« 令和3年4月30日の野菜セット・ネギ坊主について | トップページ | 緑色をした堆肥  令和2年10月29日 »

2021年5月 4日 (火)

令和3年5月3日の野菜セット・雹や霜のある天候について

今回の内容です。

サツマイモ、ヤマイモ、カブ、二十日大根、ネギ、キヌサヤエンドウ、リーフレタス、ケール、みず菜、山東菜、ミツバ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、

野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーー

先日の日曜日、栃木県内の各地で「ひょう」が降りました。

P1040081 ビニールハウスの脇に溜まったひょうの様子。

P1040079 このような氷の塊がはるか上空から落下して、農作物に直撃します。

ひょうによって農作物がボロボロに折られてしまう大きな被害が発生する場合もあります。

幸いにも今回のひょうでは小林農場の作物には被害が確認されず、無事に野菜セットを出荷することができました。いっぽうで他の地域では、ホウレン草などの葉物野菜の葉がひょうによって穴だらけにされて出荷できなくなってしまった被害もあったようです。

5月は1年で最もひょうが発生しやすい季節らしいので、注意が必要です。ただ、注意しろと言われても防ぎようがありません。ひょうとは農家にとって、防ぎようのない怖い相手です。

今年の4月下旬は朝が冷え込み、遅霜が降りています。5月に入っても気象庁は霜注意報を発令していて、天気は安定しない様子。

5月にナスやキュウリなどの夏野菜の苗を畑に植えてゆきますが、これらの苗はひょうや霜には弱いです。私の勘では今年の5月上旬は天候不順になると思っていて、何が起こるのか分かりません。小林農場では5月下旬までできるだけ遅らせながら夏野菜の苗を植えてゆきたいと思っています。

« 令和3年4月30日の野菜セット・ネギ坊主について | トップページ | 緑色をした堆肥  令和2年10月29日 »

野菜セット」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ