« ウイルスと戦うための武器   令和2年4月16日 | トップページ | 七十二候を追う・「菊花開く(きっかひらく)」~ヤマグリについても~ »

2020年10月18日 (日)

令和2年10月16日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・シロオビメイガについても

今回の内容です。

ジャガイモ、玉ねぎ、キュウリ、大根、カブ、二十日大根、サヤインゲン、キャベツ、ブロッコリー、サンチュ、ホウレン草、クウシンサイ、ショウガ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、

野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Dscn3627 Dscn3631

ピンボケしていて見にくい写真ですが、上の左の写真はホウレンソウの葉を食べているシロオビメイガの幼虫です。右はその成虫。

蛾の仲間で、ホウレンソウ畑で見られる害虫です。

ホウレンソウは害虫による被害を受けにくい葉物野菜ですが、シロオビメイガが活動している9月、10月だけは害虫に食べられて葉が穴だらけにされることがあります。

収穫した後、穴だらけにされた葉を取り除き、できるだけ見た目をきれいに整えてから出荷しています。

葉の上に害虫がいないかさっと確認して、見つけたら取り除くようにしています。しかし、全ての虫を取り除くのは難しく、皆さんより「届けられた葉物野菜から虫が出てきた」というご報告をいただくこともあります。

「農薬を使わずに栽培しているのだから、届けられた野菜の中に虫がいるのは当たり前」と、多くのご家庭から優しいお言葉いただいてきました。皆さんが寛容に小林農場の葉物野菜を受け取ってくださるおかげで、小林農場は無農薬栽培をすることができます。多くの消費者は虫が付いている野菜を避けるので、他の多くの農家は農薬を作物に散布して虫を駆除しないといけません。

秋は害虫の多い季節ですので、葉物野菜に虫が付きやすいです。私もできる範囲で虫を取り除きながら出荷するように、心掛けたいと思います。

これから寒くなれば虫も姿を消して、葉物野菜はほとんど虫に食われることはなくなり、きれいな状態で出荷しやすくなります。寒くなることによってその味も濃くなります(特にホウレンソウは)。冬こそが葉物野菜の旬だと思っています。

 

« ウイルスと戦うための武器   令和2年4月16日 | トップページ | 七十二候を追う・「菊花開く(きっかひらく)」~ヤマグリについても~ »

野菜セット」カテゴリの記事

葉物野菜全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウイルスと戦うための武器   令和2年4月16日 | トップページ | 七十二候を追う・「菊花開く(きっかひらく)」~ヤマグリについても~ »

フォト
無料ブログはココログ