カテゴリー「ホウレンソウ」の記事

2020年5月 2日 (土)

令和2年5月1日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ホウレン草の品種について

じゃがいも、ヤマイモ、ゴボウ、分けつネギ、二十日大根、サニーレタス、ほうれん草、小松菜、カブの葉、菜の花、三つ葉、乾麺

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月が終わりました。

多くの方々に人気の高いホウレン草。ホウレン草の食べ頃は冬で、春になって暖かくなると花を咲かせてしまい、おいしく食べられなくなります。

最近は春にも花が咲かない品種が、種苗会社より開発されています。小林農場の畑でも春に出荷できるホウレン草の品種を新たに見つけてゆくことが課題でした。この春は、いろんな品種のホウレン草を試しに栽培してみました。

今までは、2月までならどの品種のホウレン草も花を咲かずにたく出荷できましたが、3月に入るとほとんどの品種が花を咲かせてしまいました。

唯一、3月にも花を咲かさずに出荷できた品種が、ソロモンでした。このソロモンにずいぶん、頼ってきました。

今年はさらに、ステイシーという品種が、ソロモンよりも長く、花を咲かさずに出荷できることが分かりました。また、サプライズ7も、前年の11月に種を播けば、翌年の4月の間ずっと、出荷できることが分かりました。

2月には朝霧、味一番、オーライ、タキシード7などの品種を播いて育ててみましたが、これらの品種も花を咲かさず、4月に出荷できました。

これらの品種のおかげで、4月にも毎回、野菜セットにホウレン草を入れ続けることができました。ソロモンの他にも、春に出荷できそうなホウレン草の品種がたくさんあるということを確認できたのが、この春の大きな収穫でした。

ホウレン草は、葉が込み合っていると花茎が伸びやすくなって、花を咲かせるのが早まります。できるだけ長く花を咲かせないようにするには、葉を間引いて、葉が込み合わないようにするとよいです。

去年の5月には金の夏サンライトなどのホウレン草の品種が出荷できたので、今年もそれらの品種の種を播いて育てています。5月の終わりまで、野菜セットにホウレン草を入れ続けたいと思っています。

Img_0209 左の写真は、ホウレン草の花。

 

 

2020年4月18日 (土)

令和2年4月17日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・葉物野菜の日持ちについて

今回の内容です。

じゃがいも、里芋、ヤマイモ、分けつネギ、ゴボウ、二十日大根、キャベツ、ほうれん草、小松菜、菜の花、三つ葉

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05727 Dsc05798

4月は、ホウレンソウや菜の花などの葉物野菜が多く野菜セットに入る傾向があります。

ホウレンソウは肥料が不足していると健全に生育しないので、ホウレンソウを栽培する畑には肥料を入れます。

肥料が少なすぎると葉が柔らかくなり、葉色が黄色くなりやすくなる傾向があり、日持ちが悪くなるようにも感じます。

肥料が多いと葉が固くなり葉色が青々として、日持ちも良くなるように感じます。

ただ、ホウレンソウなどに肥料を与えすぎると、見た目は立派になるのですが、中身の栄養が少なくなったり、味がおいしくなくなったりする傾向があります。栄養を摂りすぎると成人病になりやすくなる人間の体と同じで、肥料をたくさん与えすぎることによって、作物の中身が不健全になる場合もあります。

栄養があって味のおいしい作物を皆さんにお届けしてゆきたいので、肥料を与える場合は量を控えたほうが無難だと、私は考えています。

よって小林農場のホウレンソウなどの葉物野菜は、肥料の量を控えて育てているので、もしかしたら日持ちは良くないかもしれません。

今回の野菜セットの配送時に、皆さんに最近お届けしている葉物野菜の状態についてたずねてみました。「それほど日持ちが悪いとは感じない」というご意見をいただき、安心いたしました。

そもそも、お届けしたらすぐにホウレンソウなどの葉物野菜を食べきってしまうご家庭が多いようです。ありがたいことです。

「菜の花がけっこう早く、花を咲かせてしまう」というご意見もいただきました。菜の花は特に、肥料の有無に関係なく日持ちが悪いので、できるだけ早く菜の花を先に食べきっていただくように、農場通信などで呼びかけてまいりたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この4月はホウレンソウを大量に出荷させていただく機会に恵まれました。肥料をたくさん与えて育てればホウレンソウの体も大きくなり、葉も黄色くなりにくくなり、大量に出荷しやすくなります。

しかし、肥料を過剰に散布して畑をぷくぷくと肥やしてゆくことには、どうしても躊躇します。肥料を大量に散布してゆくよりも、ホウレンソウ同士の間隔を広く空けて葉が大きく伸びてゆけるように育てることによって収量を増やしてゆくことを考えたいと思います。種を播くときに種の間隔をできるだけ空けられるように工夫したいと思います。

2020年4月14日 (火)

令和2年4月13日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・「間引き作業」について

今回の内容です。

じゃがいも、人参、里芋、ヤマイモ、分けつネギ、ゴボウ、キャベツ、ほうれん草、、小松菜、菜の花、三つ葉、

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05866 Dsc05861

収穫時期を迎える前のホウレンソウの様子。

小林農場の今までのホウレンソウ栽培では、葉物野菜の種を播いたら、収穫時期を迎えさせるまでほとんど何もしませんでした。

本当は少しだけ間引いて、葉と葉の間隔を空けてあげたほうがよいです。そうすると、茎は太くがっしりとして、葉はのびのびと広がり、腰が座った立派な姿のホウレンソウに育ちます。

間引きをしないで葉を密集させたまま育てている小林農場のホウレンソウは、少し茎葉がヒョロヒョロと細長い姿になる傾向があります。

今年は例年よりもたくさんのホウレンソウを出荷させていただく機会に恵まれましたが、姿ががっしりしているホウレンソウは収穫するのも袋に詰めるのも楽で、ヒョロヒョロとしているホウレンソウは収穫にも袋詰めにも手間がかかり、ホウレンソウの姿によって作業効率が2倍ほど違ってくるということを実感いたしました。

おそらく、皆さんにとっても、ヒョロヒョロとしたホウレンソウよりも、がっしりとしたホウレンソウのほうが料理しやすいと思います。

今まで「間引き作業」を重視してきませんでしたが、「収穫・出荷作業の時間を短縮しやすい」「料理しやすい」ホウレンソウをたくさん栽培するには「間引き作業」は重視したほうがよいと思いました。

また、ホウレンソウの葉を密集させたまま生育させると、早い時期からつぼみを咲かせて葉が固くなって食べにくくなる傾向があります。できるだけ長く柔らかくておいしい葉を出荷してゆくためにも、密集させずに間引いたほうがよいです。

良質のホウレンソウをたくさん収穫・出荷するには、「密集」「密接」を避けることがコツです。

2020年2月19日 (水)

令和2年2月17日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ホウレンソウの品種について

今回の内容です。

じゃがいも、人参、大根、カブ、里芋、サツマイモ、長ネギ、白菜、ほうれん草、油菜、水菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回、野菜セットに入れたホウレンソウについて

 ・収穫日に雨が降り、畑が湿っている状態で収穫しました。降雨後はどうしてもほうれん草の葉は濡れてしまい、少し泥もくっついてしまいます。株元は水洗いして泥をできるだけ落としてから出荷しましたが、葉には少し泥が残っていると思います。料理される前によく水洗いをしながらお使いください。

 ・収穫されたほうれん草の芯の部分の葉に、少しだけ傷みが見られました。芯の部分のみ気になりましたが、その他の部分の葉は生き生きとしている状態で、問題はなくおいしく食べられますので、野菜セットに入れて出荷しています。どうぞその味をお楽しみください。

ほうれん草は気温が低い時期に育つ作物です。

春になって気温が暖かくなってゆくと、葉の見た目にも異変が生じてきます。その異変はほうれん草が気温上昇によって傷んでゆく兆候かもしれません。

もう気温が暖かくなってきて、傷んでゆくほうれん草もそろそろ現れ始めてゆくと思います。今後のほうれん草の出荷は今までよりも気をつけてまいりたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よって、3月以降になると、気温上昇のため、ほうれん草の出荷が難しくなります。

近年は気温が上昇する時期でも良い状態で収穫できるほうれん草の品種が開発されてきています。

私もいろいろな品種を試してきました。

3月に収穫するには「ソロモン」、5月に収穫するには「スプリング」「金の夏」「サンライト」「サマースカイ7」などの品種が小林農場の畑では良い成績でした。

4月に安定して収穫できるほうれん草の品種がまだ見つかっていません。この春は、4月に収穫できる品種を探し当てたいと思います。

Dscn2673 地元の種の売り場で、4月に収穫できそうな品種の種を手当たり次第、購入してみました。これらの種を播いてみて、その成績を比較してまいりたいと思います。

Img_0171 まだ寒い時期ですので、2月に種を播いて4月に収穫するには、種を播いたらその畝にビニール資材を張って保温しながら作物を育てます。

2020年1月27日 (月)

令和2年1月27日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・今後のホウレンソウの出荷の見通し

 

今回の野菜セットの内容です。

じゃがいも、人参、大根、カブ、サツマイモ、カボチャ、長ネギ、白菜、ほうれん草、ターサイ、水菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この冬はホウレンソウの出荷が遅れて、去年の12月末からようやく野菜セットに入れ始めました。

その前には、複数のご家庭から「ホウレンソウはまだ野菜セットに入らないのですか?」とたずねられました。

現在はホウレンソウが収穫時期を迎えていて、複数のご家庭より「ホウレンソウをもっと多めに野菜セットに入れてほしい」というご要望をいただいています。

皆さんの声から、ホウレンソウは多くのご家庭に愛用されている野菜なのだと感じました。

今後は5月まで、野菜セットにホウレンソウを入れ続けられるようにしたいと思いっています。

去年の秋に種を播いて育てたホウレンソウは、4月に入ると花を咲かせてしまい食べられなくなります。特に今年は暖冬なので、花が咲く時期は早まるかもしれません。いつも4月にホウレンソウを収穫するのが難しいです。

暖冬ならば、2月にホウレンソウの種を播けば4月にたくさん収穫できるかもしれません。今年は4月にホウレンソウをたくさん収穫することを目指して、2月にもいろんな品種のホウレンソウの種を播いて、どの品種が4月に収穫しやすいのか、試してみたいと思います。

今後、4月にも安定してホウレンソウを出荷できる見通しを築きたいと思います。

Dsc05864 去年の10月上旬に種播きしたホウレンソウ。3月上旬に収穫時期を迎える予定。

Dsc05871 10月下旬に種まきしたホウレンソウ。3月中に収穫時期を迎える予定。

Dsc05874 去年の秋に最も遅く種まきしたホウレンソウ(11月上旬に種まき)。

4月に収穫時期を迎える予定だけれども、暖冬のため、収穫が早まるかも。

2月に入ったらまた、4月に収穫することを目指して、ホウレンソウの種を播きます。

2019年12月29日 (日)

12月下旬撮影  秋ジャガイモ、ほうれん草の様子

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります)

Dsc05751 秋ジャガイモを収穫。品種は「デジマ」。

Dsc057511

思っていたよりもイモが肥大してくれた。

デジマは表面の芽が浅くなる品種らしいが、小林農場ではダンシャクのように芽が深いイモもたくさん収穫された。

Dsc05756

表面が割れてしまっているイモも少なくなかった。小林農場の畑は粘土質で固いのが原因だと思う。できるだけ柔らかい土で栽培できればよい。

表面が黒ずんで傷んでいるイモも少なくなかった。収穫が遅れたのが原因だと思う。11月の上旬には収穫時期を迎えていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05736 生育の悪いほうれん草に肥料を与える。

上の写真は肥料を与えた直後の様子。肥料が効果を発揮して生育が回復するのか、観察したい。

2019年12月20日 (金)

12月中旬に撮影  麦、ソラマメの様子

(画面をクリックすると、画面が拡大されてもっと見やすくなります)

Dsc05716

(上)大麦。種まきしてから約1か月が経過。よく発芽している。小麦と比べると、葉が幅広い。

Dsc05712

(上)小麦。種まきしてから約1か月経過。発芽がまばら。いまいちな発芽率。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05694

(上)ソラマメ。種まきしてから40日くらい経過。よく発芽して、欠株がほとんど見当たらない。

2019年11月27日 (水)

令和1年11月25日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・今後のホウレンソウについて

今回の野菜セットの内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、下仁田ネギ、キャベツ、白菜、サニーレタス、水菜、チンゲンサイ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ホウレンソウは順調に育てば11月頃より収穫されて、年をまたいで来年の5月まで収穫できます。

最も人気の高い葉物野菜なので、11月~5月の間、途切れることなく収穫できることを目標としています。

この11月はホウレンソウに病気が発生したため、全く収穫できませんでした。

今年のホウレンソウの生育はのんびりとしていて、12月も野菜セットにホウレンソウを入れることができるかどうか、不透明な状態です。

この秋は暖かかったのでもっとホウレンソウの生育が早くなるかもしれないと思っていましたが、ホウレンソウは気温のみに影響されているわけではなさそうです。10月には台風や曇天が続いたことが、生育が遅れている原因になっているかもしれません。

おそらく、1月からは安定して野菜セットにホウレンソウを入れてゆけると思います。抜群の耐寒力を発揮して、真冬の間、活躍してくれるでしょう。

今まで4月、5月にうまくホウレンソウを収穫することができませんでしたが、今年はいろんな品種を試してみて、5月にたくさんのホウレンソウを出荷することができました。来年は4月にもたくさん、ホウレンソウを出荷してみたいと思い、4月に収穫できそうな品種を新たに導入してみました。

Imgp0738

いろんな品種の種を大袋で5袋くらい購入して、全部、播きました。ホウレンソウをできるだけたくさん出荷する予定です。来年はホウレンソウが小林農場の農場経営を支えてくれることになるでしょう。

Img_0587

今週には、ホウレンソウに防寒布をかぶせて保温したいと思います。ホウレンソウは寒さに強いので防寒布がなくても無事に生育しますが、できるだけ早く皆さんにホウレンソウを出荷できるように、防寒布をかぶせて生育を速めてみたいと思います。

2019年11月25日 (月)

令和1年11月22日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・霜と野菜の関係

今回の野菜セットの内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、下仁田ネギ、キャベツ、白菜、カリフラワー、サニーレタス、水菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏からずっと畑で茂っていたハキダメギクなどの雑草が、先日の早朝に降りた霜によって霜焼けして、真っ黒になって枯れてゆきました。

この風景を私は「霜の一撃」と呼んでいますが、秋から冬に変わる時の風物詩です。季節が確実に一歩進んだ感じがします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05647大根の畑。

まだ大根やカブの葉は青々としていますので、葉も出荷しています。また季節が進んで何度も霜に当たっているうちにこれらの葉も霜焼けして枯れますが、それまでは大根やカブの葉もいっしょに出荷してまいりたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05646 ホウレンソウの畑。

ホウレンソウは抜群の耐寒性があり、霜で枯れることがほとんどなく、真冬に大活躍してくれる葉物野菜です。

霜に当たることによって野菜の味が濃くなります。特にホウレンソウは霜に当たるとはっきりと味が変わります。

今年は早い時期に種を播いたホウレンソウは病気にかかって今まで全く収穫できませんでしたが、遅い時期に種播きしたホウレンソウがようやく収穫時期を迎えようとしています。

まだ収穫できる量は少ないですが、間もなく少しずつ野菜セットにホウレンソウをいれてゆきたいと思います。

2019年10月27日 (日)

10月下旬撮影 サツマイモ、ほうれん草  

(写真をクリックすると、写真が拡大されて見やすくなります)

Dsc05374 サツマイモを収穫。

一つの株から3~7個くらいのイモが肥大していた。

イモの大きさはさまざまだけれども、出荷しにくい程大きすぎるもの、小さすぎるものは少なかった。

イモの表面に立枯病の症状やコガネムシの食害もあまり見当たらず、きれいな状態だった。

Imgp0877 収穫直前のサツマイモの葉の様子。

葉は大きくて色は爽やか、ツルはのびのびと伸びて畑を覆い、この地上部の様子から地下のイモが順調に肥大していることがすでに予想できた。

日当たりが良い場所だけではなく日当たりが悪い場所でも順調に葉が育った。水はけの良否で成績が分かれ、水はけの悪い場所で葉が順調に生育しなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Imgp0879 台風19号の大雨が降る直前に種まきされたほうれん草が発芽。

土の表面が大雨に叩かれたために発芽が揃うまで10日間ほどかかり、発芽率も少し疎らではあるが、とりあえず発芽は揃った。

畑が違うと、種が発芽にかかる日にちも違ってくる。同じ日に種播きしても、違う畑に分けて種を播くと発芽する日がずれて、収穫時期もずれると思う。

 

 

フォト
無料ブログはココログ