« 過渡期   令和3年7月29日 | トップページ | もっと明るく暮らせるはず  令和3年10月14日 »

2022年1月28日 (金)

令和4年1月24日の野菜セット・種苗会社が種を生産する現場の様子

(令和4年1月11日に記入・メールに関する重要なお知らせ)

小林農場のメールのアドレスが変更します。詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。

現在の小林農場の新たなメールのアドレスは、 kobayashikazaie@gmail.com です。

旧アドレス(kobayashi7kazahiko@yahoo.co.jp)のメールは、現在は使用できません。

ーーーーーーー

1月24日の野菜セットの内容です。

人参、大根、カブ、里芋、白カボチャ、ゴボウ、ネギ、白菜、ホウレン草、油菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーー

2月に入ると春野菜の種まきが始まり、11月頃まで様々な野菜の種が播かれてゆきます。

様々な種苗会社から種を購入していますが、最もたくさんの種を購入している種苗会社は「トーホク」だと思います。トーホクは地元の栃木県を拠点にしている種苗会社なので、身近なところでトーホクの種を入手しやすいです。

そのトーホクのホームページには、種がどのように採られてどのように販売されているのか、たくさんの写真を載せながら詳しく公開しいて、自分が購入している種のできるまでを確認することができました。ご興味のある方は、下をクリックしてご覧ください。

世界の現場から(採種場での作業の様子)

話のタネ(採種された種が商品として販売されるまでの様子)

 

他にも

・タキイ(京都府) ・サカタ(神奈川県) ・カネコ(群馬県) ・トキタ(埼玉県) ・ナント(奈良県)

などの種苗会社からも種を購入しています。

種苗会社が販売している種の多くが海外の畑で採られていて、日本国内の畑で採られている種は少ないです。今年は少しでも国内の採種場を応援しようと思い、国産の種をできるだけ購入してみたいと考えています。

以下は国産の種を購入しやすい販売先です。

・自然農法国際研究開発センター(長野県) ・つる新種苗店(長野県) ・野口種苗店(埼玉県)・日本有機農業研究会の種苗部

 

« 過渡期   令和3年7月29日 | トップページ | もっと明るく暮らせるはず  令和3年10月14日 »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 過渡期   令和3年7月29日 | トップページ | もっと明るく暮らせるはず  令和3年10月14日 »

フォト
無料ブログはココログ