« 8月17日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・大玉トマトの割れる原因 | トップページ | 新年会での語らいより  令和2年1月9日 »

2020年8月23日 (日)

令和2年8月21日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・モロヘイヤについて

ジャガイモ、玉ねぎ、キュウリ、ナス、ピーマン、トマト、ミニトマト、オクラ、トウモロコシ、モロヘイヤ、青シソ、ニンニク

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dscn3351 現在のモロヘイヤ畑の様子。

葉が1枚1枚大きく開き、茎が太くて柔らかい。そんな理想的な姿をしたモロヘイヤを、最近、たくさん摘み取って収穫できるようになりました。

曇天が続いていた梅雨の頃はモロヘイヤの樹に勢いがなく、葉はなかなか大きくならず、茎も細いままで、少し固くて筋っぽい感じがしました。

梅雨が明けてからモロヘイヤの樹が調子を取り戻してきました。もともとエジプトや中近東などの暑さの厳しい地域で長い間、栽培されてきた作物ですので、猛暑や酷暑が好きな作物なのでしょう。

9月に入る頃になるとモロヘイヤは花を咲かせ始めます。花を咲かせてしまうと食用にはむかなくなり、出荷が終了します。

今頃になってようやく調子が出てきたモロヘイヤの樹ですが、もう収穫期は末期に入りました。モロヘイヤを楽しめる期間は残り少ないので、私もモロヘイヤを料理して噛みしめながら食べたいと思います。

ーーーーーーーーーーー

Dscn3207 Dscn3205

クウシンサイ。モロヘイヤと同じく暑いのが好きな葉物野菜ですが、収穫時期はモロヘイヤよりも長いです。

モロヘイヤの収穫時期が終わったら、クウシンサイを代わりに野菜セットに入れたいと思います。あまり日本では馴染のない野菜なので、レシピもお伝えしたいと思います。

« 8月17日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・大玉トマトの割れる原因 | トップページ | 新年会での語らいより  令和2年1月9日 »

野菜セット」カテゴリの記事

モロヘイヤ」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ