カテゴリー「ジャガイモ」の記事

2022年8月21日 (日)

令和4年8月19日の野菜セット・「アンデス赤」について

8月19日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

赤じゃがいも、玉ねぎ、細ねぎ、キュウリ、ナス、ピーマン、オクラ、ミニトマト、モロヘイヤ、青じそ、ニンニク

今後の野菜セットの内容・・・モロヘイヤをたくさん出荷中。ナス、キュウリ、ピーマン、オクラは秋まで出荷。ジャガイモ、玉ねぎはさらに長く出荷。トマトは不作で出荷が困難。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーー

Cimg1853

今回の2000円セットに、表皮がサツマイモのように赤い「赤じゃがいも」を入れてみました。品種名は「アンデス赤」

中身もサツマイモに似て黄色っぽく、火に通すとホクホクとした食感になり、うっすらと甘味も感じられます。ポテトサラダなどの料理に向いていると思います。

アンデス赤は8月になると芽が出始めるようです。今の時期は料理する時は外皮を切り除くことによっていっしょに芽を取り除いたほうよさそうです。温度が低ければ芽が伸びないと思いますので、今の時期は冷蔵庫に入れて冷蔵保存をすることをお薦めします。本当は、まだ芽が出てこない7月中に出荷すればよかったです。

今回、アンデス赤を栽培してみた理由は

1.まず、味が良い。

2.収量も良い。

3.収穫された芋は種芋としても利用しやすく、自分の畑で種芋を生産しやすい。よって、ジャガイモ栽培を始める時に、種屋さんから種芋を購入しなくてもよい。

収穫された芋を種芋にして再び畑に植えれば芽が出てきて新たにジャガイモを増殖できます。しかし、どんな品種のジャガイモも種芋として利用しやすいわけではなく、「ダンシャク」や「メークイン」などは種芋としては利用しづらいと言われています(ダンシャクやメークインから採った種芋で新たにジャガイモを育てると、次の代には病気が発生したりしやすくなると言われています)。

アンデス赤は種芋としても利用しやすい品種だと聞いていますので、収穫したアンデス赤を再び畑に植えて、自分の畑でこの品種の種芋を生産してみたいと思います。

アンデス赤の他にも「デジマ」などが種芋としても利用されやすいみたいです。

2022年5月20日 (金)

作物生育追跡撮影・ジャガイモの芽の数

5月19日撮影。

Dscf5170 ジャガイモ畑の様子。品種はダンシャク。

Dscf5171 ジャガイモの株元の様子。

1つの種イモから5つほど、多ければ7つ以上、芽が出てきていた。

芽の数が多すぎると地下の芋が太りにくくなる。時間が作れれば芽かきをして、もっと芽の数を減らしておいたほうがよい。

Dscf5168 芽かきして取り除かれた芽。品種はアンデスより。

アンデスは特にたくさんの芽が出てきていて、一つの種イモから10本以上の芽が出てきている。

今回は種イモを植え付ける時に、種イモを切って分割しないで、丸ごと植え付けた。丸ごと植えると、地上に出てくる芽の数が多くなる傾向がある。

2022年3月30日 (水)

作物生育追跡撮影・ジャガイモ(メークイン)の種イモの様子 3月下旬撮影

3月下旬に撮影。畑に植える直前のジャガイモ(メークイン)の種イモの様子。

P1050647 芽がはっきりと伸びているのが確認できた。

P1050671 種イモを包丁で切って分割して、2日間ほど乾かした後の様子。

2022年3月12日 (土)

作物生育追跡撮影・ジャガイモの種イモ 3月9日に撮影

P1050490 P1050493

ジャガイモの種イモ。畑に植えられる直前の様子。

左上の写真の種イモの品種は「アンデス赤」。右上の写真の種イモの品種は「ダンシャク」。

すでに芽が出始めている。一つの種イモの重さは、50g前後。

2021年8月 2日 (月)

令和3年7月30日の野菜セット・ジャガイモについて

P1040442 P1040444 ヤマユリ

7月30日の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、玉ねぎ、キュウリ、ナス、ピーマン、オクラ、ミニトマト、サヤインゲン、トウモロコシ、モロヘイヤ、青シソ、ニンニク

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーー

「野菜セットに入っているジャガイモを切ってみると、中身に空洞があった」というご指摘をいただきました。

ジャガイモの生育の途中で急に芋が肥大する時があると、中身がその急な肥大に追いつかずに空洞ができる場合があるようです。傷んでいるわけではないので、空洞のある芋もおいしく食べられます。

現在、お届けしているジャガイモの品種はダンシャクです。小林農場ではずいぶん久しぶりにダンシャクを栽培してみました。

ダンシャクは中身に空洞ができやすい傾向があるように感じます。小林農場の畑にはあまり向かない品種のようで、収穫された芋はみんな小さくて、収量が少なかったです。来年はダンシャクを栽培しないと思います。

小林農場が得意としている品種・メークインは、9月以降に出荷されてゆく予定です。品種ごとに食感が違いますので、その違いを楽しんでいただきたいと思います(一般的にはダンシャクはホクホクとした食感になり、メークインはしっとりとした食感になると言われています)。

また、8月にも秋ジャガイモの種イモを植えて、秋に新たにジャガイモを収穫する予定です。メークインは来年の3月まで良い状態で貯蔵されながら出荷できると思いますが、秋ジャガイモはさらに4月以降も良い状態で貯蔵されて出荷できて、ジャガイモを出荷できる期間を長くできるのではないかと考えています。

P1040456 左の写真はダンシャク。

品種によって芋の形が少し違います。

ダンシャクは少し形がゴツゴツとしていて、芽が少し深いです。

メークインは形がゴツゴツとしていなくて、芽は浅くて、料理する時に皮をむきやすいです。

2020年7月28日 (火)

7月27日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・梅雨の中のジャガイモ収穫

今回の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)の内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、キュウリ、ナス、青ナス、ピーマン、トマト、ミニトマト、サヤインゲン、モロヘイヤ、青シソ、ニンニク、ミョウガ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すでにジャガイモが土中で肥大して収穫時期を迎えていますが、小林農場では梅雨が明けて晴れる日が続いて畑が乾きやすくなってから、本格的にジャガイモを収穫します。

収穫したジャガイモを2,3日間、日に当ててよく乾かしてから、長期間、暗室に入れて貯蔵しています。そうすると、貯蔵中に傷んでしまうようなイモはほとんどありません。

今年は学校給食用のジャガイモとして7月中に地元の学校にたくさん出荷させていただくことになり、まだ梅雨が明けていなくて畑がビシャビシャに濡れたままの状態で、イモを収穫してゆくことになりました。

Dscn3263 収穫直後のジャガイモ。まるで、泥団子。

Dscn3266 学校給食に出荷されるジャガイモ。

学校給食では、限られた時間内にたくさんの子供達が食べる分を料理しなくてはいけないので、大きくて料理しやすいジャガイモが求められます。「出荷されるイモの大きさは130g以上」という要望を学校側からいただきながらジャガイモを出荷しています。だいたいソフトボールよりも大きいくらいのイモを選別して出荷しています。

一般家庭では一度に大量のジャガイモを使う機会はあまりないので、ソフトボールくらいの大きさだと大きすぎて扱いにくいかもしれません。野菜セットには、野球ボールよりも小さいくらいのジャガイモが皆さんに扱いやすいのではないかと思いながら、ジャガイモを詰めています。

小さすぎるジャガイモは直売所に出荷しています。小さくても使いみちはありますので、小さいジャガイモをお求めのお客さんに買っていただいております。

今回は梅雨の時期の収穫となり、お日様が全く顔を見せず、収穫されたジャガイモをしっかりと乾かすことができませんでした。貯蔵中に傷んでしまっているイモはないか、定期的に確認してゆきたいと思います。

 

2020年6月20日 (土)

令和2年6月19日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・新ジャガについて

今回の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)の内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、ミニ大根、キャベツ、白菜、サンチュ、ブロッコリー、ナス、ズッキーニ、シュンギク、ケール、ニラ、ニンニク

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dscn3144

「新ジャガ」を野菜セットに入れてみました。

夏野菜の収穫開始が遅れていて、出荷できる野菜の種類がまだ少ない状況なので、代わりにジャガイモを畑より試しに掘り出してみました。

出荷できるくらいにイモが大きく育っていましたが、ジャガイモの葉がまだ青々としているので、収穫しないで畑に残しておけば、もっとイモは大きくなると思います。

葉が青々としている頃は地下のイモも若くて、それで「新ジャガ」と呼ばれます。

「新ジャガ」は水分を含んでみずみずしく、火を通すとホクホクとしやすいです。蒸したり煮たりして塩やバターをつけるだけ、という簡単な食べ方で楽しむことが多いです。

「新ジャガ」という言葉の響きも、心をウキウキさせてくれたりします。

若いイモなので、肌が柔らかく、皮も薄いので、皮ごとおいしく食べられます。

しかし、肌が柔らかいので、収穫中に肌を傷つけてしまいやすく、収穫後に傷んでしまうこともあります。本当は、イモが若いうちに収穫するのは控えたいです。

梅雨が明けてジャガイモの葉が枯れた頃、イモも熟して皮が厚くなり、肌が傷つきにくくなります。その頃に本格的にジャガイモを収穫してゆきます。

収穫されたイモを真夏の直射日光に当てながら十分に乾かせば、長期間、無事に貯蔵できます。

Dscn3145 Dscn3148

現在のジャガイモ畑。まだ、葉が青々としています。

2020年2月 5日 (水)

令和2年2月3日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ジャガイモについての注意点

今回の野菜セットの内容です。




じゃがいも、人参、大根、カブ、里芋、カボチャ、長ネギ、白菜、ほうれん草、ターサイ、水菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在、出荷しているジャガイモは、去年の夏に種イモを植えて冬に収穫した秋ジャガイモです。

収穫されたジャガイモは、長い時間、光に当たると、緑色に変色してゆきます。この緑色には毒素が含まれているので、緑化しているジャガイモをそのまま料理して食べると、食中毒になってしまう場合があります。

実際に多くの人が緑色のジャガイモを食べて食中毒になってしまったというニュースをときどき耳にします。「緑色になったジャガイモは食べないほうがよい」というのは農家の間では常識なのですが、この知識を知らない人も多いのかもしれません。

現在、私が出荷しているジャガイモですが、直売所の棚に1週間ほど置かせてもらって販売させてもらっていたら、店内の光によって緑色になりかけていました。今回のジャガイモは今までのと比べると緑色に変色するのが早いような気がします。直売所に販売する時は、あまり長い間そのまま棚に置きっ放しにしておかないほうがよいと思い、長い間売れ残っているジャガイモは回収するようにしています。

小林農場の倉庫では、光が入らない暗い部屋でジャガイモを長期保存しています。

光が当たらない場所で保存するのがジャガイモの保存方法の基本で、光に当てなければ問題なく料理できます。もしもうっかりとジャガイモを日に当たる場所に1週間ほど置きっ放しにして緑色に変色させてしまった場合は、食べるのをやめるか、緑色に変色した部分を分厚く切り除いてから料理するとよいです。

ジャガイモの栽培期間中は、ジャガイモの株元にたっぷりと土をかぶせて、土の中で生育しているイモが日に当たらないようにしています。

2020年1月16日 (木)

令和2年1月13日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・秋ジャガイモについて

今回の野菜セットの内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、長ネギ、白菜、キャベツ、ほうれん草、ターサイ、水菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05751 畑より収穫された秋ジャガイモ。

「秋ジャガイモ」は、8月に畑に種イモを植えて、11月頃に収穫するジャガイモです。

今回のジャガイモの品種は「デジマ」。現在の野菜セットには、この品種を入れています。

デジマの特徴は、「やや粉質で、程よく煮崩れする」といわれているようです。カレーにも肉じゃがにも、いろんな料理に使える万能な品種だと、私は思います。

思っていたよりもデジマの収量が良く、現在、小林農場のジャガイモの在庫に余裕があります。デジマをたくさん出荷した後には、メークインが控えています。5月の上旬頃まで、ジャガイモを出荷してゆきたいと思います。

 

2019年12月29日 (日)

12月下旬撮影  秋ジャガイモ、ほうれん草の様子

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります)

Dsc05751 秋ジャガイモを収穫。品種は「デジマ」。

Dsc057511

思っていたよりもイモが肥大してくれた。

デジマは表面の芽が浅くなる品種らしいが、小林農場ではダンシャクのように芽が深いイモもたくさん収穫された。

Dsc05756

表面が割れてしまっているイモも少なくなかった。小林農場の畑は粘土質で固いのが原因だと思う。できるだけ柔らかい土で栽培できればよい。

表面が黒ずんで傷んでいるイモも少なくなかった。収穫が遅れたのが原因だと思う。11月の上旬には収穫時期を迎えていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05736 生育の悪いほうれん草に肥料を与える。

上の写真は肥料を与えた直後の様子。肥料が効果を発揮して生育が回復するのか、観察したい。

フォト
無料ブログはココログ