カテゴリー「ホウレンソウ」の記事

2022年5月13日 (金)

令和4年5月9日の野菜セット・葉物野菜の出荷が終盤へ

5月9日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

カブ、ヤマイモ、新玉ねぎ、大根、サヤエンドウ、玉レタス、赤サンチュ、ホウレン草、小松菜、エシャレット、コールラビ

今後の野菜セットの内容の見通し・・・新玉ねぎを出荷。レタス類やサヤエンドウの出荷は5月末まで、カブの出荷は6月上旬まで。ホウレンソウを含む葉物野菜の出荷は減少へ。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーー

Dscf5148

5月に出荷する予定だった小松菜やチンゲンサイなどの葉物野菜ですが、多くの葉が黄色になってしまっていました。肥料が切れてしまっているのだと思います。このような黄色の葉物野菜は、畑から収穫された後の日持ちが良くない傾向があり、商品としては出荷しにくいです。残念ながら出荷をあきらめます。

(上の写真の山東菜はもともと葉の色が薄い葉物野菜です。出荷できそうな山東菜を写真に納めてみました)

この冬も小松菜などの葉物野菜は大きくならず、ほとんど収穫できませんでした。畑の肥料が切れてきていることを葉物野菜が私に知らせてくれているようです。今年は畑に肥料を施してゆきたいと思います。

ホウレンソウは最も人気の高い葉物野菜ですので、肥沃な畑を選んで種を播いたり、肥料を与えたりしながら、特別に手間をかけて育てました。昨年の10月から半年ほど、野菜セットにホウレンソウを出荷し続けてきました。高温で多湿な環境が苦手なホウレンソウも今の時期は傷みやすくなってゆくので、収穫時期を迎えたばかりの若い状態で収穫してゆくように心掛けています。

間もなく、ホウレンソウも野菜セットから姿を消します。

2022年4月 1日 (金)

令和4年3月28日の野菜セット・ホウレンソウの状況

3月28日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

里芋、サツマイモ、キクイモ、紅大根、ネギ、ホウレン草、しろ菜、菜の花

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーー

3月上旬までのんびりと生育していたホウレンソウですが、3月下旬より生育が加速して、たくさんのホウレンソウが収穫時期を迎えています。

このまま畑にのこしていたらどんどん大きくなりすぎて袋に詰めきれなくなって出荷できなくなるので、どんどん出荷してゆきたいと思います。

P1050639 昨年の10月30日に種を播いて育てたホウレンソウ。品種は「ステイシー」。

現在、お化けのように大きくなりすぎているものも出現しているので、急いで収穫・出荷しています。

P1050634 昨年の11月6日に種を播いて育てたホウレンソウ。品種は「アウグレッド」。

現在、収穫時期を迎えています。

P1050636 今年の2月9日に種を播いて育てているホウレンソウ。品種名は「ハンター」など。

とても順調に育ちました。上は5日間くらい前に撮った写真ですが、この5日間で急激に生育が進み、現在、すでに収穫時期を迎えています。

ホウレンソウ祭り、開催!どんどん、出荷してまいります。

2022年3月15日 (火)

令和4年3月14日の野菜セット・春以降のホウレンソウの様子

3月14日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

大根、里芋、サツマイモ、キクイモ、ネギ、ホウレン草、小松菜、乾麺

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーー

ずいぶんと暖かくなり、野菜セットの配送日の昨日は暑いくらいでした。

冬の低温の頃と比べて、暖かくなるとホウレンソウなどの葉物野菜が貯蔵しにくくなります。できるだけ早く葉物野菜を冷蔵庫にしまって冷蔵保存して、なるべく早く食べきるように、皆さんにお伝えしてゆきたいと思います。

今までは配送日の前日にホウレンソウを収穫していましたが、今は早朝に霜が降りて畑が凍ることも少なくなったので、配送日の当日の早朝にホウレンソウを収穫してみました。できるだけ鮮度の良い状態で皆さんにホウレンソウをお届けできるように心掛けたいと思います。

P1050542 昨年の10月30日に種を播いて育てたホウレンソウ。品種名は「ステイシー」。

次回より、この畑からホウレンソウを収穫して出荷する予定です。

ちなみに、ホウレンソウのすぐ隣に咲いている紫色の花は、雑草のホトケノザの花です。

P1050539 昨年の11月6日に種を播いて育てたホウレンソウ。品種名は「アウグレッド」。

3月末頃から収穫時期を迎える予定です。

P1050541 今年の2月9日に種を播いて育てているホウレンソウ。品種名は「ハンター」。

4月上旬頃に収穫時期を迎える予定です。

2022年2月25日 (金)

令和4年2月21日の野菜セット・今後のホウレンソウについて

2月21日の野菜セットの内容です。

人参、大根、カブ、ジャガイモ、キクイモ、白カボチャ、白菜、ホウレン草

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーー

耐寒性が抜群に強い、冬の葉物野菜のエース・ホウレンソウ。

P1050351現在、出荷しているホウレンソウは昨年の10月上旬に種を播いて育ていたホウレンソウです。

P1050366 11月に入る直前頃に種を播いて育てているホウレンソウの畑。

この畑からはおそらく3月下旬ごろには大きく育ったホウレンソウを収穫できると思います。

P1050378 今年の2月9日より、新たにホウレンソウの種を播いています。

今の時期はまだ寒いので、種を播いた畝にビニール資材をかけて保温しないと、順調に種を発芽させて生育させることができません。

P1050383 2月24日に撮影。ビニール資材の中で発芽し始めたホウレンソウの種。

この畑からは早ければ4月上旬より、大きくなったホウレンソウを収穫できる予定です。

2月と3月には毎週、少しずついろいろな畑にホウレンソウの種を播きます。それらが時期をずらしながら、5月上旬ごろまで途切れることなくどこかの畑のホウレンソウが収穫時期を迎えて出荷できるようにしたいと思います。

2022年2月21日 (月)

令和4年2月18日の野菜セット・現在、出荷しているホウレンソウについて

2月18日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

人参、大根、カブ、ジャガイモ、キクイモ、白カボチャ、白菜、ホウレン草

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーー

今までは昨年10月上旬に種を播いて育てたホウレンソウを出荷してきましたが、全部収穫し終えたので、今回より10月下旬に種を播いて育てたもっと若いホウレンソウを出荷します。

P1050351 10月下旬に種を播いて育てたホウレンソウの畑。

P1050352 とても良く生育しているホウレンソウの様子。P1050353 生育の良くないホウレンソウの様子。

同じ日に種を播いて同じ畑で育ったのに生育にムラがあり、生育の良いホウレンソウは全体の50%くらい、生育の良くないホウレンソウが全体の50%くらいを占めているような感じです。

生育の良いホウレンソウから収穫。収穫したホウレンソウを出荷するために袋に詰めていったら、予想以上に袋の数がたくさんできたので、今回はホウレンソウをたくさん野菜セットにい入れさせていただくことにしました。

2022年2月 9日 (水)

令和4年2月7日の野菜セット・ホウレンソウについて

今回の野菜セット(2000円セット)の内容です。

人参、大根、カブ、ジャガイモ、サツマイモ、白カボチャ、白菜、ホウレン草

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーー

冬は寒くて、ホウレンソウは体内の糖分を高めて、味が濃くなります。皆さんより冬のホウレンソウは好評をいただいております。

今回の野菜セットには、多めにホウレンソウを入れさせていただきました。

現在、出荷しているホウレンソウは、昨年の10月9日に種を播いて育てたホウレンソウです。

P1050282 昨年の10月19日に種を播いて育てているホウレンソウの畝。P1050290 防寒布をめくってみると、大きくなって間もなく収穫できそうなホウレンソウも確認できました。

P1050283 P1050287

上の写真は同じ10月19日に種を播いて、防寒布をかぶせずに育てたホウレンソウの畝。ホウレンソウはみんな小さくて、葉の先は寒さによって白く霜枯れしています。しばらく出荷できそうもありませんが、3月に入って暖かくなれば大きくなって収穫できると思います。

どんどん早く生育を早めてどんどん収穫してしまうと、3月以降に収穫できるホウレンソウがなくなってしまいます。わざと防寒布をかぶせずに生育を遅らせたりして、収穫時期をずらすようにしています。ただ、上の写真のホウレンソウはあまり生育が順調ではないので、防寒布をかぶせて寒さから保護してあげてもよかったかもしれません。

2022年2月 4日 (金)

生育追跡撮影・ほうれん草の様子(2月3日に撮影)

P1050257 2月3日に撮影。

10月30日に種を播いて育てているホウレン草。3月下旬より収穫される予定。品種名は「ステイシー」。

 

2021年4月 5日 (月)

令和3年4月2日の野菜セット・お化けホウレン草について

今回の内容です。

赤大根、サツマイモ、キクイモ、ゴボウ、ネギ、サニーレタス、ほうれん草(2袋)、しろ菜、菜の花

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、

野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春たけなわ。気温が上昇して、ホウレン草もぐんぐん大きくなっています。

Dscn4104 今回の野菜セットに入れたホウレン草。

葉が広々と広がって茎も太いので、悪いホウレン草ではないのですが、大きくなりすぎて茎が間延びしています。

これ以上に背丈が伸びてしまうと出荷する時に袋に入りきれませんし、皆さんが料理する時も料理しにくいし、冷蔵庫にも収まりにくいでしょう。

大きくなりすぎたホウレン草を「お化けホウレン草」と呼んでいます。お化けになると、商品としては出荷できません。

なんとか全てのホウレン草をお化けになる前に収穫しようと、現在、たくさんホウレン草を収穫して出荷しています。私が出荷するのが先か、ホウレン草がお化けに化けるのが先か。でも、どうやらホウレン草の生育のほうが上回りそうです。

元気なホウレン草がお化けに化けるのは仕方がないので放っておいて、今後は野菜セットに入れるホウレン草は背丈のちょうど良い落ち着いたホウレン草を収穫してお届けするように心掛けたいと思います。

Dscn4110 お化けホウレン草。

 

2021年3月17日 (水)

令和3年3月15日の野菜セット・ホウレン草の徒長について

 

今回の内容です。

人参、赤大根、サツマイモ、ネギ、キクイモ、ほうれん草(2袋)、小松菜、ジャガイモまたは菜の花

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、

野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーー

ホウレン草がたくさん収穫時期を迎えて、たくさん出荷しております。

ホウレン草が密生している箇所では、高く高く背を伸ばしてヒョロヒョロと腰が高い格好をしています。茎が間延びしていて、葉も広がらずに小さく、見た目が弱々しいです。このような状態を「徒長する」と言います。

3月に入って暖かくなり、ホウレン草の生育が速まっています。ホウレン草同士が密生しやすくなり、徒長気味のホウレン草が増えてきています。

最近は徒長気味のホウレン草も出荷してみましたが、徒長気味のホウレン草は収穫後の持ちがあまり良くなく、短期間にしおれてしまいやすいです。徒長気味のホウレン草はなるべく出荷しないほうがよいです。

ホウレン草を徒長させないようにするためには、ホウレン草同士の株間を密生させないことです。ホウレン草が収穫時期を迎える前に、込み合っている株間をすっきりと間引く作業が必要です。

冬はホウレン草の生育が遅くて間引きをしなくてもすぐに込み合ったりしないので徒長はしにくいのですが、ホウレン草の生育が速まって徒長しやすくなる春は、間引き作業は必須です。間引き作業を怠ると、せっかく収穫時期を迎えてくれたホウレン草が全部、徒長してしまうかもしれません。

茎が太くて葉も広い。それでいて背丈は高すぎずに、腰が低くてどっしりとしている。そんな姿のホウレン草を出荷できるようにしてゆきたいです。

今はホウレン草がどんどん伸びてしまい、伸びすぎてしまう前に急いで収穫して出荷しないといけません。なかなか生育が進まずにのんびりとホウレン草を収穫していた冬は終わりました。

Dscn3966 収穫適期を迎えているホウレン草の様子。この状態で収穫したいけれども、1週間経つとかなり伸びて出荷しにくくなります。

 

2021年3月 3日 (水)

令和3年3月1日の野菜セット・今後のホウレン草の出荷について

Dscn3975 早生の小松菜はすでにつぼみを伸ばし始めて、菜の花を咲かせる準備をしています。

ーーーーーーーーーーー

今回の内容です。

ジャガイモ、人参、赤大根、カブ、サツマイモ、ネギ、キクイモ、ほうれん草(2袋)、小松菜、切り干し大根

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、

野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月末に野菜セットに入れたホウレン草が、わずか数日間で葉が黄色くなってしまい、もちが悪かったというご指摘をいただきました。

今まで出荷していたホウレン草は、昨年の10月14日に種を播いて育てて、今年の1月には収穫時期を迎えていました。今は老化して品質が落ち、だんだん葉色も薄くなってきて、収穫後のもちも悪くなってきているようです。

まだ10月14日に種播きして育てたホウレン草がたくさん畑に残っているのですが、見切りをつけて、今後は10月21日に、または、11月1日に種播きして新たに収穫時期を迎えているホウレン草を野菜セットに入れてゆきたいと思います。

収穫時期を迎えたばかりの若々しいホウレン草は品質が良く、収穫後のもちも良いです。時期をずらしながら何回にも分けてホウレン草の種を播くとホウレン草の収穫時期もずれてゆくので、長い期間、品質の良い若々しいホウレン草を出荷してゆくことができるようになります。

昨年の10月から、小林農場のホウレン草畑では10月14日以降にも、10月21日、11月1日、11月14日、11月21日に時期をずらしながら何回にも分けては種を播きました。今年の2月以降も1週間に1回ずつ、少しずつ、ホウレン草の種を播き続けています。この調子で4月上旬まで種を播き続けて、5月末までホウレン草を出荷してゆく予定です。

Dscn3972 10月14日に種を播いて育てたホウレン草。老化して黄色くなり始めている葉も見られます。

Dscn3966 11月1日に種を播いて育てたホウレン草。今後はこの畑より収穫する予定。

Dscn3965 11月14日に種播きして育てているホウレン草の現在の様子。4月に収穫の予定。

Dscn3961 2月7日に種を播いて育てたホウレン草の現在の様子。4月に収穫の予定。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ