« 令和5年6月26日の野菜セット・マダケのタケノコについて | トップページ | 菌の住みやすい国  令和5年1月12日 »

2023年6月29日 (木)

「五十節」の第二十五節目 「日、伸びきり 夜、縮みきる」 ~6月19日から6月26日頃まで~ 

小林農場の独自の暦・「五十節」では、夜空の月が新月(🌑)となる6月18日から上弦(🌓)となる6月26日頃までが第二十五節目となります。

第二十五節目の季節名は「日、伸びきり 夜、縮みきる」です。6月21日に夏至を迎えて、1年で最も昼の時間が長くなりました。以後、冬至に向かって、昼の長さがだんだんと短くなってゆきます。「五十節」も二十五節目を迎えて、折り返します。

第二十五節目の小林農場周辺の風景を、写真でつづってまいりたいと思います。

(小林農場の独自の暦・「五十節」とは何か?詳しくはこちらをクリックしてご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーー

Img_20230627_152808-2 小林農場の敷地内に鎮座しているコブシの巨木の現在の様子。

Img_20230627_153202-2 拳(こぶし)のようにゴツゴツとした形をした実が、姿を現し始めています。

Img_20230625_190855 Img_20230627_190856 我が家からの風景を撮影。左の写真は早朝4時に撮影。右の写真は夕方7時に撮影。1年で最も昼が長くなる夏至の頃は、早朝の4時から夕方の7時まで畑仕事ができます。

Img_20230627_152706 昼は長いけれども日照時間がそんなに長いわけではなく、梅雨空が広がる時間が多いです。でも梅雨の晴れ間もあり、ときどき畑も乾いてトラクターを入れて耕すことができます。先日は麦畑の麦も少し乾き、なんとか収穫しました。

Img_20230627_061937 Img_20230627_061959 小林農場の畑に隣接しているマダケの竹林。マダケはこの時期になると地下茎を畑に伸ばして侵入して、畑のあちらこちらにタケノコを生やします。このまま放置していると畑が竹林に侵食されてしまうので、次々に伸びてくるタケノコを次々に刈り倒してゆかないといけません。

この春にはかなりのマダケを刈り倒して竹林を減少させたのですが、昨年までと同じように畑に侵入してきます。その図太い繁殖力にはあきれます。

Img_20230627_062615_20230629065601 マダケのタケノコはおいしく食べられます。勝手に生えてくるのであれば、せっかくだから刈り取って食べて楽しみたいと思います。そうしながらマダケの繁殖を防ぎたいと思います。4月に生えてくるモウソウチクのタケノコはクワなどの道具で掘り取ったりして収穫するのが大変ですが、マダケのタケノコは手でポキッと折るだけで簡単に収穫できます。

Img_20230623_061735 春草のハコベが枯れている様子。春草のハコベやカラスノエンドウなどが一面に繁茂していた畑では、梅雨に入った今の時期、いっせいにきれいに枯れて、枯草の絨毯が敷かれたようになっています。

Img_20230626_072248 これより収穫時期を迎えるサヤインゲン。小さな白い花をたくさん咲かせています。花の中で受粉が行われて実が実って、収穫されます。

Img_20230626_072053-3 ハチが花を飛び回っている様子。

ハチは花の蜜を吸いに花を飛び回るのですが、そのハチの体に花粉がくっついて、たくさんの花にハチが花粉を運んでくれることにより受粉が行われやすくなります。受粉を手伝ってくれるハチなどの虫のおかげで私達はサヤインゲンやキュウリやカボチャやズッキーニなどを収穫することができます。

Img_20230625_084419 最近、よく小林農場の敷地にやって来る猫。

Img_20230625_084504 そして、最近、よくやって来るヘビ。猫と同じくらいかわいらしい顔をしています。

« 令和5年6月26日の野菜セット・マダケのタケノコについて | トップページ | 菌の住みやすい国  令和5年1月12日 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ