« 無農薬栽培の筋   令和4年2月3日 | トップページ | 大暑・新月の頃の言葉と歌 ~小林農場周辺の情景(7月14日から7月29日まで) »

2022年8月 1日 (月)

令和4年7月29日の野菜セット・ピーマンの品種について

7月29日の野菜セット(2000円セット)の内容です。

玉ねぎ、キュウリ、ナス、ピーマン、ズッキーニ、オクラ、サヤインゲン、モロヘイヤ、ニラ、青しそ、ミニトマト

今後の野菜セットの内容・・・ニラ、ズッキーニの出荷が終了へ。ナス、キュウリ、ピーマンは秋になるまで出荷する予定。モロヘイヤもたくさん出荷。オクラも少しずつ出荷。

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーー

Cimg1712 Cimg1710

ピーマン畑の様子。

Dscf5503 今回、収穫されたピーマン。

ピーマンが最盛期を迎えていて、大きな実がたくさん収穫されています。

今年の小林農場で栽培しているピーマンの品種は2種類。一つは「ニューエース(タキイ交配)」。もう一つは「カリフォルニアワンダー(野口種苗研究所育成)」。

どちらも実が大きくなり、皮が肉厚になるのが特徴です。小林農場の畑ではこれらの品種は7月上旬まではなかなか実が大きくならず皮も薄かったのですが、7月下旬頃より本来の特徴を発揮し始めてきました。

皮が肉厚になると、ピーマンの苦味が和らいでゆくような感じがします。肉厚となってきた現在の小林農場のピーマンの味は、苦味が好きな大人達には物足りなく感じるかもしれませんが、普段は苦いピーマンを嫌う子供達はこのピーマンならばおいしく食べてくれるかもしれません。

「ピーマンは栄養があるから」と言って、ピーマンを食べることを嫌がる子供達に無理してピーマンを食べさせる必要はないと思います。今はピーマンが食べられない子供達も、大人になれば自然に食べられるようになるのではないでしょうか。

« 無農薬栽培の筋   令和4年2月3日 | トップページ | 大暑・新月の頃の言葉と歌 ~小林農場周辺の情景(7月14日から7月29日まで) »

野菜セット」カテゴリの記事

ピーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無農薬栽培の筋   令和4年2月3日 | トップページ | 大暑・新月の頃の言葉と歌 ~小林農場周辺の情景(7月14日から7月29日まで) »

フォト
無料ブログはココログ