« 旅をして姿を変える種    令和2年2月6日 | トップページ | 令和2年9月4日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・防災食について »

2020年9月 6日 (日)

七十二候を追う・「天地始めて粛し(てんちはじめてさむし)」~エンマコオロギについても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

8月28日から9月1日頃までの従来の七十二候は 「天地始めて粛し(てんちはじめてさむし)」。ようやく暑さが収まり始める頃とされています。

小林農場では、自分の地域に合った現代版の七十二候を独自に作成しています。

8月28日から9月1日頃までの小林農場独自の七十二候は 「唐辛子 青から赤へと 熟す頃」。

ピーマンの和名は「青唐辛子」。

通常の緑(青)色のピーマンは未熟な実です。この季節になると、実が熟しやすくなって、赤色に染まりやすくなります。

熟した赤ピーマンは苦味が和らいで、酸味と甘味が増して、未熟なピーマンとは違った味わいとなります。

Imgp0499 Imgp0484 去年のピーマンの様子。

去年の今頃は、赤ピーマンも野菜セットに入れることができましたが、今年は残念ながらピーマンが不作で実があまり収穫できていません。今年は小林農場のこの季節の風物詩である赤ピーマンをあまり楽しめなさそうです・・・。

ーーーーーーーーーーー

この季節に小林農場の畑で鳴いている虫。

Dscn3403 「コロコロ・リーリー」と鳴くエンマコオロギ。

Dscn3322 「ギースッチョン」と鳴くキリギリス。

ーーーーーーーー

この季節に小林が選曲した「この季節の歌」

  「風の又三郎」 作詞/宮沢 賢治  作曲/杉原 泰蔵  

   右をクリックすると、この曲を試聴できます。 風の又三郎

  

« 旅をして姿を変える種    令和2年2月6日 | トップページ | 令和2年9月4日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・防災食について »

歳時記」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ