« 「五十節」の第四十九節目 「セキレイが 姿を見せる」  ~12月13日から12月20日頃まで~ | トップページ | 多忙を極めてゆく畑  令和5年6月19日 »

2023年12月22日 (金)

「五十節」の第五十節目 「日、短く 人間、弱る」 ~12月20日から12月22日頃まで~

小林農場の独自の暦・「五十節」では、夜空の月が上弦(🌓)となる12月20日から冬至を迎える12月22日頃までが第五十節目となります。

第五十節目の季節名は「日、短く 人間、弱る」です。冬至を迎えて、最も日が短くなります。「年の瀬寒波」もやって来て、冬の寒さが本格的に厳しくなり始めて、人間の心身も弱まりやすくなります。

この時期になると私の指先と足の踵のあちらこちらがアカギレで切れて、何をするにも痛くて、バンソウコウを貼って応急処置しながら暮らすことになります。

例年ではこの時期より風邪が急激に流行し始めます(今年はすでに風邪が流行し始めているけれども)。寒さが厳しくなって体の免疫力も落ちてゆくので、十分に睡眠をとるなどして体をいたわりたいです。

厳しい寒さで心身が折れて、けっこうボロボロになっている頃に、嬉しい大晦日とお正月がやって来てくれます。

ーーーーーーーーーーー

小林農場の独自の暦・「五十節」とは何か?詳しくはこちらをクリックしてご覧ください

小林農場の独自の暦・「五十節」は、日が最も短くなって、これより日が再び長くなり始める冬至の日(12月22日)が一年の終わりの日であり、同時に、新たに始まる一年の元日となります。

今年も冬至の日を迎えて、令和6年度の「五十節」が新たに始まります。

以下はこれまでの一年の令和5年度の「五十節」の総覧です。

令和5年度の五十節・総覧

第一節目 「冬日和 夕焼け燃える」 ~12月22日から12月30日頃まで~

第二節目 「水、凍り 霜、地を覆う」~12月30日から1月7日頃まで~

第三節目 「野草の葉 赤く霜焼け」~1月7日から1月15日頃まで~ 

第四節目 「春草の 花が輝く」~1月15日から1月22日頃まで~  

第五節目 「関東に 雪、降り積もる」~1月22日から1月29日頃まで~ 

第六節目 「水ぬるむ 土はほぐれる」~1月29日から2月6日頃まで~ 

第七節目 「梅の花 弾けて咲いて」 ~2月6日から2月14日頃まで~

第八節目 「風が吹き 諸々、揺らす」 ~2月14日から2月20日頃まで~ 

第九節目 「スギ花粉 人に漂う」 ~2月20日から2月27日頃まで~ 

第十節目 「アブラナの 蕾、現る」 ~2月27日から3月7日頃まで~ 

第十一節目 「コブシの木 目覚めて動く」 ~3月7日から3月15日頃まで~ 

第十二節目 「白い蝶 花を舞い飛ぶ」 ~3月15日から3月22日頃まで~

第十三節目 「桜咲く 百花繚乱に」 ~3月22日から3月29日頃まで~

第十四節目 「ケヤキの木 新緑芽吹く」 ~3月29日から4月6日頃まで~

第十五節目 「コナラの葉 里山覆う」 ~4月6日から4月13日頃まで~

第十六節目 「カエルたち 合唱響かす」 ~4月13日から4月20日頃まで~

第十七節目 「ツバメ来る 踵をかえす」 ~4月20日から4月28日頃まで~ 

第十八節目 「フジ、ミズキ 山を彩る」 ~4月28日から5月6日頃まで~

第十九節目 「霜が止む 苗は田畑へ」 ~5月6日から5月12日頃まで~

第二十節目 「エゴノキの 花、垂れ下がる」 ~5月12日から5月20日頃まで~ 

第二十一節目 「蛍、舞う 光がゆらぐ」 ~5月20日から5月28日頃まで~

第二十二節目 「マダケ、出る 地下にも伸びる」 ~5月28日から6月4日頃まで~ 

第二十三節目 「栗の花 山を彩る」 ~6月4日から6月11日頃まで~ 

第二十四節目 「雨、続き 畑、乾かず」 ~6月11日から6月18日頃まで~ 

第二十五節目 「日、伸びきり 夜、縮みきる」 ~6月19日から6月26日頃まで~  

第二十六節目 「キリギリス キリキリと鳴く」~6月26日から7月3日頃まで~  

第二十七節目 「蝉の声 ずっと降りしきる」 ~7月3日から7月10日頃まで~ 

第二十八節目  「雷雨来て 熱を抑える」 ~7月10日から7月18日頃まで~

第二十九節目 「ヤマユリが 花を咲かせる」 ~7月18日から7月26日頃まで~ 

第三十節目 「コオロギが コロコロと鳴く」~7月26日から8月2日頃まで~

第三十一節目 「鳴き響く ツクツクボウシ」 ~8月2日から8月8日頃まで~

第三十二節目 「夏と秋 雲が行き合う」 ~8月8日から8月16日頃まで~

第三十三節目  「スズムシが 甲高く鳴く」 ~8月16日から8月24日頃まで~

第三十四節目 「桜の葉 色づき落ちる」 ~8月24日から8月31日頃まで~ 

第三十五節目 「雨風が 作物倒す」 ~8月31日から9月7日頃まで~

第三十六節目 「チカラシバ 穂を掲げ立つ」 ~9月7日から9月15日頃まで~ 

第三十七節目  「クリの木が 毬、実を落とす」 ~9月15日から9月23日頃まで~

第三十八節目 「ススキの穂 風に揺られる」 ~9月23日から9月29日頃まで 

第三十九節目  「赤トンボ 飛び交って止まる」  ~9月29日から10月6日頃まで~

第四十節目 「アラカシの ドングリ、落ちる」  ~10月6日から10月15日頃まで~

第四十一節目 「セイタカの 花が泡立つ」 ~10月15日から10月22日頃まで~ 

第四十二節目 「ひっつき虫 服にくっつく 」 ~10月22日から10月30日頃まで~

第四十三節目 「サザンカの 花、咲いて散る」 ~10月30日から11月5日頃まで~

第四十四節目 「マガモ来る 水面(みなも)に浮かぶ」 ~11月5日から11月13日頃まで~

第四十五節目 「霜が降り 毎朝、凍る」 ~11月13日から11月20日頃まで~

第四十六節目 「モミジの葉 紅色に燃ゆ」 ~11月20日から11月27日頃まで~

第四十七節目 「虫の声 消えて静寂」 ~11月27日から12月5日頃まで~

第四十八節目 「コブシの葉 落ちては積もる」 ~12月5日から12月13日頃まで~

第四十九節目 「セキレイが 姿を見せる」  ~12月13日から12月20日頃まで~

第五十節目 「日、短く 人間、弱る」  ~12月20日から12月22日頃まで~

Img_20231221_080732_20231222061201

 

 

« 「五十節」の第四十九節目 「セキレイが 姿を見せる」  ~12月13日から12月20日頃まで~ | トップページ | 多忙を極めてゆく畑  令和5年6月19日 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ