カテゴリー「キャベツ」の記事

2019年10月13日 (日)

追跡撮影・現在の作物の生育の様子~10月10日撮影~(大玉トマト、春キャベツ、ほうれん草)

(画面をクリックすると、画面が拡大されて見やすくなります)

Imgp0734 Imgp0711

左の写真は9月28日に種まきして発芽したばかりのほうれん草。右の写真は10月3日に種まきして発芽したばかりのほうれん草。

1週間ほど種を播く時期をずらしたが、ほとんど同時期に発芽した。10月3日のほうれん草は種まきしてから1週間で発芽が揃い、9月28日に種まきしたほうれん草は1週間以上かかって発芽が揃った。

9月28日以降は1週間ほどまとまった雨が降らず、10月3日以降になってまとまった雨が降った。雨の有無によって発芽の速度に差が生じたと思われる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0750 来年の5月上旬に収穫される予定の春キャベツの苗。

苗の本葉3枚目がはっきりと現れて、4枚目が姿を現し始めている状態。この頃にはポット(6×6ポット)は苗の葉で覆われて、過密状態に。できるだけ早く、広い畑に植えてやりたい。

Imgp0754 現在の苗の根の状態。

根はあっさりと伸びていて、それほど根鉢に巻きついていない。根の色も白く、茶色に変色していない。

よって、まだ根は若い状態で、老化していないように思う。畑に植えるのに良い時期だと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0742 収穫時期を終えた大玉トマト。引っこ抜いて片づける。

Imgp0749 引っこ抜いたトマトの根を観察。

トマトの根は、主根が一本、土中の深くまで伸びてゆき、主根から側根が何本も伸びる(主根深根型)。

Imgp0756 トマトの茎の部分からも新たに根が出ている。

トマトの茎を土の中に埋めると、茎から新たにたくさんの根(不定根)が生えて、トマトの活力を長く維持できるようになる。

2019年10月 8日 (火)

追跡撮影記録・現在の作物の様子~10月6日撮影~(白菜、カブ、春キャベツ)

(画面をクリックすると、画面が拡大されて、もっと見やすくなります)

この秋、白菜を8月中に4回に分けて播種する。

Imgp0665 Imgp0669

上の写真は1番最初に播種した白菜。結球をして白菜の形になりつつあるが、ずいぶんとダイコンサルハムシによって葉が穴だらけにされた。

防虫ネットをかぶせていたが、かぶせていても意味がなさそうなので、外した。

Imgp0655_20191008044001 Imgp0667

上の写真は2回目の白菜。外葉が大きく広がって、順調に生育している。結球始まろうとしている。

Imgp0673 Imgp0670

上の写真は3回目の白菜。手前と奥で土の状態が違うが、土の状態に合わせて生育差が生じた。手前の苗は枯れて消えたり、シンクイムシの被害に遭った。奥は比較的に無事に生育している。

苗が植えられて次の日に、真夏が戻ってきたように暑くなり、苗がしおれてしまいそうになった。全体的に外葉の生育が遅くて縮こまっているのは、その時の影響をひきずっているからではないかと思う。

Imgp0675 Imgp0676

上の写真は最後に播種した極早生品種の白菜。虫害をほとんど受けることなく、葉がきれい。順調に育って、3回目の白菜の大きさに追いつきそうな勢い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0690 カブの畑。

この秋に種まきしたカブは、雨も適度に降って畑が湿ったので、よく発芽が揃った。

ただ最後の9月末に播種したカブの発芽率は悪く、欠株が目立った。種まきしてから1週間ほど雨が降らなかったのが原因だったかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0681 Imgp0682

来年の4月下旬から収穫される予定の春キャベツの苗を畑に植える。

苗は順調に生育。本葉が3~4枚の頃に定植。

 

 

2019年9月19日 (木)

追跡・写真で見る現在の作物の生育状況(9月19日撮影) 大根、冬キャベツ、白菜、遅蒔きカボチャ

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります。)

9月8日に播種した大根の様子。

Imgp0575 Imgp0577

だいたい欠株ななく、発芽が揃う。発芽した双葉は厚みがあり、大きなハート型をしていて、良い状態で発芽したと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月下旬から8月下旬頃にかけて播種したキャベツや白菜などの畑の様子。

Imgp0552 苗を定植した後、防虫ネットをかぶせて防虫。

Imgp0553 防虫ネットの中の白菜の様子。

キスジノミハムシやダイコンサルハムシなどの小さな害虫によって食害されて葉に虫食い穴が目立つが、外葉の枚数を増やし続けて生育している。アオムシやシンクイムシなどの害虫の姿は見当たらない。

Imgp0556 防虫ネットの中の冬キャベツの様子。

ほとんど葉に虫食われ穴が見られず、きれいな状態で生育している。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

7月の遅い時期に播種したカボチャの畑の様子。

Imgp0566

Imgp0570 カボチャのツル先の様子。

葉色は若草色で、ツル先は少し上向きに伸びている。順調に生育しているみたいだけれども、果たして冬が来る前に実を実らせことができるのかどうか注目。

 

2019年6月 4日 (火)

令和1年6月3日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・春作のキャベツ、ブロッコリー、白菜が登場

今回の野菜セットの内容です。

玉ねぎ、カブ、大根、玉レタス、サニーレタス、キャベツ、白菜、ブロッコリー、ソラマメ、ホウレン草、シュンギク、チンゲンサイ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月に種を播いて育てた春作のキャベツとブロッコリーが、ようやく収穫できるようになりました。

本当は5月からたくさん収穫して出荷する予定でしたが、この春はこれらの作物の生育が停滞して、なかなか収穫時期を迎えてくれませんでした。

ひょっとしてこのまま全く収穫できぬまま終わってしまうかもしれないとヒヤヒヤしましたが、この月曜日の朝、目覚めたようにこれらが次々に収穫時期を迎えてくれました。しばらくの間、これらを野菜セットの中に出荷してゆけそうです。

白菜も予定通りに収穫時期を迎え、今まで収穫してきた玉レタスも加えて、今回の2000円セットはキャベツ、玉レタス、白菜の「3大結球野菜」が揃い、少し体積のあるセット内容となりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回、キャベツやブロッコリーなどの生育が停滞した理由は、主に苗作りが上手にできなかったからだと思います。今回は特に悪かったですが、いつもキャベツなどのアブラナ科作物の苗作りは上手にできません。

今回の停滞をきっかけにして、今後のアブラナ科作物の苗作りは、他の作物の苗作りとは分けて管理して、今までとは違う育て方を試してみたいと思います。

Imgp0302 Imgp0305

(左の写真)ようやく目覚め始めたキャベツ、ブロッコリーの畑。(右)白菜は予定通りに収穫時期を迎える。モンシロチョウも乱舞している。

2019年5月 5日 (日)

5月4日 キャベツなどの上にかけていた防寒布を取り去る

Imgp0122 3月から畑に植えていったキャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、白菜の苗の上には防寒布をかぶせて防寒。

すっかり気温も上がりましたので、防寒布を片づけました。

Imgp0134 畑に植えたときは小さくて頼りなっかった苗も、防寒布を外してみると、しっかりと根を張って大きくなっていました。その株元には雑草も元気に生えているので、早く除草をしなくてはいけません。

Imgp0128 Imgp0130

左の写真はキャベツ。右の写真はブロッコリー。

害虫による虫食い穴が少なくて、葉がとてもきれいでした。防寒布をかぶせていると害虫も作物に接触しにくくなるようで、防寒布は「防寒」だけでなく「防虫」の効果もあるのかもしれません。

 

2019年4月15日 (月)

4月に収穫しているキャベツ

Img_0240現在、出荷しているキャベツの大きさ 。小さいです。食べきりやすい大きさではありますが。

本当は、真冬の頃に出荷するはずのキャベツでしたが、うまく育たず、多くのキャベツは小さなままで、出荷できませんでした。冬にキャベツを収穫することにまだ成功したことがありませんので、勉強したいと思います。

数は少ないですが、3月の中旬頃より、いくつかのキャベツが遅れて収穫時期を迎えています。この季節外れのキャベツの葉は少し固いですが、味はおいしいです。

ちょうど今の出荷できる野菜が少ない時期にキャベツを野菜セットに加えられて、少し得した気分にもなります。

通常はキャベツの旬は5月下旬からですが、種まきの時期や品種の選択や保温方法などを工夫すれば、3月、4月にもキャベツを収穫できるようになるのかもしれません。

2019年4月10日 (水)

4月9日 キャベツ、ブロッコリー、レタスなどの定植

3月中旬より何回かに分けてキャベツ、ブロッコリー、レタスの苗を畑に定植してきましたが、今回が最後の定植となりました。

Img_0194

Img_0195 Img_0160

左の写真は定植されてから1週間後の苗。ずいぶんと白く枯れてしまった葉が目立ちます。

さらに時間が経つと、右の写真のように、苗全体が白く枯れてしまう場合も少なくありませんでした。こうなってしまうと、回復する見込みはないでしょう。

畑に植えた苗が全体的に不調です。まだ早朝は冷え込んで霜が降りる日もあり、苗も凍えてしまっているようです。

また、まとまった雨が降らず、畑は乾燥してしまっています。今日(水曜日)、久しぶりにまとまった雨が降る予報なので、降雨後に苗の状態が回復することを期待したいと思います。

これらの春野菜は、通常はこれほど寒さや乾燥に弱い作物ではありません。今年の私の苗の育て方が下手だったのだと思います。苗作りは小林農場の課題です。

Img_0168_1 こちらは無事に生育しているように見えるカリフラワーの苗。

2019年3月28日 (木)

キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの苗の定植

3月28日(木)

Img_0060 カリフラワーの苗。畑に植える直前の様子。

私が苗を育てると、これ以上には大きくなりません。だいたい本葉が3枚か4枚か出てくる頃までは順調に育ちますが、5枚目はなかなか現れず、そのまま畑に植えずにポットの中で育てていると生育が停滞して、葉色が悪くなって老化します。

Img_0062 苗を畑に植えた後、防寒布をかぶせて防寒。暖かくなってきているとはいえ、まだ早朝に霜が降りるほど冷え込む日も少なくなく、苗には厳しい環境です。

 

2016年8月18日 (木)

平成28年 秋作キャベツ

キャベツやレタスなどの秋野菜の種まきを行っています。ポットに種を播き、苗を育ててから畑に植えます。

秋野菜は暑さに弱く、気温が高いと種は発芽しません。でも、秋に収穫するには、7月、8月の盛暑の頃に種を播かなくてはいけません。

レタスの種は、一晩、水の中に浸して、高温を防ぐために冷蔵庫の中に入れて、あらかじめ少しだけ発芽させてから種まきしました。このように「芽だし」をしてから種まきすると、夏でもレタスを発芽させることができます。

今回、水に浸した種の量が足りなかったので、足りない分は芽だししないまま種をまいてみましたが、やはり発芽しませんでした。あらためて、芽だしの必要性を感じることとなりました。

キャベツの種なども、種まきしてから発芽するまでは日なたに置かず、日陰に置いて高温にさらさないように気をつかっています。今年はうっかり、種まきした後、そのままポットを直射日光にさらしてしまったので、キャベツの発芽が疎らになってしまいました。

けっこう栽培の基本は、忘れてしまうもの。失敗する度に、基本を思い出します。

Dscf2718発芽したキャベツの苗。

Dscf2772今の時期は害虫が活発に活動しているので、苗の上には防虫ネットを張っています。

毎日、強烈な直射日光が降り注ぎますが、秋野菜の苗は、そんなに何回も水やりをしなくてもあまりしおれることがありません。おそらく、防虫ネットは防虫だけではなく遮光の効果もあり、苗を直射日光から守ってくれているのだと思います。

2016年2月17日 (水)

平成27年9月播種のキャベツ

小カブ、二十日大根、株ネギ、キャベツ、サニーレタス、チマサンチュ、小松菜またはチンゲンサイ、からし菜、菜の花、人参の葉、ニラ、乾麺(うどん)、押し麦

Dscf0759


4月29日撮影。

去年の秋に種まきされたキャベツが今回、初めて収穫されました。

今回の秋まきキャベツは、去年の初冬が暖かかったためか予想以上に生育が早まり、冬のうちに結球してしまい、寒さに当たってほとんどが冷害で傷んでしまいました(キャベツは結球すると寒さに弱くなります)。

生育が遅れて結球せずに冬を乗り越えたキャベツが、なんとか生き残ってくれました。わずかな個数しかありませんが、大事に収穫したいと思います。

Dscf0756冬を乗り越えて生き残ったキャベツが点在するキャベツ畑。

----------------------------------------------------------------------------

3月中旬撮影

Dscf0433_2
去年の9月に種を播き、本当は4月下旬より収穫されるはずだったキャベツ。結球した葉は寒さにも蒸れにも弱くて傷んでしまうので、キャベツは葉が結球したらすぐに収穫しないといけない。キャベツは冬の間は葉を広く広げながら寒さをやりすごし、春になってから結球するのが普通だが、去年の暮れは暖冬で生育が進み、真冬の頃に早々と結球を始め、多くがあっという間に寒さで葉が傷んでしまっていた。回復できそうもなく、4月からまともに出荷できそうなキャベツはほとんどなくなった。

傷んでいなさそうな結球しているキャベツを見つけていくつか収穫してみたが、正常な生育ではないので、みんな小さい。それでも味はおいしいので、野菜セットに加えてみた。

次回は種を播く時期を9月ではなく10月に遅らせて、冬が終わるまで結球させないようにしよう。今年の春は、2月に種まきしたキャベツが5月下旬から収穫できると思う。

======================================

2月中旬撮影

Dscf0333去年の9月17日、9月24日に春に収穫されるキャベツの種を播いた。左の写真は立春をすぎた頃に撮影した春キャベツの生育状況。まだ幼い頃はキャベツの葉は開いた状態なのだが、この冬のキャベツは生育が進み、すでに葉は内側に巻き始め、小さく結球していた。

春になって暖かくなってから結球を始めてくれるのが理想的な生育なので、本当は冬の寒い時期に結球をさせたくなかった。結球して葉と葉の隙間がなくなってくっついてしまうと、暖かな空気の層がなくなって、葉は寒さで傷みやすくなる。実際、この冬に結球したキャベツの多くの葉が霜枯れして黒ずんでしまっている。

キャベツは結球した後に寒さに当たると、春になって暖かくなったとき、収穫時期を迎える前にトウがたってしまう(花を咲かせる準備をしてしまう)性質があり、そうなると良い品質のキャベツが収穫できなくなってしまう。ゆえに、冬の間はキャベツを結球させないことが重要となる。

12月が暖冬だったので予想以上に生育が進んでしまったのかもしれない。種を播く時期も、もっと遅く播いても良かったのかもしれない。

フォト
無料ブログはココログ