カテゴリー「野菜セット」の記事

2022年5月16日 (月)

令和4年5月13日の野菜セット・早生の玉ねぎの出荷

5月13日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

新玉ねぎ、カブ、大根、キヌサヤエンドウ、スナップエンドウ、キャベツ、茎ブロッコリー、玉レタス、赤サンチュ、ホウレン草、エシャレット

今後の野菜セットの内容の見通し・・・大根の出荷を開始。サヤエンドウの出荷は5月末まで、レタス類やカブの出荷は6月上旬まで。ホウレンソウを含む葉物野菜の出荷は終盤へ。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーー

今年は5月に入ってからすぐに、玉ねぎを収穫できました。

通常の玉ねぎは6月から収穫されます。小林農場が5月にもたくさんの玉ねぎを出荷できたのは、今年が初めてだと思います。

Dscf5164 現在、収穫されている玉ねぎ。品種は早生系の「スパート(タキイ交配)」。

5月に収穫される早生系の品種の玉ねぎはあまり大きくならない傾向があるようですが、今年のスパートがよく太って収量は良いです。現在、大活躍中。

複数のご家庭より、「最近はスーパーで売っている玉ねぎの値段が高くなって、買うのが大変」というお話しをおききしております。一般流通では玉ねぎの値段が高くなって購入しにくくなっている今は、野菜セットに玉ねぎを入れれば喜んでくださるご家庭もあるかと思います。なおさら今年は小林農場で5月から玉ねぎをたくさん収穫できてよかったと思います。

一般流通では市場の状況によって野菜の価格が高くなったり安くなったりします。一般流通から外れて個人で野菜を販売している小林農場の野菜セットの価格は、一年を通してほぼ一定です。

2022年5月 8日 (日)

令和4年5月6日の野菜セット・夏野菜の苗、畑へ巣立ち

5月6日の野菜セットの内容です。

カブ、ヤマイモ、ネギ、新玉ねぎ、サヤエンドウ、玉レタス、サンチュ、ホウレン草、小松菜、ケール

今後の野菜セットの内容の見通し・・・ネギの出荷が終了へ。新玉ねぎの出荷を検討。ホウレンソウやレタス類やサヤエンドウの出荷は5月末まで、カブの出荷は6月上旬まで。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーー

Dscf5111 Dscf5101 Dscf5102 Dscf5103

いい日、巣立ち、いざ、本畑へ!

育苗ハウスの中で育てていた夏野菜の苗を畑へ巣立たせてゆく時がやってきました。まずは第一陣のナス、ピーマン、ズッキーニ、トウモロコシが畑へ巣立ってゆきます。

Dscf5105 ズッキーニの苗

Dscf5109 ナスの苗

Dscf5106 ピーマンの苗

関東平野では5月2日頃の「八十八夜」以降が夏野菜の苗を植える適期となります。4月はまだ寒く、4月に寒さに弱い夏野菜の苗を畑に植えると低温障害を受けて順調に生育しなくなる場合もあり、最悪の場合は凍死します。

それで小林農場は十分に暖かくなる5月下旬になるのを待ってからナスやピーマンの苗を植えていましたが、6月上旬に梅雨入りして天候が悪くなるとナスやピーマンの生育も停滞して全く実がならず、7月下旬に梅雨が明けて天候が回復するまでほとんど実を収穫できませんでした。

梅雨入りする前にある程度、ナスやピーマンの樹の生育をすすめておけば、梅雨の間も実を収穫・出荷できると思います。今年は昨年よりもナスやピーマンの苗を2週間ほど早く植えるようにして、梅雨入り前に大きく育てたいと思います。

ズッキーニは6月に入ってからすぐ、ナスやピーマンは6月中旬頃より出荷できるように栽培してまいりたいと思います。

 

2022年5月 4日 (水)

令和4年5月2日の野菜セット・新玉ねぎについて

5月2日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

カブ、ネギ、新玉ねぎ、サヤエンドウ、キャベツ、サンチュ、ホウレン草、大根の葉、シュンギク、ニラ、ミツバ

今後の野菜セットの内容の見通し・・・「菜の花」の出荷が終了。葉物野菜やレタス類の出荷が増加。サヤエンドウの出荷が開始。長ネギは間もなく出荷終了。新玉ネギの出荷を検討。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーー

Dscf5085 現在のタマネギ畑の様子。

Dscf5090

地上部の葉が倒れているタマネギもあります。極早生品種の「ジェットボール(ナント育成)」。

立っていた葉が倒れた時が、タマネギの収穫適期です。ジェットボールは収穫適期を迎えたので、畑から抜き取って、すぐに今回の野菜セットに入れて出荷しました。

通常のタマネギは、畑から収穫された後、数週間ほどしっかりと乾燥させてから貯蔵されます。今回のように収穫されてからすぐに出荷されるタマネギのことを「新タマネギ」と呼び、通常のタマネギとは区別します。

通常のタマネギと比べて新タマネギは柔らかくて、辛味がまだ強くなくてその味は和かで、サラダなどの生食にしてもおいしく食べられます。通常のタマネギと比べて色白で小ぶりなのも特徴的です。

通常のタマネギとは違う特徴があり、早い時期に食べられる新タマネギは、多くの消費者に人気の高い野菜の一つだと言えると思います。ただ、しっかり乾燥している通常のタマネギと比べると新タマネギは日持ちはしませんので、冷蔵庫に入れて冷蔵保存しておくほうがよいと思います。

Dscf5087 早生品種の「スパート(タキイ交配)」。

こちらはまだ葉が倒れていませんが、収穫してもよい大きさにまで生育しています。

葉が倒れていないので、これからもっと可食部の玉の部分は大きくなると思いますが、今の時期はまだ、他に収穫できる野菜の種類が少ないので、タマネギの葉が倒れるのを待たずに収穫して「新タマネギ」として出荷してもよいかもしれません。

タマネギは人気の高い野菜なので、今の時期にタマネギを野菜セットに入れれば、喜んでくださるご家庭もいらっしゃるでしょう。

2022年5月 1日 (日)

令和4年4月29日の野菜セット・ネギの出荷が終了へ

4月29日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

カブ、二十日大根、ネギ、サヤエンドウ、キャベツ、サンチュ、ホウレン草、小松菜、大根の葉、菜の花

今後の野菜セットの内容の見通し・・・「菜の花」の出荷が終了へ。葉物野菜やレタス類などの出荷が多くなる。サヤエンドウの出荷が開始。ネギは5月の始めまで出荷。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーー

P1050819 現在のネギ畑の様子。先日の強風で横に倒れかかっているネギも目立ちます。

P1050820

多くのネギがつぼみをつけて、花を咲かせる準備を始めています。

花を咲かせる頃には葉は固くなっておいしく食べられなくなります。間もなくネギの出荷を終了いたします。

まだ出荷しきれなかったネギがたくさん畑に残されています。これらは花を咲かせて種を実らせた後、また株元から柔らかな新芽を伸ばし始めます。新芽は夏の頃には柔らかなネギに育って、夏ネギとしておいしく食べられます。ネギは一年草ではなくて多年草です。

ネギ畑に生えてきた雑草をちゃんと取り除いて、夏ネギを育てて出荷したいと思います。

現在、皆さんのお宅にお届けしているネギも、料理しないでしばらく台所に置いたままにしておくと、勝手につぼみを伸ばします。

畑から抜き取られて皆さんのお宅に届けられているネギは死んでいるわけではなく生きているので、皆さんの台所でひっそりと呼吸をしながら、粛々とつぼみを伸ばして花を咲かせようと働いています。

ネギからつぼみが出てきてもまだおいしく食べられますが、つぼみが出てくる前にできるだけ早く料理することをおすすめします。

(ネギのつぼみも、てんぷらなどにして揚げて食べると、おいしいようです)

P1050821 今年の3月下旬に種を播いて育てているネギの苗。

細くて緑色をしたヒモみたいなものが並んで立っていますが、それらがネギの苗です。9月頃には大きくなって出荷される予定です。

2022年4月28日 (木)

令和4年4月25日の野菜セット・野山に自生する食べ物

4月25日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

ヤマイモ、カブ、二十日大根、ネギ、キャベツ、サンチュ、ホウレン草(2袋)、小松菜、菜の花、ミツバ

今後の野菜セットの内容の見通し・・・「菜の花」の出荷が終了へ。葉物野菜やレタス類などの出荷が多くなる。カブの出荷が開始。ネギは5月の始めまで出荷。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

P1050731 P1050733

我が家の庭のほだ木から生えてきたシイタケを収穫して、我が家の味噌汁のだしにしました。

P1050805

畑の片隅で生えてきたミツバ。名前の通りに、1つの茎から葉が3枚ずつ生えます。

2年ほど前にミツバの苗を植えたのですが、それ以来、春と秋に、私が何も世話をしなくても勝手に繁殖します。

独特な香りがおいしい、ジャパニーズ・ハーブです。採取して、野菜セットにも入れています。

Dscf5029 Dscf5034

近所の方の竹林より、タケノコを掘らせていただきました。

タケノコは、アクを抜くために2時間ほど煮る必要があります。料理するまでに手間のかかる食材です。長期保存をするのも難しいです。

野菜セットにタケノコを入れてみようかと思ったこともありましたが、扱いの難しい食材なので、タケノコを届けても皆さんにあまり喜ばれないのではないかと思い、タケノコを入れるのをやめました。

4月25日の野菜セットの配送では、タケノコを欲しいと言ってくださった皆さんに、サービスでタケノコをさしあげました。

Dscf5064 Dscf5063

近所の敷地に自生していた山菜をそれぞれ5株ほど、小林農場の畑の片隅に移植してみました。左上の写真はコゴミ、右上の写真はカンゾウ(萱草)。

コゴミとカンゾウはそんなにアクがあるわけでもなく、料理しやすくておいしい食材です。小林農場の畑に順調に根付いたら、数年後には勝手に繁殖して、たくさん採取できるでしょう。そうなれば、野菜セットにも入れてみたいと思います。

畑で収穫できる野菜が一年で最も少なくなる4月ですが、野山ではタケノコ、キノコ、山菜などの天然物が採れます。まだビニール資材がなくて、この時期は全く野菜が食べられなかった昔の人たちは、4月には野山に入って食材を確保して大事に食べていたのだと思います。

P1050643 昨年、畑の片隅に埋めたフキの種根からは、フキノトウが生えてきました。

2022年4月21日 (木)

令和4年4月18日の野菜セット・春になって花を咲かせる野菜

4月18日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

ヤマイモ、二十日大根、ネギ、キャベツ、ホウレン草、菜の花、三つ葉、ニラ、小松菜または大根の葉、乾麺(うどん)または人参ジャム

今後の野菜セットの内容の見通し・・・「菜の花」の出荷が終了へ。しばらく根菜類の野菜の出荷は少なく、葉物野菜(レタスも含む)が多くなる予定。ネギは4月末まで出荷。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーー

P1050811

昨年の秋に種を播いて生育させて、冬を越してきた「秋まき冬越しキャベツ」が、現在、ポツリポツリと少しづつ収穫時期を迎えていますので、それらを拾って2000円セットに入れてみました。

P1050815

いっぽうで、上の写真のキャベツは結球せずに、さっさと黄色の菜の花を咲かせてしまいました。キャベツのようなアブラナ科の作物は、真冬の寒さに当たった後、春になったらすぐに花を咲かせてしまう性質もあります。花が咲いてしまうとおいしく食べられなくなります。

「秋まき冬越しキャベツ」は、上手に育てると今の時期から収穫できるのですが、あまり上手に育てられないとさっさと花を咲かせてしまって食べられなくなります。

真冬が過ぎた後の2月以降にもキャベツの種を播いて育てて、それらは5月末に収穫されます。春に育ったこれらのキャベツはさっさと花を咲かせてしまうことがなく、安定して収穫できます。キャベツの出荷の本番は5月末からです。

ネギもこの時期に花を咲かせておいしく食べられなくなるのですが、この春はどういうわけだか、4月下旬になってもネギが花を咲かせる気配は全くなく、もうしばらくネギの収穫を楽しめそうです。

P1050761_20220421054601 黄色の花を咲かせている小松菜や油菜。

花を咲かせる前のつぼみの頃に摘むと「菜の花」としておいしく食べられますが、今は暖かくなってつぼみがどんどん花を咲かせていて、「菜の花」の出荷は終了します。

2022年4月14日 (木)

4月8日、4月11日の野菜セット・葉物野菜の利用方法

4月8日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

サツマイモ、ヤマイモ、紅大根、ネギ、ホウレン草、小松菜、菜の花、三つ葉

4月11日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

ヤマイモ、紅大根、二十日大根、ネギ、ホウレン草、小松菜、菜の花、三つ葉、乾麺(うどん)

今後の野菜セットの内容の見通し・・・サツマイモの出荷が終了。紅大根も間もなく終了。しばらく根菜類の野菜の出荷が減り、代わって葉物野菜が増える予定。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーー

4月は出荷できる野菜の種類が最も少なくなる「端境期(はざかいき)」です。野菜セットに入れる野菜の種類数を確保するのに、最も苦労する時期です。

ホウレン草や小松菜などの葉物野菜は、この時期でも比較的に収穫しやすい野菜です。よって、4月の野菜セットの内容は葉物野菜が多く入ることになると思います。

たくさんの葉物野菜を様々な方法で料理して、飽きることなく美味しく食べてゆきたいです。

葉物野菜の料理方法を、下記に書き出してみました。

  ・炒め物・・・私には最も楽に感じる料理方法です。ごま油で炒めて、塩と胡椒で味をつけるのみ。

  ・汁の具材に・・・これも簡単に葉物野菜をおいしく料理できる方法。雑煮にも小松菜がよく使われます。特にミツバはすまし汁などに入れると、汁の香りがよくなります。

  ・おひたし・・・私はゴマと醤油をかけて食べるのが好きです。

  ・煮びたし・・・シイタケや揚げ豆腐などといっしょに煮て。

  ・漬け物・・・一夜漬けなどは簡単で早く食べられる漬け物です。ご飯のお供に。

  ・サラダ・・・小松菜などはアクがほとんどないので、サラダで生食してもよいです。特にミズナやミツバなどはサラダに向いています。

  ・炊きこみごはんの具材・・・ご飯や炒めた鶏肉などといっしょに、炊飯器に入れて炊きます。

  ・おやき・・・小麦粉で「おやき」を作る時、葉物野菜をおやきの具材にします。子供は腹持ちの良い料理を好む傾向があるので、葉物野菜を入れたおやきはお気に入りのおやつになるかも。

Dscn4130 ホウレン草をミキサーにかけて作った「野菜ジュース」。

甘味を加えるためにリンゴを混ぜたり、酸味を加えるためにレモン汁を加えたりして、ホウレン草といっしょにミキサーにかけてジュースにします。ホウレン草がジュースにエメラルド色の輝きを与えています。

ミキサーにかけたホウレン草を応用して、スープやケーキやカレーライスの具材にも利用できます。

2022年4月 7日 (木)

令和4年4月4日の野菜セット・菜の花について

4月4日の野菜セットの内容です。

サツマイモ、紅大根、ネギ、キャベツ(ミニ)、サニーレタス、ホウレン草、しろ菜、菜の花

今後の野菜セットの内容の見通し・・・サツマイモの出荷が終了。ヤマイモが出荷される予定。ネギは4月末まで、菜の花は4月上旬まで出荷。ホウレンソウはしばらくたくさん出荷。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーー

野菜セットの中に入っている野菜のうち、まず1番最初に皆さんに食べていただきたいのが「菜の花」です。

「菜の花」は鮮度が命。収穫されてから数日間経つと、つぼみから黄色の花が咲いてしまい、こうなると茎もつぼみも筋っぽくなってしまって、おいしく食べられなくなります。

P1050675 小松菜などの葉物野菜から花茎を伸ばして、その頂に複数のつぼみがひとかたまりになって咲きます。

この状態で摘みとり、「菜の花」と称して出荷してゆきます。

P1050678

つぼみが咲いてから数日後、一つ一つのつぼみが膨らんでゆき、それぞれ一つずつ、黄色の花を咲かせます。

私の手で摘み取られた後も「菜の花」は死なずに生き続けます。皆さんのお宅に配送された後も、皆さんに料理されて食べられるまで、「菜の花」はひっそりと呼吸をしながら生き続けます。よって、摘み取られた後、そのまま料理されずに放置されていると、勝手につぼみから花が開花します。

出荷した「菜の花」がすぐに開花してしまわないように、私もすでに花を咲かせ始めようとしているつぼみを出荷してしまわないように気をつけて、できるだけつぼみが咲いたばかりの「菜の花」を出荷するように気を付けたいと思います。

2022年4月 3日 (日)

令和4年4月1日の野菜セット・野菜についている土の落とし方について

4月1日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

里芋、サツマイモ、キクイモ、紅大根、ネギ、ホウレン草、ビタミン菜、菜の花

今後の野菜セットの内容の見通し・・・里芋とサツマイモの出荷が終了。ネギは4月末まで、菜の花と紅大根は4月上旬まで出荷する予定。ホウレンソウはたくさん出荷し続ける予定。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーー

里芋、サツマイモ、キクイモ、大根など、土の中に埋まっていたものを掘り出して収穫すると、土がたくさんついています。

そのままべったりと土をつけたまま出荷するわけにもいかないので、ある程度、土を落としてから袋に詰めて、野菜セットに入れています。

水で土を洗い落とす場合もありますが、野菜がピカピカになるまできれいに洗ってしまうと、却って野菜のもちが悪くなるかもしれません。少し土を残しているほうが野菜のもちは良くなるので、少し土をつけたままの状態で野菜を出荷しています。

私は野菜を料理する前に、水で満たしたボウルの中に土つきの野菜を数分間ほど浸しておきます。そうすると土が水に馴染んで、料理する時に簡単に野菜から土を洗い落とすことができます。

Dscf1491ホウレンソウの根の部分にはたくさん土がついているので、根の部分を切り除いて捨てる方もいるかもしれません。しかし、この赤っぽいホウレンソウの根の部分にたくさん栄養や甘味が詰まっています。

私はホウレンソウの根の部分を切り分けるとしばらく水に浸して、バシャバシャとかき混ぜて水洗いして土を落としてから料理しています。

2022年4月 1日 (金)

令和4年3月28日の野菜セット・ホウレンソウの状況

3月28日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

里芋、サツマイモ、キクイモ、紅大根、ネギ、ホウレン草、しろ菜、菜の花

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーー

3月上旬までのんびりと生育していたホウレンソウですが、3月下旬より生育が加速して、たくさんのホウレンソウが収穫時期を迎えています。

このまま畑にのこしていたらどんどん大きくなりすぎて袋に詰めきれなくなって出荷できなくなるので、どんどん出荷してゆきたいと思います。

P1050639 昨年の10月30日に種を播いて育てたホウレンソウ。品種は「ステイシー」。

現在、お化けのように大きくなりすぎているものも出現しているので、急いで収穫・出荷しています。

P1050634 昨年の11月6日に種を播いて育てたホウレンソウ。品種は「アウグレッド」。

現在、収穫時期を迎えています。

P1050636 今年の2月9日に種を播いて育てているホウレンソウ。品種名は「ハンター」など。

とても順調に育ちました。上は5日間くらい前に撮った写真ですが、この5日間で急激に生育が進み、現在、すでに収穫時期を迎えています。

ホウレンソウ祭り、開催!どんどん、出荷してまいります。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ