カテゴリー「歳時記」の記事

2021年6月16日 (水)

月の満ち欠けの暦・卯月の風景(5月12日~6月9日)

古来の日本人に馴染の深かった太陰暦。その暦は月の満ち欠けを基にして成り立っていました。

以下に太陰暦の卯月の頃の小林農場の風景を、写真でつづってゆこうと思います。(写真をクリックすると写真が拡大されて、もっと見やすくなります)

卯月(うづき)

  期間:今年の場合は5月12日の新月の日から6月9日の新月前日まで

ーーーーーーーーーー

P1040129_20210615045001

近所の梅の木には梅の実が実っています。収穫されて梅干しになるのでしょう。

梅の実が収穫される頃に降る雨のことを、私達は「梅雨」と呼びます。関東地方では6月7日頃に梅雨入りすることが多いです(今年は6月14日に梅雨入り)。

 

P1040138_20210615050701 P1040154

雑木林のあちらこちらで、栗の木が花を咲かせて独特な香りを辺りに振り撒いています。

しっぽのような花の穂が伸びています。

 

P1040160 畑に隣接している竹林から、地下で水平に根を伸ばして畑に侵入してきた真竹。

この時期になるとポコポコと地上に顔を現して、短期間で背丈を高く伸ばしてゆきます。マメに刈り取らないと、畑は真竹に占領されて竹林になってしまいます。

 

小林農場の地元の市貝町は雑木林に囲まれた緑豊かな里山です。

そんな市貝町を象徴する鳥と言えば・・・キジです。キジは市貝町の町鳥に指定されていて、小林農場でもよくみかける鳥です。

P1040189 顔は赤く、体は黒光りする緑。派手な見た目のオスのキジ。図体も大きいです。ケーン!ケーン!というやかましい鳴き声をよく耳にします。

走るのが好きなのか、飛ぶのが苦手なのか、私が近づくと飛ばずにバタバタと駆け足で逃げてゆきます。

 

P1040152 畑ではシュンギクが花を咲かせ始めました。その蜜を吸いにやってきたミツバチ。

P1040177 花が咲くと、いろんな虫が集まってきます。

 

 

P1040132

ホトケノザなどの春の雑草は、夏に入ろうとする今の季節に枯れます。上の写真は、繁茂していたホトケノザがとても見事に枯れている様子。その脇には夏の雑草のアザミが背丈を伸ばしています。

 

P1040144 最近、よく畑で見かけるようになった夏の雑草。アメリカフウロ。

 

P1040147 春の作物であるサニーレタスはとっくに収穫時期を終えて、収穫されずに畑に残されたサニーレタスが茎を高く伸ばして、その頂上に花を咲かせています。

このように塔が建ったような姿を「とうがたつ」と呼びます。

 

P1040102 P1040101 P1040186 P1040200

5月、育苗ハウスから次々に夏野菜の苗が畑へと巣立ってゆきました。上の写真は、畑に植えられていったカボチャ、サヤインゲン、モロヘイヤ、トマトの苗の様子。

P1040184 植えられてしばらく経った キュウリの苗の様子。

 

P1040196 P1040197

麦が熟して収穫時期を迎えると、麦畑は黄金色になります。この風景は「麦秋」と呼ばれます。

小麦にとっての「実りの秋」は、梅雨の頃に迎えます。

ーーーーーーーーーーー

次の季節は 皐月(さつき)

  期間:今年の場合は6月10日の新月の日から7月9日の新月の前日まで

     6月25日に満月

皐月の頃の二十四節気

  6月21日 夏至  昼が最も長く、夜が最も短い日。

  7月7日  小暑  暑気に入り、暑中見舞いが出される。

皐月の頃の七十二候

  6月10日頃 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) 腐った草が蒸れ、蛍になる(と昔の人々は思っていたらしい)
  6月16日頃 梅子黄(うめのみきばむ) 梅の実が黄ばんで熟す
  6月21日頃 乃東枯(なつかれくさかるる) 夏枯草(うつぼくさ)が枯れる
  6月26日頃 菖蒲華(あやめはなさく) あやめの花が咲く
  7月1日頃  半夏生(はんげしょうず)  烏柄杓(からすびゃく)が生える
  7月7日頃  温風至(あつかぜいたる) 暖い風が吹いて来る

皐月の頃の節供、雑節

  6月11日 入梅  梅雨入りの目安

  6月14日 端午  旧暦の端午の節供

  7月2日  半夏生 農事の節目。この日までに田植えを終わらせる。

皐月の頃の小林農場の風景

  ・梅雨入りする。

  ・雑木林では栗の木が花を咲かす。

  ・梅の木には実が実る。収穫すれば梅干しが作れる。

  ・我が家の庭では、ガクアジサイやアマリリスが花を咲かす。

  ・近所ではネムの木が花を咲かす(大豆の種を播く時期の目安)

  ・蝉が鳴き始める。

  ・6月下旬には雨がよく降って、トラクターで畑を耕しにくくなる。麦刈りをこの頃までには終わらせておかないと厳しい。

ーーーーーーーーー

この季節に聴きたい歌  栃木県にゆかりのある歌

小林農場の地元の栃木県では、6月15日に「県民の日」を迎えます。

そこで栃木県にゆかりのある曲を、独自に選曲してみました。

  八木節 北関東地方の民謡  この曲のカバー曲を聴くにはこちらをクリック。

    栃木県や群馬県などで歌い継がれてきた民謡。盆踊りでも踊られる。

  渡良瀬橋  作詞:森高千里,作曲:斎藤英夫  この曲のカバー曲を聴くには右をクリック。渡良瀬橋.wav

    渡良瀬橋は栃木県足利市に実在する橋。この曲が発表された後、「きれいな夕日が見れる橋」として全国に知られるようになる。

  ページをめくって  作詞・作曲/小春  この曲のカバー曲を聴くには右をクリック。人生のページをめくって.wav

    平成30年に公開された、栃木県宇都宮市を舞台にした映画「キスできるギョーザ」の主題歌。

毎年、47の都道府県の魅力度に順位をつける「魅力度ランキング」が発表されています。

しかし、それぞれの都道府県にはそれぞれの魅力があり、それを比較して順位をつけてゆこうという考え方は間違っているのではないかと、私は思っています。「魅力」なんて単純に数値化して比較できるものではありません。

魅力度ランキングでたまたま下位にされてしまった県はまるで「魅力のない県」と誤解されてしまい、気の毒です。

このようなどこかの誰かが決めた順位に一喜一憂するのはつまらないことだと思います。

例えばもしも、自分が暮らしている県が魅力度ランキングで最下位になったとしても、全く気にする必要はありません。他の人には自分の暮らしている県の魅力が分からなくても、自分自身が自分の暮らしている場所に誇りを持っていれば、それで十分です。

   

2021年5月19日 (水)

月の満ち欠けの暦・弥生の風景(4月12日~5月11日)

古来の日本人に馴染の深かった太陰暦。その暦は月の満ち欠けを基にして成り立っていました。

以下に太陰暦の弥生の頃の小林農場の風景を、写真でつづってゆこうと思います。(写真をクリックすると写真が拡大されて、もっと見やすくなります)

弥生(やよい)

  期間:今年の場合は4月12日の新月の日から5月11日の新月前日まで

P1040036 4月27日に見られた満月の様子。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

冬木立だった樹々がいっせいに葉を生やして、里山は新緑に包まれてゆきました。

P1040006 小林農場の畑に隣接している雑木林も新緑。

P1040071 我が家の隣に鎮座しているコブシの巨木も新緑。

P1040052 新緑の初々しい若葉色をじっとみつめてみる。

P1040087 新緑に混ざって白い花も見えます。おそらくミズキの花か、ヤマボウシの花でしょう。

P1040086_20210519041901 P1040100_20210519041901

P1040092_20210519042001 新緑に混ぜって紫色の花が房になって垂れ下がっています。フジの花です。

P1040040 我が家の前で咲き誇るタンポポの群れ。

P1040011 山吹色のヤマブキの花。

P1040044 菜の花。十字の形に咲く。

小松菜などのアブラナ科の植物の花の総称を「菜の花」と呼び、まだ花を咲かせる前のつぼみはおいしく食べられます。今年は桜が早い時期に開花したことが話題になりましたが、同じように今年の「菜の花」も開花するのが早かったような気がしました。

P1040048 ルッコラのきれいでしぶい花。

P1040058 P1040095

ネギ畑ではネギがつぼみをつけ始めました。ネギのつぼみは「ネギ坊主」とも呼ばれています。

P1040089 チョウが羽ばたくような形をした、赤紫色の美しい花。サヤエンドウの花。

花はやがて散って、代わって実が現れて、収穫されてゆきます。

P1040029 霜で凍るホウレン草。

4月末になってもまだ氷点下まで気温が下がって霜が降りる日があります。ジャガイモ畑で発芽したばかりのジャガイモの芽も、霜に当たって全部、茶色に枯れてしまいました。

P1040118 でも、地下の種イモはすぐに新たな芽を地上に伸ばして、ジャガイモ畑は再び緑色の芽で覆われてゆきました。

P1040106 P1040107

育苗ハウスの中でズラリと並べられた夏野菜の苗。

P1040108 P1040110 P1040111 P1040112

上の4枚の写真はそれぞれ、トマト、ナス、カボチャ、モロヘイヤの苗。間もなく、育苗ハウスから畑へと巣立ってゆきます。

P1040084

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の季節は 卯月(うづき)

  期間:5月12日の新月の日から6月10日の新月の前日まで

     5月26日に満月

  卯月の頃の二十四節気

   5月21日 小満 草木が青々と茂って天地に生気が満ちてくる

   6月5日  芒種 昔、田植えの目安とした日

  卯月の頃の七十二候  

   5月15日頃  竹笋生(たけのこしょうず) 筍が生えて来る
   5月22日頃  蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 蚕が桑を盛んに食べ始める
   5月26日頃  紅花栄(べにばなさかう) 紅花が盛んに咲く
   5月31日頃  麦秋至(むぎのときいたる) 麦が熟し麦秋となる
   6月5日頃   螳螂生(かまきりしょうず)  螳螂が生まれ出る
  

  卯月の頃の節供、雑節

   5月19日 卯月八日  旧暦の花祭り、お釈迦さまの日(昔は農耕の節目だった)

  卯月の頃の小林農場での注目点

   ・5月26日に皆既月食が見られるかも

   ・ミズキ、ヤマボウシ、フジなどの雑木林に自生している樹々の花を観賞できる

   ・近所の水田地帯で、夜になるとホタルの舞いを観賞できる。

   ・麦畑が黄金色に染まって、「麦秋」を迎える。

   ・畑に隣接している竹林に生息している真竹が畑にまで地下茎を伸ばして、畑にもタケノコが生えてくる。

   ・関東地方の梅雨入りはいつか?(麦刈りをいつ行ったらよいのか?)西日本では6月を待たずに梅雨入りしていて、関東地方もかなり早く梅雨入りするのではないかと言われている。実はすでに関東地方も梅雨入りしているという噂もある。

   ・5月30日(日)に地元の市貝町にて「SATOYAMAヘルシーマーケット」を開催。小林農場も出店。

ーーーーーーーーーーーーーーー

この季節に聴きたい曲  大河ドラマの主題曲

現在は5月5日に、昔は6月上旬頃に端午の節供を迎え、武者人形が飾られます。昔の武士の生き様は、現代の日本人の精神にも影響を与え続けています。

最新版 NHK大河ドラマ テーマ音楽全集 1963 - 2017先日、図書館から借りてきたCDアルバム「大河」。50年以上放映されてきたNHK大河ドラマの主題曲が収録されています。

武士の生き様を表現したこれらの主題曲は壮大な曲調で、「ジャパニーズ・クラシック」と呼んでもよいかもしれません。

これらの主題曲の中から特に私の気に入っている曲を以下にご紹介したいと思います。

  新選組!  作詞/三谷幸喜 作曲/服部隆之  右をクリックすると、この曲のカバー曲を試聴できます。新選組.wav

  北条時宗  作曲/栗山和樹  右をクリックすると、この曲のカバー曲を試聴できます。北条時宗2.wav  

P1040091

  

 

2021年4月15日 (木)

月の満ち欠けの暦・如月の風景(3月13日~4月11日)

古来の日本人に馴染の深かった太陰暦。その暦は月の満ち欠けを基にして成り立っていました。

以下に太陰暦の如月の頃の小林農場の風景を、写真でつづってゆこうと思います。(写真をクリックすると写真が拡大されて、もっと見やすくなります)

如月(きさらぎ)

  期間:今年の場合は3月13日の新月の日から4月11日の新月の日まで

ーーーーーーーーーーーー

Dscn4050 Dscn4058

Dscn4060 Dscn2834

Dscn4094_20210414072201 花便りが次々に届く、華やかな季節。

Dscn4126 近所の立派な桜の樹の花も満開。

どなたが管理している桜の樹なのか分かりませんが、ソメイヨシノの花が散った後に満開を迎えるので、ソメイヨシノとは違う品種なのでしょう。

Dscn4033

我が家の庭に鎮座しているコブシの巨木も、白い花を咲かせて、満開。

Dscn4066

でも、花の季節は短いです。花と入れ替わって、初々しい若葉色の葉が芽生えて、新緑の季節を迎えます。

3月の下旬までは冬木立で木肌をさらけ出していた樹々が、花を満開に咲かせて、花が散った後には新緑に包まれてゆきます。この1か月で劇的に樹々が姿を変えてゆきます。

Dscn2770 Dscn4124

モンシロチョウが舞い出てきました。カエルも跳びはね出てきました。ウグイスも鳴き始めました。ツバメも飛び始めました。

樹々の花の満開を合図にして、様々な動物たちも活動を始めました。

Dscn4028_20210415062201 ヤエムグラ。一部の畑でこの雑草がうっそうと生い茂るようになりました。

雑草の生育が勢いを増し、除草作業に時間を費やさなくてはいけない季節が始まりました。

Dscn3896_20210325071601 Dscn4048_20210414072301

この春は防寒対策を施しながら冬越しさせたサニーレタスが、3月下旬より収穫時期を迎えてくれました。

Dscn4131

ネギ畑。ネギは端境期(はざかいき)にもたくさん収穫できる、頼り甲斐のある作物です。

Dscn4107_20210415060301

収穫適期を迎えたホウレン草。この春はこのホウレン草が大活躍してくれて、小林農場の農場経営を支えてくれました。

 

Dscn4089_20210414072301

私の家の庭に積んでいたほだ木からシイタケが派生している様子。シイタケは出荷せずに、私が食べて楽しみます。

Img_0009 Img_0072

上の写真の左はナスの苗。右は発芽して間もない人参。

今は野菜の端境期(はざかいき)で出荷できる野菜の種類が少なくなっていますが、次の季節に出荷される作物はすでに芽吹いています。

Dscn4076_20210415061401 3月29日に満月が見られました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の季節は 弥生(やよい)

  期間:今年の場合は4月12日の新月の日から5月11日の新月の日まで

   (4月27日は満月の日)

  弥生の頃の二十四節気

   4月20日 穀雨 雨が降って、万物を生育させる

   5月5日  立夏 春から夏へと季節が移り変わる

  弥生の頃の七十二候

   4月14日頃 虹始見(にじはじめてあらわる) 雨の後に虹が出始める 
   4月20日頃 葭始生(あしはじめてしょうず) 葦が芽を吹き始める
   4月25日頃 霜止出苗(しもやんでなえいづる) 霜が終り稲の苗が生長する
   4月30日頃 牡丹華(ぼたんはなさく) 牡丹の花が咲く
   5月5日頃  蛙始鳴(かわずはじめてなく) 蛙が鳴き始める
   5月10日頃 蚯蚓出(みみずいづる) 蚯蚓が地上に這出る
   

  弥生の頃の雑節、節供

   4月14日 上巳 旧暦のひな祭り

   4月17日 土用 春の土用

   5月1日  八十八夜 遅霜が降りなくなる

  弥生、小林農場周辺での注目事項

   ・雑木林の新緑のまぶしくなる

   ・近所の八重桜の並木道に花が満開。見頃を迎える(山桜の花も見頃)

   ・農場周辺の草が生い茂るようになって、草刈り作業をしなくてはいけなくなる。

   ・夜道で虫の鳴き声が聞こえるようになる。

   ・夏のように暑くなる日も。上着を脱ぎ捨てるようになる。

   ・5月にも遅霜が降りるかどうか?

   

ーーーーーーーーーーーーー

この季節に聴きたい歌  桜の歌

日本では「桜」が登場する歌がたくさん作られてきました。日本人にとって桜は特別な樹なのでしょう。

歌詞の中には桜の花がきれいに咲く様子だけではなく、桜の花が散ってゆく様子も歌われることが多いです。それもまた、日本人特有の感性だと思います。

人気の「桜ソング」をメドレーにして歌ってみました。よろしかったらこちらをクリックしてお聴きください。

  「桜ソングメドレー」

   1.さくらさくら 日本古謡

   2・夜桜お七  作詞/林あまり 作曲/三木たかし

   3.さくら(独唱) 作詞:森山直太朗・御徒町凧, 作曲:森山直太朗
   4.SAKURA 作詞・作曲:水野良樹
   5.SAKURAドロップス  作詞・作曲 宇多田ヒカル

私の好きな桜ソング 「桜色舞う頃」 作詞・作曲:川江美奈子 

 こちらクリックするとこの歌のカバー曲をお聴きできます。
 四季を通して移ろいゆく人の想いと桜の樹の様子が歌われています。 

Dscn4068

 

2021年3月21日 (日)

月の満ち欠けの暦・睦月の風景 (2月12日~3月12日)

睦月(むつき)

  期間:今年は2月12日の新月の日から3月12日の新月の日まで

古来の日本人に馴染の深かった太陰暦。その暦は月の満ち欠けを基準にして成り立っていました。

以下に太陰暦の睦月の頃(2月12日~3月12日)の小林農場の風景を、写真でつづってゆこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Dscn3925 2月下旬頃まではにすっきりと晴れる日が多かったです。

Dscn3693 晴れると陽がポカポカ。お昼寝するのに良い感じでした。

 

Dscn3946 畑はすでに春草が地を這うようにして覆っています。

 Dscn3944 Dscn3868_20210320054301

上の左の写真はホトケノザ。右はオオイヌノフグリ。

ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ハコベの3つは、小林農場の畑の代表的な春草。さらにヒメオドリコソウを加えれば、春草四天王。

Dscn4009 Dscn3841_20210320055701

開花を間近に控えた木々の冬芽。上の左はボケの木のつぼみ、右はレンギョのつぼみ。

Dscn3952Dscn3987_20210320055401

畑にやって来た野鳥。

Dscn3863 春野菜の苗を温床の中で育てている様子。

Dscn3866 発芽したばかりの苗。

Dscn4000 立派に育って畑に植えられてゆく直前のキャベツの苗。

Dscn3896 Dscn3892

昨年の秋に畑に苗を植えられて、冬越しをしているサニーレタスの様子。

Dscn3826 Dscn3825

玉ねぎの苗。2月は体が小さくて弱々しかったけれども、3月に入ってたくましく伸びてきています。

Dscn3926 畑の様子。防寒のため、ビニール資材を畑に張りながら栽培。

Cimg0799 睦月の頃、2月27日に満月となりました。ちなみに、左の写真は秋の頃に撮った満月。今後はどの季節でも満月を写真に収めて、季節によって満月の様子も違うのか、見比べてみたいです。

ーーーーーーーーーー

次の季節は 如月(きさらぎ)

  期間;今年は3月13日の新月から4月11日の新月まで

  如月の頃の二十四節気

   3月20日 春分 昼夜の時間が等しくなる

   4月4日 清明 春の気が満ちて、清らかで生き生きとした様子になる

  如月の頃の七十二候

   3月15日頃 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)  青虫が羽化して紋白蝶になる
   3月20日頃 雀始巣(すずめはじめてすくう) 雀が巣を構え始める  
   3月25日頃 桜始開(さくらはじめてひらく) 桜の花が咲き始める 
   3月30日頃 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)  遠くで雷の音がし始める
   4月4日頃  玄鳥至(つばめきたる) 燕が南からやって来る
   4月9日頃  鴻雁北(こうがんきたへかえる)  雁が北へ渡って行く
 

  次の満月は3月29日(月)の夜

  如月、小林農場周辺ではここに注目

   ・次々と届く花便り(コブシ、サクラ、ハクモクレン、レンギョ、ボケなど)

   ・黄色に染まる菜の花畑

   ・蝶々が舞い始める

   ・なごり雪(名残の雪)が降るか?(昨年は桜が満開の頃になごり雪が降った)

   ・カエルが鳴き始める

ーーーーーーーーーー

この季節に聴きたくなる歌 卒業式の歌

卒業式で歌われる歌は、その後の人生にも記憶に残りやすいもの。

感動!最新卒業式ソング ベストCDアルバム「感動!最新卒業式ソング ベスト」

私が図書館から借りたCDアルバムです。卒業式で歌われる新旧の名曲を、児童合唱団による合唱で収録されています。

小林の耳に残った3曲

 ・仰げば尊し 作詞・作曲/不詳  この曲のカバー曲を聴くには右をクリック。仰げば尊し
   「蛍の光」とともに昔から卒業式で歌い継がれてきた歌

 ・巣立ちの歌 作詞/村野四郎  作曲/岩河三郎  この曲のカバー曲を聴くには右をクリック。巣立ちの歌.wav  
    私が子供の頃に卒業式で歌った歌。私と同じ世代の方々の多くはこの歌を卒業式で歌ったと思います・

 ・旅立ちの日に 作詞:小嶋登,作曲:坂本浩美  このカバー曲を聴くには右をクリック。 旅立ちの日に.wav
    私よりも若い世代の方々の多くは、この曲を卒業式で歌ったようです。

  

2020年12月30日 (水)

七十二候を追う・「鱖魚群がる(さけむらがる)」

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

12月16日から12月20日頃までの従来の七十二候は 「鱖魚群(さけむらがる)」。鮭が群れをなして川へ帰ってくる頃とされています。

小林農場では、自分の地域に合った現代版の七十二候を独自に作成しています。

12月16日から12月20日頃までの小林農場独自の七十二候は 「日が縮む 一陽来福 日が伸びる」

12月21日に冬至を迎えて、最も日が短くなる日を通過しました。

この先は再び太陽の陽が長くなってゆきます。太陽の力が復活する冬至こそが新たな1年の始まりの日です。冬至を迎えてすぐにお正月を祝って、気持ちを新たに入れ替えてゆきます。

この1年間、このブログで「七十二候を追う」シリーズを投稿して、日本の72の季節を追ってみました。再び太陽の陽が戻って新たな1年が始まりました。このシリーズもいったん、終了いたします。

Dscn3543 Dscn3544

小林農場で暮らしている、パンチじいさん(犬)と、ミヤコおばさん(猫)。

いつも裸で、夏の頃は暑さと一体となり、冬の頃は寒さと一体となり、「暑すぎる」とも「寒すぎる」とも不平不満を言うこともなく淡々と暮らしております。

「暑い」とか「寒い」とか口に出しながら暮らしているのは人間だけです。だから人間は「暦」を作りたがります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この季節に小林が選曲した「この季節の歌」 

 「冬景色」  作詞、作曲: 文部省唱歌  
   こちらをクリックするとこの歌を試聴できます。

 

 

 

2020年12月23日 (水)

七十二候を追う・「熊穴に蟄る(くまあなにこもる)」~クリスマスの準備~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

12月12日から12月15日頃までの従来の七十二候は 「熊穴に蟄る(くまあなにこもる)」。熊が穴に入って冬ごもりをする頃とされています。

小林農場では、自分の地域に合った現代版の七十二候を独自に作成しています。

12月12日から12月15日頃までの小林農場独自の七十二候は 「寒波来る 全ての水が 凍りつく」

12月14日頃より強力な寒波が日本列島を覆い、小林農場の温度計では連日、-7℃くらいまで気温が下がっています。農場内の全ての水分は凍りつき、畑は霜で真っ白になって「氷の世界」と化します。

このように12月下旬になると急に寒さが厳しくなることもあります。露地野菜の防寒作業は12月上旬までに終わらせておく必要があります。

Dscn3784 極寒の頃の風物詩。出荷場の水洗い場で形成される「つらら」。

Dscf2101 Dscf2102

ネギやほうれん草は霜に強く、早朝は霜によって凍りますが、日が出て霜が溶けると、元の状態に蘇生しています。
ーーーーーーーーーーーー

この季節に小林が選曲した「この季節の歌」 

間もなくクリスマスですね。

日本でも山下達郎などのたくさんの歌手がクリスマスソングを歌っていますが、やはりクリスマスは西洋の文化であり、西洋人が歌うクリスマスソングは格別だと私は思います。

私にとっては宝物のようなCDを皆さんにご紹介したいと思います。ぜひ皆さんにも、クリスマスに聴いていただきたいです。

That's Christmas To Me
「That's Christmas To Me」 歌手はペンタとニックス

ペンタトニックスは、世界中で活躍しているアメリカのアカペラグループです。私にアカペラという素晴らしい世界があることを教えてくれたグループです。

「That's Christmas To Me」には、アカペラにアレンジされた様々なクリスマスソングが収録されています。

このCDに収録されている曲のいくつかが、インターネット上にも公式に動画で公開されています。どうぞ下をクリックして、素晴らしいアカペラの響きをお楽しみください。 

Winter Wonderland/Don’t Worry Be Happy - Pentatonix (ft Tori Kelly)

White Winter Hymnal - Pentatonix (Fleet Foxes Cover)

ペンタトニックスへのリスペクトを込めて、私もカバーしてみました。よろしければ右をクリックしてお聴きください。White Winter Hymnal  

 

2020年12月21日 (月)

七十二候を追う・「閉寒く冬と成る(そらさむくふゆとなる)」~キリについても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

12月7日から12月11日頃までの従来の七十二候は 「閉寒く冬と成る(そらさむくふゆとなる)」。天地の陽気がふさがり、真冬が訪れる頃とされています。

小林農場では、自分の地域に合った現代版の七十二候を独自に作成しています。

12月7日から12月11日頃までの小林農場独自の七十二候は 「キツツキが 音を響かせ 姿見せ」

キツツキ(おそらくコゲラなど)がコツコツと小気味良く樹をつつく音を、ときどき耳にします。今は落葉樹は全ての葉を落として冬木立ちになっているので、キツツキが樹をつついている姿が丸見えです。

ーーーーーーーーー

Dscn3782 近所で大きく生育している樹の冬木立。

おそらく、キリの樹だと思います。枝がカクカクと折れ曲がりながら伸びてゆく武骨な樹形が、私は好きです。

Dscn3793 橙色のカラスウリの実がすだれのようにぶら下がっています。

カラスウリはツル性の植物で、すぐ近くの樹にツルを巻きつかせながら登ってゆきます。樹が落葉すると、それに巻きついた橙色のカラスウリの実が目立ちます。

Dscn3797 コブシの冬芽。

コブシの葉は全て落葉し、冬芽がたくさん芽吹いている様子が目立ちます。落葉している最中にも、すでに冬芽が芽吹いていました。

ーーーーーーーーーー

この季節に小林が選曲した「この季節の歌」 

 「冬の星空」  作詞:W.S.Hays,作曲:W.S.Hays 訳詞:堀内敬三  
   右をクリックするとこの歌を試聴できます。冬の星空 



2020年12月16日 (水)

七十二候を追う・「橘始めて黄なり(たちばなはじめてきなり)」~コウチュウ類の幼虫についても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

12月2日から12月6日頃までの従来の七十二候は 「橘始めて黄なり(たちばなはじめてきなり)」。橘の実がだんだん黄色くなってゆく頃とされています。

小林農場では、自分の地域に合った現代版の七十二候を独自に作成しています。

12月2日から12月6日頃までの小林農場独自の七十二候は 「夜空澄み すぐに見つかる オリオン座」

寒くなればなるほど、夜の星が凛と輝きます。星座に詳しくない私でも、すぐにオリオン座を見つけることができます。

ーーーーーーーーー

Dscn3704

上の写真の大きな幼虫は、カブトムシの幼虫。その下の少し小さな幼虫は、おそらくクワガタムシの幼虫。

コガネムシの幼虫もこれらとそっくりな姿をしていますが、クワガタムシの幼虫よりもさらに小さいです。

Dscn3774

堆肥の材料などに使うモミガラを大量に山積みして保管していますが、そのようなモミガラの山の中などに幼虫が生息して越冬しています。

堆肥やモミガラの山をほじくれば、ゴロゴロとカブトムシの幼虫がたくさん見つかります。

ーーーーーーーーーー

この季節に小林が選曲した「この季節の歌」 

 「かあさんの歌」  作詞・作曲/窪田 聡 
  右をクリックするとこの歌を試聴できます。77曲目 かあさんの歌 


 

2020年12月13日 (日)

七十二候を追う・「朔風葉を払う(さくふうはをはらう)」~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

11月27日から12月1日頃までの従来の七十二候は 「朔風葉を払う(さくふうはをはらう)」。冷たい北風が、木々の葉を払い落とす頃とされています。

小林農場では、自分の地域に合った現代版の七十二候を独自に作成しています。

11月27日から12月1日頃までの小林農場独自の七十二候は 「日が縮む 小春日和の ありがたさ」。

紅葉の季節から落葉の季節への移り変わり。巨木がすっかり葉を落として、その樹形をさらしています。その足元には、色とりどりの紅葉が地を染めています。

すっかり日が短くなりました。昼の2時ごろには次第に太陽の陽が弱まり、夕方4時ごろには畑は冷え込みます。次の日の朝9時頃まで畑に霜が残って凍っていますが、その後は太陽がポカポカと陽を降らせて、真昼には昼寝するのにちょうど良い陽気になります。

初冬の陽気を「小春日和」と呼びますが、この短時間の小春日和が寒さに凍った体にとても優しく感じます。

ーーーーーーーー

Dscf0121

農場の周辺にはたくさんの樹木が生育しています。散歩の途中、落ち葉を採取してみました。写真の左上は、たぶんクヌギの葉。その右隣はイチョウ、その右隣はイロハモミジ。左下の細長の葉はクリ、その隣の広くて楕円形なのはコブシ。右下の一番大きな葉はなんでしょうか。エノキかな?

ーーーーーーーーー

この季節に小林が選曲した「この季節の歌」 

  「こぎつね」  ドイツ民謡  作詞/勝承夫
   右をクリックするとこの歌を試聴できます。    78曲目 こぎつね 

2020年11月28日 (土)

七十二候を追う・「虹蔵れて見えず(にじかくれてみえず)」~メタセコイア(曙杉)についても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

11月22日から11月26日頃までの従来の七十二候は 「虹蔵れて見えず(にじかくれてみえず)」。虹を見かけることが少なくなる頃とされています。

小林農場では、自分の地域に合った現代版の七十二候を独自に作成しています。

11月22日から11月26日頃までの小林農場独自の七十二候は 「紅葉が 風に吹かれて 冬木立」。

紅葉の季節から落葉の季節への移り変わり。巨木がすっかり葉を落として、その樹形をさらしています。その足元には、色とりどりの紅葉が地を染めています。

ーーーーーーーーーーーー

Dscn3732 近所の運動場に植えられている針葉樹の紅葉。

多くの針葉樹の葉は常緑なので、紅葉する針葉樹は珍しいです。おそらくメタセコイア(曙杉)だと思います。

メタセコイアは恐竜時代にはすでに地球上に生息していたようです。すでに絶滅したと思われていましたが、1945年に中国で「生き残り」が発見されて、今では増殖されて様々な場所に植えられているのを見られるようになりました。「生きた化石」として有名。

Dscn3743 メタセコイアの落葉。線形の葉が羽根のように対になってつきます。

ーーーーーーーーー

この季節に小林が選曲した「この季節の歌」 

 「星めぐりの歌」  作詞・作曲/宮沢 賢治

  右をクリックするとこの歌を試聴できます。80曲目 星めぐりの歌     

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ