カテゴリー「カボチャ」の記事

2019年12月21日 (土)

令和1年12月20日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・冬至にカボチャ

今回の野菜セットの内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、長ネギ、キャベツ、白菜、ほうれん草、水菜、カボチャ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05731 Dsc05733

とても久しぶりに、野菜セットにカボチャが入りました。

今回お届けしたカボチャは今年初めて作っってみた品種で、ホクホクとした食感がおいしい品種です。

一つ一つが手のひらに乗るくらいに小さくてかわいらしく、品種の名前は「すずなりカボちゃん」といいます。

今年はカボチャがわずかな数しか収穫できず、今まで全く出荷せずに保存していました。

収穫されたわずかな数の希少なカボチャをいつ出荷しようかと考えていましたが、やはり冬至の頃が良いと思い、今回、カボチャを全てのご家庭にお届けいたしました。

昔から冬至にカボチャを食べると風邪をひかなくなると言われています。皆さんに12月22日の冬至に小林農場のカボチャを食べていただければ嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

一般的にカボチャは4月に種を播き、9月に収穫しています。

今年は4月に種を播いて育てたカボチャがほぼ全滅したため、7月に種を播き直して、11月に収穫しました。

種を播く時期が遅かったのでカボチャの生育も遅くて収量は少なかったのですが、収穫ゼロではありませんでした。

なぜ4月に種を播いたカボチャが全滅してしまったのか、その原因を探っています。

カボチャ栽培はそんなに難しくなく、何年も連続して失敗するものではありません。今年は失敗したので、来年はきっと、いつもどおりに収穫できると思います。

2019年10月26日 (土)

令和1年10月25日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・暖かだった10月の出荷状況

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、玉ねぎ、長ネギ、大根または葉大根、カブ、キャベツ、サンチュ、キュウリ、ミニトマト、クウシンサイ、ニラ、ニンニク

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0890 写真の右側はミニトマトの樹(左側は収穫が終わったオクラの樹)。

何度も台風の強風を受けながらも、倒れることなく立ち続けてくれました。

今年の10月は暖かかったです。夏野菜のミニトマトがまだ枯れずに、今回も収穫して出荷できました。

でも、トマトの旬はやはり夏だと思います。現在収穫されているミニトマトは、夏の頃に比べると味が薄いです。ミニトマトを一つ一つ半分に切って、ドレッシングなどをかけて味を少しつけてから食べるとよいと思います。

トマトの鮮やかな赤色は、夏でも秋でも料理に彩りを与えてくれて嬉しいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キュウリはいよいよ収穫ができなくなってきましたが、10月の終わりまでがんばってたくさんの実を実らせてくれました。

夏が旬という印象の強いキュウリですが、小林農場では10月まではキュウリの旬です。他の農家はあまり秋にキュウリを作らないので、小林農場のキュウリは皆さんに喜ばれて、直売所に持って行ってもよく売れます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サツマイモを収穫しています。まあまあ豊作のようです。

栃木県では早くて10月下旬には早朝に霜が降りて冷え込みます。サツマイモは寒さに弱いので、10月上旬には全部、収穫したほうがよいです。

小林農場ではサツマイモの収穫が遅れていますが、今年の10月は暖かくて助かりました。

サツマイモは収穫した直後はあまり味がのっていなくて、たいしておいしくありません。収穫後、しばらく時間が経つと甘味が増しておいしくなります。

小林農場では、サツマイモの味がおいしくなってから皆さんに出荷したいと思います。早ければ2週間後、遅くても1か月後にはサツマイモがおいしくなっていると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月にカボチャの種を播いて育てています。

通常はカボチャの種は4月に播き、9月には収穫されます。7月の種まきでは遅すぎると思い、「駄目でもともと」と思いながら育ててみましたが、意外にも実を実らせてくれて、収穫まであともう1歩というところまで来ました。

11月には霜が降りるでしょう。無事にカボチャが収穫時期を迎えてくれるのが先か?それとも霜が降りてカボチャが凍死するのが先か?見守っております。

 

2019年10月 2日 (水)

追跡・写真で見る現在の作物の生育状況(9月23日~30日に撮影) ダイズ、白菜、遅蒔きカボチャ 

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります)

Imgp0609 ダイズ畑の様子。

Imgp0597 Imgp0607

今回は2つの違う品種を栽培。

左上の写真の品種は「小糸在来」。葉は全体的に青々としていて、順調に育っている。

いっぽう、右上の写真の品種はみんな、葉の色が所々、濃淡となり、葉が縮こまってしまっている。おそらくモザイク病にかかったと思う。

品種間ではっきりと生育差が見られた。

Imgp0601 どちらの品種も実をたくさんならしている。まだ実は膨らんでいなく、平べったい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0552_20191002055201 白菜の畑。防虫ネットをかぶせて防虫。

Imgp0656 最も早く畑に植えられた苗は、すでに結球し始めて立ち上がっている。

害虫のダイコンサルハムシの勢いが止まらず、ずいぶん葉が穴だらけにされた。

Imgp0655

近所のナシ園からいただいてきた防虫ネットを使用。ナシ園の防虫ネットは比較的に目が粗く、ダイコンサルハムシのような小さな虫はネットの中に侵入できるようだ。

やはりちゃんと、野菜栽培専用の目の細かな防虫ネットを入手したほうが良さそうだ。

Imgp0659

2番目に早く畑に植えられた苗は、これから結球が始まる。外葉は大きく生育している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0636 Imgp0639

遅い時期に種播きして育てているカボチャ。この数日間、雌花の数が増えているようで、その姿が目立ってきた。

Imgp0637 実の姿も見られ始めてきた。もしかしたら収穫できるかもしれない。

2019年9月19日 (木)

追跡・写真で見る現在の作物の生育状況(9月19日撮影) 大根、冬キャベツ、白菜、遅蒔きカボチャ

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります。)

9月8日に播種した大根の様子。

Imgp0575 Imgp0577

だいたい欠株ななく、発芽が揃う。発芽した双葉は厚みがあり、大きなハート型をしていて、良い状態で発芽したと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月下旬から8月下旬頃にかけて播種したキャベツや白菜などの畑の様子。

Imgp0552 苗を定植した後、防虫ネットをかぶせて防虫。

Imgp0553 防虫ネットの中の白菜の様子。

キスジノミハムシやダイコンサルハムシなどの小さな害虫によって食害されて葉に虫食い穴が目立つが、外葉の枚数を増やし続けて生育している。アオムシやシンクイムシなどの害虫の姿は見当たらない。

Imgp0556 防虫ネットの中の冬キャベツの様子。

ほとんど葉に虫食われ穴が見られず、きれいな状態で生育している。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

7月の遅い時期に播種したカボチャの畑の様子。

Imgp0566

Imgp0570 カボチャのツル先の様子。

葉色は若草色で、ツル先は少し上向きに伸びている。順調に生育しているみたいだけれども、果たして冬が来る前に実を実らせことができるのかどうか注目。

 

2019年4月28日 (日)

4月26日 カボチャの種まき

カボチャの種を播きました。

Imgp0107 カボチャの種。

 Imgp0111 今回、種まきしたカボチャの品種。

皮の白いカボチャは長く貯蔵できて長く出荷できるので、今回は白いカボチャを今までよりももっとくさん作ることにしました。

ただ、白いカボチャは収穫されてから甘味がのっておいしくなるまで、数カ月間ほどかかります。緑色のカボチャは収穫した後、けっこう早くからおいしく食べられますので、最初の頃は緑色のカボチャから出荷してゆきます。

ただ、緑色のカボチャは、最初はホクホクとしていておいしいのですが、貯蔵されてから時間が経つと、肉質がペチャペチャとなってゆき、味質が落ちてゆくように感じました。

白いカボチャは貯蔵しているうちに甘味が増してゆきますが、緑色のカボチャはほとんど甘味が増してゆかないように感じました。今回は、白色のカボチャを増やす代わりに、緑色のカボチャを減らしました。

「とっておき(松島交配)」という薄い緑色をしたカボチャは、収穫された後に比較的早い時期からおいしく食べられて、その味質を長い間、維持していました。今回は「とっておき」を増やしてみました。

カボチャの種を店で購入してきましたが、自分でも種を採ってみようと思います。今回は固定種の「中山カボチャ」から、種採りに挑戦してみたいと思います。

2017年12月 3日 (日)

平成29年12月1日の野菜セット(日本カボチャについて)

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、人参、大根、カブ、サツマイモ、カボチャ、長ネギ、白菜、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、シュンギク

Img_0472Img_0468
左の写真は、今年初めて栽培してみた「白皮砂糖カボチャ」という品種のカボチャです。右の写真はその断面。

貯蔵性が良い品種と聞き、試しに栽培してみました。

表面がゴツゴツとしていて、「菊座型」と呼ばれる形をしています。食感は水分が多くてホクホクとはせず、しっとりとした感じです。

菊座型の形や果柄の形の特徴やその食感から考えて、おそらく、「日本カボチャ」の系統の品種ではないかと思います。

現在、日本でよく売られているカボチャのほとんどが、表面がなめらかで食感がホクホクとする「西洋カボチャ」ですが、昔は「日本カボチャ」がよく作られていました。

日本人の味覚が変わり、「ホクホクとした食感の食材」が好まれるようになり、今では日本カボチャはあまり作られなくなったようです。

味見をしてみると、私にとっても、日本カボチャよりも西洋カボチャのほうがおいしく食べられ、新たに栽培してみた「白皮砂糖カボチャ」のおいしい食べ方をもっと勉強したいと思っています。
野菜セットには西洋カボチャの系統のカボチャを入れていますが、地元の直売所には試しに「白皮砂糖カボチャ」を販売してみて、お客さんの反応をうかがいたいと思います。

日本カボチャ系のカボチャは甘味が薄い場合が多いようですが、この「白皮砂糖カボチャ」は名前のとおり、白くて甘いです。貯蔵性が優れて、収穫できる野菜が少なくなる冬にも食べられるという特長は魅力的です。

今年は西洋カボチャ系で貯蔵性の良いカボチャもたくさん収穫できましたので、この冬はカボチャを楽しめそうです。

平成29年12月3日 日本カボチャについて

Img_0472Img_0468
左の写真は、今年初めて栽培してみた「白皮砂糖カボチャ」という品種のカボチャです。右の写真はその断面。

貯蔵性が良い品種と聞き、試しに栽培してみました。

表面がゴツゴツとしていて、「菊座型」と呼ばれる形をしています。食感は水分が多くてホクホクとはせず、しっとりとした感じです。

菊座型の形や果柄の形の特徴やその食感から考えて、おそらく、「日本カボチャ」の系統の品種ではないかと思います。

現在、日本でよく売られているカボチャのほとんどが、表面がなめらかで食感がホクホクとする「西洋カボチャ」ですが、昔は「日本カボチャ」がよく作られていました。

日本人の味覚が変わり、「ホクホクとした食感の食材」が好まれるようになり、今では日本カボチャはあまり作られなくなったようです。

味見をしてみると、私にとっても、日本カボチャよりも西洋カボチャのほうがおいしく食べられ、新たに栽培してみた「白皮砂糖カボチャ」のおいしい食べ方をもっと勉強したいと思っています。
野菜セットには西洋カボチャの系統のカボチャを入れていますが、地元の直売所には試しに「白皮砂糖カボチャ」を販売してみて、お客さんの反応をうかがいたいと思います。

日本カボチャ系のカボチャは甘味が薄い場合が多いようですが、この「白皮砂糖カボチャ」は名前のとおり、白くて甘いです。貯蔵性が優れて、収穫できる野菜が少なくなる冬にも食べられるという特長は魅力的です。

今年は西洋カボチャ系で貯蔵性の良いカボチャもたくさん収穫できましたので、この冬はカボチャを楽しめそうです。

2017年11月 4日 (土)

平成29年11月4日  カボチャの甘味について

カボチャにもいろいろな品種があります。

昔は、甘味が少なくて粘り気がある「日本カボチャ」がよく食べられていましたが、今は甘味が強くてホクホクとした食感の「西洋カボチャ」の仲間が人気があって、西洋カボチャがたくさん栽培されるようになりました。

小林農場でも、西洋カボチャ系の品種を栽培しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カボチャは、サツマイモと同じように、収穫された後にしばらく時間が経てばさらに熟して、さらに甘味を増します。

小林農場でカボチャを収穫したのは9月中旬。

すでに1か月以上が経過しているので、十分にカボチャが熟していると考えられます。

もっと時間が経てば、もっと味が濃くなってゆくのではないかと、期待しています。

-------------------------------------------------------------------

いっぽう、収穫された頃はカボチャの体内はデンプンがたくさん貯えているので、食感が栗のようにホクホクとしています。

時間が経過するとデンプンが糖分に変わって甘くなりますが、デンプンが減少することによりホクホクとした食感がしっとりとした食感へと変質してゆくようです。

甘味の増加だけでなく、食感の変化にも注目です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

緑色のカボチャが無事に貯蔵できるのは、12月下旬の冬至の頃までとされています。

その後は、さらに長期間貯蔵できる、白色のカボチャにバトンが渡されます。

収穫されてから3か月以上が経ち、期が熟した白カボチャを楽しめるでしょう。

白カボチャは甘味が上品で力強く、食感がしっとりとしているのが特長です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

収穫時に注意していることは、あまりに未熟すぎるカボチャを畑から収穫しないことです。

未熟すぎるカボチャはまだ体内にデンプンを蓄えておらず、収穫後、いくら時間が経過しても甘くなりはしません。

そのようなカボチャを間違って出荷したりしないよう、最初から未熟すぎるカボチャを収穫しないようにしています。

また、小林農場のカボチャ畑はいつも雑草だらけにしてしまう傾向がありますが

しっかり草を抑えて日当たりをよくして畑を乾燥させれば、もっと甘味の濃いカボチャが作れるのではないかと考えています。

Img_0388

2017年10月 9日 (月)

平成29年10月9日

9月に収穫して出荷し始めているカボチャ。

今年はまずまずの収量でした。

Img_0386Img_0388


カボチャには「当たり」と「はずれ」があり

収穫されているカボチャのほとんどは「当たり」なのですが

ときどき「はずれ」も混ざっていることもあります。

「はずれ」のカボチャは本当にまずくて

間違って野菜セットの中にはずれのカボチャを入れてしまうと

野菜セットの印象を悪くしてしまうでしょう。

「当たり」か「はずれ」か見極めるために

私は以下を注意して見ています。

・カボチャの皮の様子を見る

ーー光沢があれば中身はおいしい。

ーー爪でひっかいてみても削れないほど固ければ中身はおいしい。

・カボチャの果肉の色を見る

ーー果肉の橙色が濃ければおいしい。

Img_0381


今年の多くのカボチャの果肉の橙色は力強く

おいしそうな色をしています。

ご家庭で食べきりやすい大きさに切り分けて出荷することが多いので

果肉の色を確認しながら出荷できます。

他にもおいしいカボチャの見分け方があるようです。

・実のてっぺんの果軸を見る

ーー果軸の切り口が10円玉くらいの大きさで形がくびれていればおいしいらしい。

・実の形を見る

ーー左右対称に肥大していればおいしいらしい。

・表皮を見る

ーー切ってみて、表皮の緑色が細くてくっきりと見えていればおいしいらしい。

・果肉の厚さを見る

ーー果肉が全体に均一に厚ければおいしいらしい。

・種を見る

ーー種が大きくて厚くて丸みがあればおいしいらしい。

出荷する予定のカボチャをパッと見ただけで

その品質を見極められるようにしておきたいです。

2016年5月23日 (月)

平成28年 カボチャの生育

Dscf20835月18日撮影。畑に植えられたばかりのカボチャの苗。カボチャの根は地下の浅い位置で伸びるので、根を風雨から守るために、苗の株元をもみ殻で覆った。

カボチャは、あまり肥沃すぎる土地で育つと、「ツルぼけ」といって、ツルばかりが元気に伸びて、あまり実がならなくなって収量が落ちる。だから全く肥料を与えずにカボチャを育ててみたことがあったけれど、ツルが伸びなくなってしまい、ほとんど収穫できなかった。

今はカボチャを植える箇所に穴を掘って、そこに堆肥を適量施して埋め戻し、それから苗を植えてゆくようにしている(穴施肥)。植えた後も苗を中心にドーナツ状にボカシ肥(米ぬかなどを発酵させて作った肥料で、早く肥効が表れる)を散布。今までの私のカボチャ栽培の経験では、カボチャは肥料を好む作物で、肥料がないと生育は停滞し、よっぽど大量に肥料を与えないかぎりツルぼけの心配はしなくてよいと思う。

よく畑に捨てられたカボチャからこぼれた種が発芽して旺盛に生育している、自然生えした野生のカボチャを目にすることがある。そのようなカボチャは、その場で腐った果肉を肥料として生育するらしい。

フォト
無料ブログはココログ