験を積みながら自分なりの「適量」を掴む)

 3、土を種の上に覆土してゆく(鍬などを使って、溝の中に土を落としてゆくような感じ)。

   土を厚くかけすぎると発芽しにくくなるので、薄っすらと種が土で隠れる程度に。

 4、覆土した土の上から鎮圧する(私は一輪車のタイヤを覆土の上に走らせて鎮圧)。

   鎮圧しておくことにより土の中の水分が保たれやすくなり、種が発芽しやすくなる。

 5、モミガラがあれば、モミガラを覆土の上に散布する。そうすると、土が乾きにくい。

 6、順調に種が発芽すれば、種播きから2週間後くらいには人参の葉が地表を覆う。

種播きの時期

  ・人参の種は土が乾いていると発芽しにくい。発芽するのに土が湿っていることが大事。

  ・7月下旬頃に梅雨が明けると雨が降りにくくなり、土が乾きやすくなる。よって、7月上旬の梅雨が明ける前に、土が湿っているうちに種を播くと発芽しやすい。

  ・人参の種播きは、遅くとも8月下旬頃までに終わらせる。

除草

 人参の葉の周りに生えてきた雑草が、人参の葉と背丈が同じくらいになる前に、手で雑草を取り除いてゆく(雑草の生育は早いので、早めに除草するように心掛ける)

間引き

 人参の葉が大きくなって地表に茂ってきたら、人参と人参の間を拳1つ分くらいの間隔に空けながら、その間の人参の葉は間引く(間引いた葉は天ぷらにして食べてもおいしい)

肥料

 人参はそれほど肥料を必要としないので、私は特に肥料を与えない。

病害虫対策

 人参は病気になりにくく、害虫にも食べられることが少ないので、私は対策をしない。

収穫 

 7月上旬に種を播けば、10月下旬頃に収穫開始。

貯蔵

 冬の低温では、収穫時期を迎えた人参にたっぷりと土をかぶせて防寒すれば、冬の間、畑で貯蔵しておける。

Img_0025_2

人参の種が発芽した直後の様子(画面をクリックすると、画面が拡大されて見やすくなります)。

2021年1月15日 (金)

令和3年1月12日の野菜詰め合わせ・人参について

今回の内容です。

ジャガイモ、玉ねぎ、人参、大根、カブ、里芋、ゴボウ、カボチャ、白菜、キャベツ、ほうれん草、小松菜、

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、

野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーー

人参・・・通常は橙色に染まりますが、今年の人参は天候などの影響で白っぽい色が多いです。今年の冬は寒さが厳しく、人参の中身が少し凍る時期もあり、その影響で食感が少し粗く感じる箇所もあります。漬け物などの生食で食べると食感の粗さが目立つ場合もあるので、今年の人参は煮て食べることをお薦めします。香りのある品種なので、食味は良いです。

「今年の人参の中身の色が白っぽくて、見た目が良くない」というご意見をいただいております。

人参の色は種まきの時期に影響を受けるらしく、適期に人参の種を播くと中身が橙色にきれいに染まった人参が収穫できるらしいです。

昨年は、8月に種播きした人参の発芽率が悪かったです。いろいろと人参の種まきの時期を再考してみたいと思います。

Dscf0585小林農場の人参を加工場に依頼して、「人参ジャム」に加工してもらっています。

間もなく新たに人参ジャムが加工されると思います。加工されたら皆さんに農場通信でお知らせしたいと思います。

2019年12月25日 (水)

12月下旬に撮影  人参、玉ねぎの生育の様子

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります)

Dsc05742

収穫した人参の先端の肉付きに注目。上の写真の左の人参は先端が細く、右は先端まで肉付きが良い。

Dsc05695

上の写真の人参の品種は「小泉五寸」。先端が細くなる場合が多いような気がする。

Dsc05747_20191225053801

上の写真の人参の品種は、小林農場が育成している「小林五寸」。先端が細いものもあったが、先端の肉付きが良いものもたくさん見られる。

人参の先端の姿はその人参の品種の特徴を現すらしいので、種採り用に母体の人参を選抜するときに先端の姿に注目するとよいらしい。

Dsc05741_20191225053901 Dsc05746

人参の葉軸の太さに注目。本によると、「葉軸が太い人参は中身が固くて少肥栽培に向き、葉軸が細い人参は中身が柔らかく多肥栽培に向く」と書いてあった。母体を選抜する時に、葉軸の太さにも注目したい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05737 畑に植えられてから20日ほどが経過した玉ねぎの苗の様子。

葉先が寒さで枯れて、縮こまっている。来年の春が来て暖かくなるまでは、しばらくこの状態で縮こまったままでいると思う。

Dsc05675

上の写真は畑に植えられてから10日ほど経過した頃の様子。この頃はまだ葉先まで青々としていた。

2019年12月24日 (火)

令和1年12月23日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・自家採種の人参について

今回の野菜セットの内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、長ネギ、キャベツ、白菜、ほうれん草、ターサイ、カボチャ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05741

今回、出荷した人参の品種は「冬越し小林五寸」。もともとは「冬越し小泉五寸」という品種で、小林農場が数年間、自分で種を採り続けて育成している品種です。品種名も自分で作り変えてみました。

自分で採った「小林五寸」の種と、種苗会社から購入してきた「小泉五寸」の種と、どちらも播いてみて、その生育の様子を比較しています。やはり、自分が片手間で採っている種から育てた作物よりも、種苗会社が最先端の技術を駆使して生産・販売している種から育てた作物のほうが、明らかに生育が良いです。

ただ、その中身の味に関しては、どちらも遜色はないと思います。前回皆さんにお届けした「小泉五寸」と今回皆さんにお届けした「小林五寸」を食べ比べてみてもらっても、ほとんどその違いがわからないと思います。

自分で種を採る技術を少しずつ磨いていって、小林農場が育成したオリジナル品種の野菜をたくさん野菜セットに入れられるようになれれば、楽しいでしょう。

Dsc05747 今年、種採り用の母体として選抜された小林五寸の人参。

Img_0565 母体の人参を畑に埋め戻します。

来年の春には地上に芽を伸ばして、夏には花を咲かせて種を実らせます。

2019年12月20日 (金)

12月中旬に撮影  麦、ソラマメの様子

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります)

Dsc05716

(上)大麦。種まきしてから約1か月が経過。よく発芽している。小麦と比べると、葉が幅広い。

Dsc05712

(上)小麦。種まきしてから約1か月経過。発芽がまばら。いまいちな発芽率。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05694

(上)ソラマメ。種まきしてから40日くらい経過。よく発芽して、欠株がほとんど見当たらない。

2019年7月25日 (木)

梅雨の時期の種の発芽の様子

Imgp0391 Imgp0393 Imgp0396

左上の写真は発芽したばかりの人参の芽。右は発芽して数週間経ったゴボウの芽。左下は発芽して数週間が経ったダイズの芽。(写真をクリックすると写真が拡大されて、もっと見やすくなります。)

この梅雨の時期に種まきをして育てている作物です。

種を発芽させるには水分が必要なので、雨が降る時を狙って種まきしています。

しかし雨が降っても次の日から連日晴れて気温が上がると、地表は乾きやすくなって、種を播いてもなかなか発芽しません。

夏の暑い時期に秋ニンジンの種を播くのですが、暑さで地表は乾きやすく、発芽するまでに10日間ほどかかったりして、ヤキモキする場合が多いです。

去年はダイズの種を播いた後、全く雨が降らず、種も全く発芽せず、収穫を断念しました。

今年の梅雨は見事に曇天が続いて晴れることがなく、地表が乾くわけがなく、人参やダイズの種を播くとあっさりと発芽してくれました。

この曇天のため、ナスやトマトなどの夏野菜が不調であまり収穫できませんでしたが、悪いことばかりでもありませんでした。

2019年4月 1日 (月)

3月30日 葉物野菜、カブ、人参の種まき

Img_0085 この日に種を播いた作物の品種。

3月30日 夏人参の除草

Img_0071 2月から種まきして夏に収穫する人参。無事に発芽して生育しています。

上の写真では、人参だけでなく雑草もたくさん生えているので、どこに人参の芽があるのか見づらいです。

Img_0072 簡単に除草をした後の様子。人参の芽がはっきり見えます。

2017年12月26日 (火)

自家採種について

小林農場が現在出荷している人参の品種は「小泉冬越し五寸」。人参の香りを堪能できて、私のお気に入りの品種で、多くの方々からもご好評をいただいております。

人参の種は店から購入するのですが、今年は初めて、人参の種を自分で採種してみました。今回の野菜セット入れた人参は、その種から育った人参です。

みんな良く発芽して順調に育ってくれました。私でも人参の種を採種して育てることができることが確認され、いつもよりも感慨深い人参の出荷となりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の人参の収穫は出荷するためだけではなく、次の世代の人参の種を実らせてくれる「母体」を選抜するためにも行われました。

収穫した人参の中から元気な姿の人参を20本ほど選び出し、これらを母体とします。これらの元気な母体から生み出される種にも、元気な遺伝子が引き継がれてゆくでしょう。

私が母体として選んだ人参は、以下のとおり。

Img_0558スラリとした美人顔の母体。「女人参」と呼んでいます。

Img_0560ずんぐりとしてどっしりとした風格の母体。「男人参」と呼んでいます。

Img_0562人参は大きくなりすぎると肌が割れてしまったりするのですが、この写真の人参はかなり大きく育ちましたが肌は割れませんでした。「根性」があって太々しく、まさに男の中の男、「漢人参」と呼んでいます。母体に加えてみました。

このように、母体を選ぶ際、同じ姿の人参ばかりを選ぶのではなく、少し違った姿の人参を混ぜ合わせたほうが、それらが生み出す種は生命力があって発芽率が良いらしいです。

Img_0565母体を土の中に植えている様子。来年の初夏に花を咲かせて種を産みます。こうして3代目の種を採種してゆこうと思います。

2017年8月30日 (水)

平成29年8月30日

(画面をクリックすると、画面が拡大されてみやすくなります。)

Dscf6396人参の花。人参は畑より収穫されなければ、やがてこのような花を咲かせます。

Img_0004花が枯れた後の花茎部分。

Img_0008よーく目をこらしてみると・・・

Img_0009種がたくさん詰まっています。

Img_0193初めて人参の種を自分で採種してみました。

Img_0027_2その種を畑に播いてみたら、順調に発芽してくれました。これは嬉しい。どんな人参が収穫されるのか、楽しみです。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ