« 家庭菜園 対 小林農場   令和5年5月26日 | トップページ | 令和5年11月24日の野菜セット »

2023年11月30日 (木)

「五十節」の第四十六節目 「モミジの葉 紅色に燃ゆ」 ~11月20日から11月27日頃まで~

小林農場の独自の暦・「五十節」では、夜空の月が上弦(🌓)となる11月20日から満月(🌕)となる11月27日頃までが第四十六節目となります。

第四十六節目の季節名は「モミジの葉 紅色に燃ゆ」です。近所のイロハモミジが紅葉して、燃えているように赤色に染まっています。

第四十六節目の小林農場周辺の風景を、写真でつづってまいりたいと思います。

(小林農場の独自の暦・「五十節」とは何か?詳しくはこちらをクリックしてご覧ください

ーーーーーーーーーー

Img_20231126_150836 Img_20231126_150904

小林農場の敷地内に鎮座しているコブシの巨木の現在の様子。

Img_20231127_130543 Img_20231128_101510

里山の木々が順番に紅葉していますが、近所のイロハモミジもようやく紅に染まりました。

Img_20231125_101642Img_20231123_152125

11月下旬、さらに色を濃くする里山の紅葉。この秋は11月下旬が里山の雑木林の紅葉の見頃だったと思います。12月に入った後は、おそらく葉がずいぶんと落葉して、木々はスカスカとなっていると思います。

Img_20231128_160709 夕方に、西日を浴びて黄金色に輝く雑木林。

Img_20231130_044925 雑木林の地面に積もっていた落ち葉。形も色もいろいろ。細長いのはクリの落ち葉。少し頭デッカチな円形のコブシの落ち葉。丸いカキの落ち葉。薄紅色のヤマザクラの落ち葉。イチョウ色でイチョウ型をしたイチョウの落ち葉。

Img_20231128_155016 とても大きなホオノキの落ち葉。

Img_20231129_114456 近所の耕作放棄地の様子。秋の頃まではクズなどの雑草に覆われて青々としていましたが、それらが黒焦げに枯れて、冬の景色が広がっています。

Img_20231129_114117 Img_20231128_152122

玉ネギの苗を苗床から取り出して、一本一本、畑に植えています。来年の5月以降に玉ネギが収穫・出荷されます。

Img_20231129_114152 今年の玉ネギの苗は例年と比べて細く、少し心配です。大事に育てます。

« 家庭菜園 対 小林農場   令和5年5月26日 | トップページ | 令和5年11月24日の野菜セット »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ