« 令和5年10月16日の野菜セット・無農薬栽培を行うために。そして、小林農場が描く未来像について。 | トップページ | 野山の山菜のようにたくましく  令和5年4月20日 »

2023年10月18日 (水)

「五十節」の第四十節目 「アラカシの ドングリ、落ちる」  ~10月6日から10月15日頃まで~

小林農場の独自の暦・「五十節」では、夜空の月が下弦(🌗)となる10月6日から新月(🌑)となる10月15日頃までが第四十節目となります。

第四十節目の季節名は「アラカシの ドングリ、落ちる」です。アラカシの木に実っていた青いドングリが地面に落下してゆき、茶色になってたくさん転がっています。

第四十節目の小林農場周辺の風景を、写真でつづってまいりたいと思います。

(小林農場の独自の暦・「五十節」とは何か?詳しくはこちらをクリックしてご覧ください

ーーーーーーーーーー

Img_20231018_133438 我が家の目の前に鎮座しているコブシの巨木の現在の様子。

Img_20231018_133204 Img_20231017_145922 我が家の目の前で鎮座しているアラカシの巨木。

先月よりたくさんの丸くて青い果実(ドングリ)が実っていました。今月より地面にドングリをたくさん落として始めました。青かったドングリは落下してから数日後、やがて茶色に変わり、私達がよく知っているドングリの姿になりました。

Img_20231018_133134Img_20231018_130914 我が家の目の前で自生しているクリの巨木。

他の野生のクリの木よりも少し遅れて、現在はボタボタとたくさんの毬(いが)とクリを落としています。たくさんクリを拾ってたくさんおいしく食べましたが、あまりにたくさんクリが落ちていて拾いきれず、食傷気味。

Img_20231018_132422_20231018143001 近所の雑木林では、すでにコナラなどの木からたくさんのドングリが地面に落ちて散乱しています。

Img_20231016_070143 Img_20231016_070210 早朝がすっかり冷え込む時期になりました。早朝の草に生じる露が白く光り、地面が青白く見えます。

Img_20231018_104457 菊の花が咲く頃に秋晴れも多くなります。昔から秋晴れを「菊晴れ」とも言うようです。ちなみに、上の写真の花は、小林農場の畑で育てているキクイモの花です。

Img_20231018_121358 Img_20231018_121348 収穫時期を迎える葉物野菜。

まだ気温の高い9月頃までは害虫の活動が活発で、葉物野菜の葉は害虫に食べられて穴だらけにされて出荷できない場合が多いです。畑のあちらこちらで害虫に食べ尽くされた作物が目立ち、痛々しい光景を目にすることになります。

10月の中旬頃になると害虫の活動はすでに止んでいて、作物がきれいな姿で収穫時期を迎えられるようになります。畑が息を吹き返してくれたような、農家の気分をホッとさせてくれるような空気に包まれてゆきます。

« 令和5年10月16日の野菜セット・無農薬栽培を行うために。そして、小林農場が描く未来像について。 | トップページ | 野山の山菜のようにたくましく  令和5年4月20日 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ