カテゴリー「オクラ」の記事

2019年9月26日 (木)

令和1年9月23日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・夏野菜の出荷は終了へ

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、玉ねぎ、長ネギ、ピーマン、赤ピーマン、キュウリ、ミニトマト、オクラ、サンチュ、フダンソウ、モロヘイヤ、クウシンサイ、ニラ、ニンニク

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ナス、ピーマン、ミニトマト、オクラ、モロヘイヤ、青シソなど、夏の間は野菜セットの主力だった夏野菜が、秋を感じて寿命を迎えようとしています。

ナス、ピーマン、ミニトマトは10月も少しずつ収穫できたりすのですが、今年の場合は収穫終了が早くなりそうな感じです。ナスは9月中旬頃からすっかり収穫ができなくなり、9月は順調だったピーマンの樹も葉が縮んできて実をつけなくなり、急速に衰えてきているように見えます。

ニラ、サンチュ、小松菜などの葉物野菜、そして間もなくカブなどが代わって収穫できそうです。今は夏から秋へと移り変わるちょうど変わり目です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0595 ピーマンより種を採ってみました。来年、この種からピーマンを育てたいと思います。

緑色のピーマンは未熟な実です。熟すと実が赤くなります。赤くなった実から種を採ります。

皆さんもピーマンを料理する前に種を取り除いていると思いますので、皆さんもピーマンの種を見慣れているかと思います。

Imgp0586 青ナスの完熟した実です。

まだ未熟で青色あおした実を収穫して出荷しています。収穫せずに実を完熟させると、黄色に変わります。

去年、私が採った種から育てた青ナスを今年に出荷してきました。また完熟した実から種を採って、来年も種を播いて育てたいと思います。

Imgp0622 オクラの完熟した実。

まだ未熟で青々とした実を収穫して出荷しています。収穫せずに実を完熟させると、実は茶色くなってカサカサに乾いて、中から種をこぼします。

去年、私が採った種から育てたオクラを、今年に出荷してきました。また種を採って、来年も種を播いて育てたいと思います。

2019年9月 5日 (木)

令和1年9月2日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・オクラとろろ

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、玉ねぎ、細ネギ、ナス、青ナス、ピーマン、ミニトマト、オクラ、トウモロコシ、モロヘイヤ、クウシンサイ、青シソ、ニンニク

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オクラが収穫できる時期は、私は納豆の代わりにオクラを食べています。

おすすめ料理「オクラとろろ」(納豆の代わりに、ご飯にかけて食べる。納豆に負けぬ粘り)

  1. 沸騰したお湯にオクラを丸ごと入れて、数十秒間、蒸し茹でする。(ヘタを取り除かずに茹でたほうが、水っぽくならない)
  2. お湯から取り出して、包丁で叩いて細かく切り分ける。
  3. しょうゆとかつお節を混ぜて、ネバネバするまでよくかき混ぜて、ご飯にかける。

Imgp0468

2019年8月13日 (火)

令和1年8月12日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・人気の高いトウモロコシ

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、玉ねぎ、人参、キュウリ、ナス、ピーマン、トマト、ミニトマト、オクラ、トウモロコシ、モロヘイヤ、青シソ、

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月はトウモロコシを野菜セットに入れてきました。

トウモロコシが野菜セットに入ると、皆さんから喜ばれることが多いです。皆さんの反応から、やはりトウモロコシは人気の高い野菜だと、改めて思いました。

虫もトウモロコシが好きなので、よく害虫の被害にあいます。

虫にかじられた痕が目立つトウモロコシは、商品として出荷することがでません。今回は、そのような商品にならないトウモロコシをサービス品として皆さんのお宅に持参して、希望されるご家庭にさしあげました。

「虫にかじられた痕が目立っていてもおいしく食べることができます。」と説明すると、どのご家庭もサービス品のトウモロコシを受け取ってくださいました。

虫に食べられやすいので、私はトウモロコシ栽培に対して苦手意識があるのですが、他の野菜と比べても人気の高い野菜なので、がんばって栽培してみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のトウモロコシは、害虫の被害を受けたものもありましたが、無事に出荷できたものも多かったです。

そこで今年は初めて、トウモロコシから種を採ることに挑戦してみたいと思います。無事に種が採れたら、来年の春、畑に播いてみたいと思います。

Imgp0450 種を採るために収穫せずに畑にのこしているトウモロコシの実。熟して実の色がくすんできてから収穫して、種を採りだします(ちなみに、私達が食べているトウモロコシの黄色の粒々は、まだ未熟な種です)。

 

2017年9月 5日 (火)

平成29年9月5日

夏の間ずっと調子が悪くて実りが少なかったオクラが、夏が過ぎ去ろうとしている今頃になってたくさん収穫され始めました。今までは一部の方々にしかオクラをお届けできませんでしたが、現在は全ての野菜セットにオクラを入れることができています。

初夏にオクラの種を畑に播くのですが、今年は発芽が悪くて何度も種を播き直しました。最初が出遅れたので、収穫期も遅れてやって来たのかもしれません。もう気温も下がってきているから、間もなく再び収量が減ってゆくとは思いますが。

できるだけ実を大きくさせてから出荷しています。通常はオクラは大きくなると筋っぽくなって食べにくくなりますが、小林農場では大きくなっても柔らかいままの品種を選んで栽培しています。大きくさせてから収穫すれば、たくさんオクラを楽しめます。

ただ、今年の場合は、大きくなったオクラが筋っぽくて料理しにくかったというご報告もいただいております。五角形のオクラと丸形のオクラの二種類を栽培していますが、特に丸形のオクラが固くなる傾向があるように思います。私もオクラを少し念入りに試食してみながら確認したいと思います。

基本的には、まだ小さいうちに実を収穫したほうが、柔らかくて食べやすいと思います。あまり欲張って実を大きくさせてしまわないほうが無難なのでしょう。私もオクラを試食してみながら、どの状態で実を収穫すると良いのか、探ってゆきたいと思います。

2016年6月19日 (日)

平成28年 オクラの生育

Dscf23526月19日撮影。6月9日に種まきして発芽したばかりのオクラの芽。

5月16日にオクラの種を播いたのだけれども、発芽した種よりも発芽しなかった種のほうが多く、6月9日に播き直すことに。だいたいの種は発芽したけれども、また発芽しない所もあった。

オクラの発芽に失敗することが多く、毎年、種を播き直している。オクラの種は外皮が固く十分に水を吸収して皮を柔らかくしないと発芽しにくいらしいので、今回播き直した種は、種まきする前に種を一晩ほど水に浸けて、あらかじめ種に水を含ませてから種まきをした。

Dscf23565月16日に種まきして無事に発芽したオクラは、今はこの大きさ。

フォト
無料ブログはココログ