« 暖冬を振り返って   令和2年3月30日 | トップページ | 令和2年10月2日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・今秋の葉物野菜の虫害の状況 »

2020年10月 3日 (土)

七十二候を追う・「 蟄虫戸を坏す(すごもりのむしとをとざす)」~ジョロウグモについても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

9月27日から10月2日頃までの従来の七十二候は 「蟄虫戸を坏す(すごもりのむしとをとざす)」。虫が土の中へ巣ごもりの支度を始める頃とされています。

小林農場では、自分の地域に合った現代版の七十二候を独自に作成しています。

9月27日から10月2日頃までの小林農場独自の七十二候は 「朝は冷え 霧たちこめて 露光る」。

Dscn3535

早朝が冷えてきて、霧がたちこめる日が多くなりました。草には露が降り、白く輝きます。

Dscn3532 Dscn3524

農場のあちらこちらに仕掛けられているクモの巣にも、露がたくさん捕らえられていて、白く輝いて見えます。

Dscn3530 Dscn3528

クモの巣の主、ジョロウグモ。今の時期、最も一般的に見られるクモです。

クモは害虫を捕らえて食べてくれるので、農家にとっては益虫だと言われています。

ーーーーーーーーーー

この季節に小林が選曲した「この季節の歌」

  「十五夜お月さん」 作詞/野口雨情 作曲/本居長世
   右をクリックすると、この曲を試聴できます。十五夜.wav 

 

« 暖冬を振り返って   令和2年3月30日 | トップページ | 令和2年10月2日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・今秋の葉物野菜の虫害の状況 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ