« 令和5年12月15日の野菜セット・人参の防寒について | トップページ | 「五十節」の第五十節目 「日、短く 人間、弱る」 ~12月20日から12月22日頃まで~ »

2023年12月21日 (木)

「五十節」の第四十九節目 「セキレイが 姿を見せる」  ~12月13日から12月20日頃まで~

小林農場の独自の暦・「五十節」では、夜空の月が新月(🌑)となる12月13日から上弦(🌓)となる12月20日頃までを第四十九節目となります。

第四十九節目の季節名は「セキレイが 姿を見せる」です。ハクセキレイを畑でよく見かけるようになります。

第四十九節目の小林農場周辺の風景を、写真でつづってまいりたいと思います。

(小林農場の独自の暦・「五十節」とは何か?詳しくはこちらをクリックしてご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーー

Img_20231219_132835 Img_20231219_132900

小林農場の敷地内に鎮座しているコブシの巨木の現在の様子。

Img_20231220_112107 ハクセキレイ。

地上に降りてくると、長い尻尾をフリフリと振りながら跳びはねている姿が愛らしいです。関東平野には冬になると北から渡って来るようですが、一年中、関東平野で暮らしているものもいるらしいです。小林農場の畑では冬に入るとよく見かけるようになるので、小林農場ではハクセキレイは冬の鳥です。

虫の鳴き声がすっかり消えるこの季節は、鳥の鳴き声が目立つようになります。ときどきキツツキ(アカゲラなど)が木の幹を叩いている音がこだましています。カラスの鳴き声はどの季節でも目立ち、季節感のない鳥だと思います。

Img_20231220_112528 コナラの木もほぼ全ての葉を落として、ほぼ全ての落葉樹が落葉を終えようです。

Img_20231220_112458 落葉樹と常緑樹が混在する周辺の雑木林。

Img_20231219_151655 Img_20231219_152639

年末になると「年末寒波」がやって来て葉物野菜の葉が霜枯れして出荷しにくくなります。今年はまだ強烈な寒波はやって来ていないようで、いつもの年末と比べると暖かく、葉物野菜の葉もあまり霜枯れしていないので、出荷しやすい状態です。

Img_20231219_151627 Img_20231219_151642

今年の夏の猛暑の悪影響により、白菜の生育は遅れてしまいました。この時期になっても固く結球してくれていません。もう気温がずいぶん下がってきているので、今後は生育が進まず、結球しないでしょう。でも、結球していない白菜も、おいしく食べられます。結球していなくても、出荷しちゃいましょう。

Img_20231219_152410 Img_20231219_152456

11月に播いたサヤエンドウやソラマメの種は順調に発芽してくれています。越冬した後、次の年の5月頃に収穫時期を迎えます。

Img_20231220_170304 まもなく1年で最も日の短くなる冬至を迎えます。

 

 

 

 

« 令和5年12月15日の野菜セット・人参の防寒について | トップページ | 「五十節」の第五十節目 「日、短く 人間、弱る」 ~12月20日から12月22日頃まで~ »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ