« 作物生育追跡撮影・春野菜の苗の植え付け直前の様子 3月13日撮影 | トップページ | 令和4年3月18日の野菜セット・菜の花について »

2022年3月19日 (土)

「全国有志医師の会による国会への誓願書への署名のご協力をお願い」

「全国有志医師の会」が、「新型コロナワクチン接種の中止を求める請願書」を国会に提出する予定です。

詳細については、栃木県の那須烏山市の医師、本間真二郎さんのSNSのページに掲載されています。以下をクリックしてご覧ください。

「有志医師の会による国会への誓願書への署名のご協力をお願いします」

現在、請願書に賛同する人達に署名を呼びかけています。私も署名しました。

私と同じように新型コロナワクチン接種の安全性に疑問を感じていらっしゃる皆さんも、請願書の内容に賛同するのならば、ぜひ、署名していただきたいと思います。

署名の期限は3月25日までです。

全国有志医師の会は、それぞれのホームページで「子供達への新型コロナワクチン接種に反対する」と声明を出して、なぜ子供達が新型コロナワクチンを接種しないほうがよいのか説明しています。

以下には栃木県有志医師の会による説明が掲載されています。どうぞご覧ください。

栃木県有志医師の会 のホームページ

以下は他の有志医師会の一覧

北海道有志医師の会 東北有志医師の会 関東有志医師の会 名古屋有志医師の会 東海有志医師の会 関西有志医師の会 中国地方医師の会 中四国医師の会 九州有志医師の会 沖縄有志医師の会

ーーーーーーーー

あらゆるところに様々な菌やウイルスが生息していて、私達は普段からそれらに感染しながら暮らしています。

インフルエンザウイルスなど、様々な病原ウイルスにも自然に感染して、自然に免疫を身につけて、そのようにして私達は病原ウイルスとも共存してきました。

しかし多くの人々は、新型コロナウイルスに自然に感染してゆくことを拒絶して、外出自粛や三密回避や感染者の隔離などの厳しい感染予防対策を実施してきました。その結果、私達の心身の健康や、私達の医療や経済や日常の人間関係などに深刻な副作用が生じてしまいました。

新型コロナワクチンは「遺伝子操作技術」によって開発された、従来のワクチンとは全く違う未知のワクチンであり、接種された人々の健康に今後、どのような影響を及ぼしてゆくのかよくわかっていなくて、安全性が十分に確かめられていません。それでも大勢の人々は、「新型コロナウイルスは特別に危険なウイルスだから、早くワクチンを接種しておいたほうがよい」と考えて、未知の遺伝子操作ワクチンを接種しました。

厚生労働省の報告によると、今までに日本国内で1400名以上の人達が新型コロナワクチンを接種した後に急死して、それらの死亡はワクチン接種の副作用が原因ではないかと疑われています。それでも日本政府はワクチン接種を国民に推進することをやめようとしません。

そして3月より、政府は10歳未満の幼い子供達にもこのワクチンを接種することを承認しました・・・

コロナ禍とは、新型コロナウイルスによって引き起こされた天災ではなくて、私達がこのウイルスを過度に恐れることによって自ら引き起こしてしまった人災なのかもしれない。

もしも人災ならば、私達がこのウイルスを過度に恐れることをやめて、過度な感染防止対策をやめれば、私達はコロナ禍を終わらせることができる。

 

« 作物生育追跡撮影・春野菜の苗の植え付け直前の様子 3月13日撮影 | トップページ | 令和4年3月18日の野菜セット・菜の花について »

その他」カテゴリの記事

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ