カテゴリー「ネギ」の記事

2019年10月15日 (火)

追跡撮影・現在の作物の生育の様子~10月13日撮影~ (ほうれん草、ネギ、里芋)

(画面をクリックすると、画面が拡大されて見やすくなります)

Imgp0762 台風19号が過ぎ去った後のネギ畑。

ずいぶんとたくさん長ネギが強風によって地べたに倒されている。株元からポキリと折れ曲がってしまっているものも多い。

ネギのように背が高く伸びる作物は、強風による影響を受けやすい。

倒されてしまった長ネギがどこまで回復してくれるのか、今後、見守りたい。

Imgp0764 左の写真は下仁田ネギと株ネギ。

下仁田ネギは一般的な長ネギと比べて背が低くて太く、ずんぐりとした形に育つ。

今回の台風では、ほとんどの下仁田ネギは倒されずに無事だった。

株ネギは生育が遅く、まだそれほど背が伸びていなかったので、ほとんど倒されなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0766 台風後のサトイモ畑の様子。

サトイモも人の背丈くらいに高く伸びる作物だが、けっこう強風に耐えることができて、ほとんど倒されずにすんだ。

サトイモの周りに生えていた雑草は強風で倒れるので、台風後はサトイモの周りの日当たり、風通しが良くなる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0770 台風19号が過ぎ去った後のほうれん草畑の様子。

あちらこちらの土が大雨にによって流失して削られている。

まだ土を耕してから間もないので、柔らかな土が流された。ほうれん草の種が発芽したばかりの状態で、畑の表面はほとんど裸の状態だった。

Imgp0760 台風がやって来る直前にほうれん草の種を播いた畝。

雨が多すぎて、畝の表面がツルツル、テカテカとした感じになっている。おそらく、表面の土が大雨で流失したのかもしれない。または、大量の雨に叩かれて表面が固められてしまっているのかもしれない。

種を播いた後、その上にモミガラを散布して大雨による悪影響を和らげようとしてみたが、強風によってモミガラはどこかに飛ばされてしまったようだ。

種が発芽するのにはあまり良い状態ではない。種が無事に発芽してくれるのかどうか、見守りたい。

 

 

2019年7月18日 (木)

令和1年7月15日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・夏に出荷しているネギについて

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、玉ねぎ、人参、大根、ネギ、ズッキーニ、キュウリ、ナス、ピーマン、サヤインゲン、モロヘイヤ、青シソ、ニラ、ニンニク

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年の関東地方の梅雨は本当に日照不足で、ナス、ピーマン、トマトなどの夏野菜がわずかにしか収穫できません。

それでこの7月は、いつもは6月までに出荷を終了している大根、ニラ、春ネギなども代わりに出荷してみました。これらの春野菜が7月になってもおいしく食べられるということを知り、新鮮な発見でした。

来週には関東地方も梅雨が明ける予報です。お日様が顔を出して夏野菜の様子が回復してゆく姿を見るのが楽しみです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0359 現在、収穫しているネギの様子。

去年の3月にネギの種を播き、9月から今年の5月まで収穫し続けて、出荷しきれなかったネギはそのまま畑に放置していました。

やがてネギは花を咲かせて種を実らせましたが、それでもネギは枯れて消えたりせず、ちゃんと若い新芽を生やして生き続けました。ネギは一年草ではなく、多年草の植物です。

上の写真に写っているとおり、すでに花を咲かせた古い株から青々として柔らかそうな新芽がたくさん生えてきています。7月頃になるとその新芽もずいぶん伸びているので、これを出荷しています。

今年の3月に新たに種まきして育てているネギは、この秋に収穫時期を迎えるでしょう。それまでは、去年から畑で生育している2年目のネギに活躍してもらおうと思います。

2019年4月22日 (月)

4月16日 ネギの実験的な移植

Img_0243 去年の春に種を播いて育てて、去年の秋から今年の春にかけて収穫してきたネギの現在の様子。

葉(茎)のてっぺんに、丸い形をしたつぼみ(通称「ネギ坊主」)を咲かせています。つぼみを咲かせ始めると葉は固くなり、食用には向きません。

Imgp0005 つぼみが咲いて出荷できなくなったネギを全部、畑から抜き取って、違う畑に植えなおしてみました。

ネギは多年草の植物で、数年間、生き続けることができます。つぼみを切り除いておくと、しばらくしたらまた、柔らかな新芽を伸ばし始めて生育します。

今回は実験的に、この春までに出荷しきれなかったネギを植えなおしてみました。もしかしたら6月くらいから新たに派生した新芽を収穫できるかもしれません。

ちなみに、現在皆さんに出荷しているネギは、5月頃までつぼみが咲かない「株ネギ」という種類のネギです。

2016年6月23日 (木)

平成27年播種の長ネギの生育

初めてネギの種を自分で採ってみた様子。

Dscf0428採種用に畑の隅にに植え替えた長ネギが

Dscf0605


Dscf0606


とうが立ち、

ネギ坊主ができて、

皮が破れて、

開花して、

Dscf2259


花球が伸びて、

結実する。左の写真の状態でネギ坊主ごと収穫して、

Dscf2407ネギ坊主を干して乾燥させて、

Dscf2413もんで、ゴミを取り除いてネギの黒い種を採り出し、

紙袋に入れて冷蔵庫で冷蔵保存した。

_____________________________________

3月中旬撮影

P4230296ネギ。冬を越してきたネギは、春になると茎を伸ばしてそのてっぺんにつぼみをつける(つぼみの通称は「ネギ坊主」)。ネギ中身は固くなり、食用にむかなくなる。(左の写真は数年前の4月に撮影)。


今年度の長ネギは過去最高の出来。立派に太った長ネギをたくさん収穫できた。冬の寒い時期になると葉が霜枯れしてみすぼらしい姿になるものだが、今年度のネギは冬になってもその立派な姿を保っていた。3月が終わる今の時期まで、良い状態で出荷し続けることができた。今回使用した長ネギの品種は「石倉葱エース(カネコ育成)」と「十国(トキタ育成)」。

Dscf0426_2今年度の長ネギから種を自家採種してみることにした。3月中旬になってもつぼみがつかずに良い状態で出荷できる立派な姿の長ネギを10本くらい選んで収穫(左の写真)。

Dscf0428その選抜されたネギを畑の片隅に移動して埋め戻す。やがてこれらのネギもつぼみをつけ、数か月後には花を咲かせて種が実り、それらを採種してゆこうと思う。来年、その種子を播いて育てようと思う。

今回、選抜されたネギは複数の品種が混在しているが、違う品種同士で交雑すると次世代の作物の品質が落ちることもある。本当は同じ品種から選抜したほうがよかった。

フォト
無料ブログはココログ