« 令和5年3月27日の野菜セット・サツマイモについて | トップページ | 農体験を分かち合う 令和4年10月6日 »

2023年3月29日 (水)

「五十節」の第十三節目 「桜咲く 百花繚乱に」 ~3月22日から3月29日頃まで~

小林農場の独自の暦・「五十節」では、夜空の月が新月(🌑)となる3月22日から夜空の月が上弦(🌓)となる3月29日頃までが「第十三節目」となります。

第十三節目の季節名は「桜咲く 百花繚乱に」です。桜をはじめ、これまで冬木立ちの姿をしていた木々がいっせいに花を咲かせて、風景がぱっと華やかになってゆきます。

第十三節目の小林農場周辺の風景を、写真でつづってまいりたいと思います。

(小林農場の独自の暦・「五十節」とは何か?詳しくはこちらをクリックしてご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

P1100280 P1100238 我が家の目の前に鎮座しているコブシの巨木の現在の様子。一足先に純白の大きな花を咲かせていましたが、今は花を散らして新葉を生やして、新緑の時期へ移ろうとしています。

P1100204 5日ほど前に撮った花爛漫のコブシの巨木。コブシの花の観賞を楽しめるのは1年でわずか10日間ほどです。

P1100268 コブシの花が開花したのを合図にして、それまで冬木立ちだった他の木々も花を咲かせ始めています。我が家の庭のソメイヨシノも3月22日に5輪以上の花を咲かせて開花宣言いたしました。

P1100267 ほぼ満開のソメイヨシノの花。

P1100269 むせかえるように力強い黄色。レンギョウの花。

P1100275 しっとりと伸びてゆくユキヤナギの白い花の尾。

P1100244 近所にはボケの真っ赤な花の姿も。

P1100285 花に誘われて飛んできた鳥。ウグイスの「ホーホケキョ」という鳴き声もよく耳にするようになってきました。

P1100212 カエルの姿もよく見かけるようになりました。

P1100249 P1100252 畑でもサヤエンドウがすでに赤紫色の美しい花を咲かせています。サヤエンドウは5月上旬より実を収穫する予定です。

P1100227 P1100233 温床の中では、ナスやピーマンの種が発芽し始めました。すでに夏野菜の苗作りも始まっています。

参照・この季節の季語

 山笑う 燕 春泥 茎立 土筆 野蒜 蕨 薇 花吹雪 囀 朧 葱坊主 菜の花

« 令和5年3月27日の野菜セット・サツマイモについて | トップページ | 農体験を分かち合う 令和4年10月6日 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ