カテゴリー「調理法 即美味」の記事

2020年5月26日 (火)

令和2年5月25日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ソラマメの収穫時期について

今回の内容です。

新玉ねぎ、大根、カブ、キャベツ、レタス、サニーレタス、ブロッコリー、カリフラワー、茎ニンニク、サヤエンドウ、ソラマメ、ケール、ほうれん草、ニラ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dscn3065 ソラマメが収穫時期を迎えています。

今年はソラマメが今までで最も良く育ち、今までで最もたくさん出荷できそうです。

Dscn3067 今回、収穫されたサヤ。

ソラマメの収穫時期の目安は、

  ・上を向いていたサヤが、下へ垂れ下がり始めたとき

  ・青々としていたサヤの背筋が黒褐色になったとき

先週はサヤが下へ垂れ下がったばかりで、サヤの背筋がまだ青々としたままの頃に収穫しました。これだと、少し収穫が早すぎるようです。

今回はサヤの背筋が黒くなってから収穫しました。先週よりも中身のマメが大きくなっていて、食べられる量が増えました。

Dscn3071 今回収穫したソラマメの中身のマメ。

あまり収穫時期を遅らせると、中身のマメが傷み始めます。収穫する時期に注意しないといけない作物です。

-----------------

ソラマメは、まず下茹でしてから料理します。

下茹での手順

  ➀料理する直前にサヤから豆を取り出す(しばらく保存する場合はサヤから豆を取り出さずに、そのまま冷蔵保存)

 ②お湯に塩を加えて1分から2分ほど豆を茹でる。

 ③お湯から豆を取り出し、少し時間をおいて豆を冷ます

 ④豆の外皮から中の実を取りだす(茹でる前に豆の一部に包丁で浅く切れ込みを入れておくと、茹でた後に外皮から実を取りだしやすくなる)。

実をそのまま、つまみやサラダにして食べてもよいですし、炒め物や煮物に混ぜて料理してもよいです。

 

2020年5月17日 (日)

令和2年5月15日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・大根の葉について

今回の内容です。

新玉ねぎ、大根、カブ、キャベツ、レタス、サニーレタス、ブロッコリー、サヤエンドウ、ソラマメ、ほうれん草、水菜、ニラ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今の時期に収穫できる野菜の多くが、葉物野菜です。

もともとあまり持ちの良くない葉物野菜ですが、4月からは気温も上がってゆき、さらに葉物野菜の持ちが低下してゆきます。

今の時期は葉物野菜の収穫・出荷に十分に注意を支払わなくてはいけません。皆さんにも、お届けした葉物野菜はすぐに冷蔵庫にしまって、できるだけ早くたべていただくように、お願いしたいと思います。(葉物野菜を簡単に下茹でして冷凍庫に冷凍保存して長期保存できるようにする貯蔵方法もお知らせしてまいりたいと思います)。

葉物野菜を収穫した後、自分が食べる葉物野菜をすぐに食べず、数日間ほど自分の冷蔵庫に入れておいて、出荷している葉物野菜の保存状態を確認するようにしています。

先日出荷したホウレン草も試しに自分の冷蔵庫に入れて様子をみていますが、5日間ほど保存していても葉が青々とした状態を保っていて、持ちは悪くないようでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dscn3040

「一物全体」という言葉があります。大根は根だけでなく、葉もいっしょに食べるのが良く、大根の全部の部分を食べることによってバランス良く栄養を補給できるようです。小林農場も大根を出荷するときは、根だけではなく、葉もいっしょにお届けするようにしています。

大根を収穫してみたら、けっこう早く葉がしおれてしまいました。出荷する時はあらかじめ根と葉を切り分けて、葉は新聞紙にくるみ、袋に密閉して、できるだけすぐにしおれないように気を遣って出荷してみました。葉物野菜の中でも特に大根の葉を先に食べていただくように、皆さんにお願いしたいと思います。

おすすめ料理「大根の葉のふりかけ」(大根の葉はご飯のお供の「ふりかけ」の材料に良い)

➀細かく刻んだ大根の葉を、ゴマ油で炒めます。

②塩、醤油、酒などを加えて味をととのえ、水気がなくなるまで炒めます。

③ゴマ、ちりめんじゃこ、かつお節など、お好みの材料を合わせます。

④出来上がりをご飯の上にふりかけていただきます。

Pc050833

 

2020年2月11日 (火)

令和2年2月10日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・野菜を丸ごと食べる

今回の野菜セットの内容です。

じゃがいも、人参、大根、カブ、里芋、カボチャ、長ネギ、白菜、ほうれん草、ターサイ、水菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月に入って初午を迎える頃、北関東地方では「しもつかれ」という郷土料理を食べる習慣があります。鮭の頭、酒かす、そして節分の時に残った炒り豆などを煮込んだ料理です。

これらは通常なら食べずにそのまま捨てられてしまうこともありますが、「食材の全ての部分を無駄なく食べきることができる」という知恵を、しもつかれは教えてくれます。

野菜の外皮のあたりにも、風味や栄養が多く含まれています。人参やカブなどの皮を切り除く方も多いようですが、私は皮もいっしょに食べるようにお薦めしています。皮も筋っぽくなく、おいしく食べられます。

ほうれん草の赤っぽい根の部分も切り捨てる方も多いようですが、この赤い部分に栄養が詰まっていて、食べると甘くておいしいいです。

根にはいっぱい泥がついているので洗うのに手間がかかります。私はほうれん草の根を最初に切り取って、それをしばらく水の中に浸しておきます。そうすると、泥を落としやすくなります。

Dscf1491Dscf14941

2020年1月28日 (火)

令和2年1月27日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・葉物野菜の目玉蒸し

今回の野菜セットの内容です。

じゃがいも、人参、大根、カブ、サツマイモ、カボチャ、長ネギ、白菜、ほうれん草、ターサイ、水菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近所で養鶏をされている農家の方より、鶏がたくさん卵を産んだ時に、たくさんの卵をいただきます。

なので、私はよく卵を料理します。炒めたり煮たりしている野菜の上に卵を割って入れて、いっしょに炒めたり煮たりして食べています。

卵と組み合わせて料理するのにお薦めなのが水菜です。以下は私のお薦め料理。

目玉蒸し(「目玉焼き」ではなくて)

1.水菜と長ネギを食べやすい大きさに切る。

2.フライパンにひたひたの水を入れて火にかけて沸騰させて、野菜も入れて、塩とカツオ節も加えて、少し火をとおす。

3.その上に卵を割って入れる。醤油も加えて味を調整する。

4.フライパンにフタをしてしばらくそのまま蒸して、卵の黄身が固くなって来たら出来上がり。

卵は、料理油を使って炒めるよりも、上記のようにひたひたの水で蒸したほうが、黄身が固まりすぎずにトロリと柔らかく仕上がりやすいような気がします。私が作る卵料理は、「目玉焼き」ではなく「目玉蒸し」です。

水菜やターサイなどの葉物野菜も、最近は炒めるよりもひたひたの水で蒸して醤油とカツオ節で味をつけながら料理する食べ方が、最近、私の中では流行っています。

Imgp0898 水菜の目玉蒸し。(ちょっと見にくい写真ですが)

2020年1月11日 (土)

令和2年1月10日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・芋ご飯

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、カボチャ、長ネギ、白菜、ほうれん草、ターサイ、水菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年末についた餅にきな粉をまぶして食べたりして楽しみました。

餅も全部食べきって、きな粉が余りました。

そのきな粉を、裏ごししたサツマイモに混ぜて食べてみたらけっこう相性が良く、おいしかったです。

さらにきな粉入りの裏ごしサツマイモをご飯に混ぜて、混ぜご飯を作ってみました。

まるで「栗ご飯」のような風味になり、おいしかったです。

Dsc05842

・サツマイモはあまりつぶしすぎず、少し塊を残す程度にしたほうが、ご飯に合うような気がします。

・きな粉には塩を混ぜました。サツマイモがすでに甘いので、砂糖は混ぜませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

何よりも嬉しいのは、年を越した後もサツマイモがまだ無事に保存できていることです。

サツマイモは寒さに弱く、冬に貯蔵するのが難しいです。今まで小林農場では、サツマイモの冬季保存には失敗してきました。

今回は気合を入れて、いろいろと貯蔵方法を探ってみました。その努力も実り、初めて1月になってもサツマイモを出荷し続けることができています。このお正月にはサツマイモを裏ごしして「栗きんとん」みたいな料理を作り、新年を祝うことができました。

そろそろサツマイモの在庫が尽きるので、間もなくサツマイモの出荷が終了します。冬季でも無事に保存できる道筋ができたので、今年はもっとたくさんのサツマイモを栽培してみてもよいでしょう。

2020年1月10日 (金)

令和2年1月6日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・小麦粉を使った一品

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、里芋、長ネギ、白菜、キャベツ、ほうれん草

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05834

小林農場の小麦粉を水で溶いて、具材といっしょに焼いて作った一品。私は「ナンもどき」と呼んでいます。

材料は小麦粉、塩、醤油、ごま油、好みの野菜(上の写真では長ネギが使われていますが、玉ねぎもおすすめです)

1.小麦粉に水と塩を加えて、よくかき混ぜて溶く。

2.フライパンにごま油を熱して、食べやすい大きさに切った野菜を炒める。

3.ある程度、野菜に火が通ったら、溶いた小麦粉をフライパンに流し入れる。

4.小麦粉も火が通って固まってきたらひっくり返して、両面を焼く。しょう油を加えて味をととのえる。

小麦粉には、野菜の独特な香りを和ませて食べやすくする、不思議な力があるような気がしています。

例えば、ピーマンの香りが苦手な子供も、ピーマンを具にしたチヂミならば食べられるかもしれません。

小林農場の小麦粉は、「ナンもどき」のような料理に適した小麦粉だと思います。

ちなみに、生地をふっくらとさせたい場合は、小麦粉といっしょに溶き卵を加えるとよいです。

2020年1月 4日 (土)

令和2年1月3日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・お雑煮について

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、里芋、長ネギ、白菜、キャベツ、ほうれん草

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

令和2年の初めての野菜セットの出荷となりました。今年も小林農場の野菜セット、旬野菜詰め合わせをどうぞよろしくお願いいたします。

お雑煮を作って新年を祝ったご家庭も多いと思います。

それぞれの家庭にはそれぞれのお雑煮の味付けがあるかと思います。

私が子供の頃から食べてきたお雑煮の味は、かつお節とのりの風味が印象的でした。

このお正月も我が家では、つゆの中にかつお節をたっぷりと入れてダシをとりました。普段はこんなに贅沢にかつお節を消費したりしませんが、お正月の時だけ、景気良くたっぷりのかつお節を使って力強い風味にします。最後に青のりをふって、いただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お雑煮に入れて食べたい野菜は何か。やはり、小松菜がほしいと思いました。

畑ではほうれん草がたくさん採れているので小松菜の代わりにほうれん草を使ってもよいと思いましたが、やはり小松菜とほうれん草とでは、微妙に違います。

次のお正月には、小松菜もたくさん収穫・出荷できるようにしておきたいと思いました。

Dsc05817

人参の赤、小松菜の緑、里芋の白などでお雑煮を彩ってみました。

去年の暮れについたお餅は玄米の餅です。色が少し黒く、香ばしい味がします。

2019年12月31日 (火)

令和1年12月30日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・焼き芋の作り方

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、里芋、ゴボウ、長ネギ、白菜、ほうれん草

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎年、年の暮れにはご近所さんが知り合いの方々をたくさん招いて賑やかに餅つきをしていますので、私も餅をつかせてもらっています。

杵と臼で餅をつく前に、せいろやかまどを使って薪を燃やしながら餅米を蒸します。本格的な餅つきが体験できます。

小林農場には、収穫中に傷つけてしまって商品としては出荷できないサツマイモがありますので、それらを焼き芋にしてみたいと思っていました。

そこで今回の餅つきの最中に、かまどの中で燃やしている炎をお借りして、サツマイモを焼いてみました。

数十分ほど炎から出てくるおき(灰)を利用して蒸し焼きしたら、おいしいそうにイモが焼きあ上がりました。餅つき後のお食事会では、皆さんにも出来上がった焼き芋をお分けいたしました(その頃にはイモは冷めてしまっていたけれども)。

Dsc05772

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やはりサツマイモは、煮たり蒸したりするよりも、蒸し焼きにして焼き芋にしたほうが、その甘味が濃くなるように思います。またその甘味の中に、独特な風味がほんのりと加えられたような感じがします。

台所でも焼き芋みたいな感じの料理を作ってみました。

Dsc05771

 1.サツマイモをよく洗って、30分ほど塩水につけて水を含ませる。

 2.水分を含んだイモを水から取り出して、アルミホイルで包む。

 3.魚を焼く時に使用するグリルの中に入れて焼き、イモが柔らかくなったら出来上がり。

以上の手順で作ってみたら、けっこうおいしい焼き芋みたいな料理ができ、煮たり蒸したりするのとは違った風味を楽しめました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

今回が今年最後の野菜セットの出荷となります。皆さま、よいお年を。

Img_0628 私は餅つきでついたお餅を焼いて食べながら、年を越します。

 

2019年12月10日 (火)

令和1年12月9日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・大根のから揚げ

今回の野菜セットの内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、長ネギ、キャベツ、サニーレタス、水菜、ターサイ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日の催しで「大根のから揚げ」を食べてみたらとてもおいしくて、料理人の方に簡単に作り方を教えてもらいました。

「大根のから揚げ」

  1.大根を食べやすい大きさに切ります。

  2.大根が柔らかくなるまで茹でます。醤油やみりんなど、好みの調味料で味をつけます。

  3.柔らかくなった大根の表面全体に片栗粉(または小麦粉)をつけます。

  4.フライパンにたっぷりと料理油を注ぎ、大根を揚げます。

私は性格がケチなので、どうしても料理油を一度にたくさん消費することをためらい、できるだけ少ない油で揚げようとするので、なかなかカリッとした衣が作れません。

私は揚げ物が下手ですが、揚げ物が得意な方にはお勧めの料理方法です。

小林農場の大根は煮込んでも煮崩れしにくく、おでんなどに向く品種の大根ですが、煮るだけではなく、炒めたり揚げたりして食べてもおいしいです。

Dsc05677 私が揚げてみた大根。

2019年11月17日 (日)

令和1年11月15日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・野菜から生み出されるダシ

今回の野菜セットの内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、下仁田ネギ、キャベツ、白菜、ブロッコリーまたはカリフラワー、水菜、ニラ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

味噌汁の味に「うま味」を加えたいときは、かつお節や昆布などを煮出してダシを取ることが多いです。

でも、味噌汁の具材として入れた野菜からも、おいしいダシが生み出されています。

長ネギ、玉ねぎ、にんにくなどのネギ類は、味噌汁の味を一変させるような野菜ダシを生み出します(にんにくからダシをとると「味噌ラーメン」の風味に似てゆきます)

ゴボウ、里芋などの「泥物」も汁に入れて煮ると、力強い風味のダシがとれます。

そして、最近収穫しているカブ。先日、カブの味噌汁を作って飲んだら、カブから素晴らしい風味のダシがとれていて、味噌汁の味がとてもまろやかになっていました。

このように、野菜からのダシの風味が強く感じられる汁物をうまく作れたときは、幸せな気分で食事ができます。

同じ野菜で汁物を作って食べているとだんだんその野菜のダシの味に舌が慣れてゆきますが、その季節に初めて収穫された野菜を使ってダシをとると、改めてその野菜のダシのおいしさを再認識できます。

まもなく白菜や里芋が新たに収穫されてゆきますが、これらの野菜からダシをとって汁物を作って食べればまたそのダシの風味のおいしさを再認識することになるのでしょう。

小林農場の野菜はおいしいダシを生み出してくれるので、わざわざかつお節や昆布を入れなくてもよいかもしれないと思う時もあります。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ