« 令和2年7月17日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・病害対策について | トップページ | 令和2年7月20日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・モロヘイヤの樹の状況 »

2020年7月20日 (月)

終わりのある命、燃焼させて    令和2年7月2日

野菜セットには、野菜といっしょに「農場通信」もお配りして、野菜栽培の様子や農場の考え方などをお伝えしてしております。このブログでは、過去の農場通信を公開してまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------

終わりのある命、燃焼させて    令和2年7月2日

長雨が続き、梅雨明けの待ち遠しい今日この頃です。皆さま、いかがおすごしでしょうか。

  先日、東京で暮らしていた私の伯父が亡くなり、葬儀に参列するために東京まで行ってきました。伯父さんが病院に入院している間、病院側は新型コロナウイルスが病院内に侵入することを厳重に防ぐために入院患者の家族にも病室に入ることを制限していたようで、伯母さんはなかなか伯父さんに面会をすることができずに辛い思いをしたようです。葬儀の合間に、親戚との会話の中で新型コロナウイルスのことも話題になりました。

例えば、もしも日本でエボラ出血熱のような致死率が高くて危険な感染症が流行したら、感染を回避するために外出を自粛したほうがよいかもしれません。いっぽうで、今までインフルエンザが流行しても私達は外出を自粛せずに普段通りに暮らしてきました。毎年、日本ではインフルエンザが原因で約1万人の人々が亡くなっていますが、その数を冷静に受け止めながら私達の社会はインフルエンザウイルスと共存してきました。

  新型コロナウイルスはヨーロッパやアメリカ大陸では猛威を振るいましたが、アジアではそれほど繁殖できず、日本では新型コロナウイルスによる死亡者数は、同じ頃に発生したインフルエンザウイルスによる死亡者数と大差がありませんでした。インフルエンザウイルスと同じように、今後は新型コロナウイルスとも共存してゆけばよいと、私は思います。

  畑には人の目には見えない菌がたくさん生息していて、酵母菌などに触れることによって作物は免疫力を高めてゆき、いっぽうで病原菌に触れることによっても、その病原菌に対抗してゆくための免疫を自ら身に付けてゆきます。人間も同様に、免疫力を維持してくれる有益な菌を体の中に保持しながら、病原体が体に感染してくる度に新たに免疫を身に付けます。有益菌も病原菌も、様々な菌が共存している環境で、生き物の免疫力が築かれます。

  病原菌を駆除するために農薬を畑に散布すると、病原菌だけではなく他の菌や小動物も死滅して、却って作物の免疫力が下がって、次に病原菌に感染したときに病気にかかりやすくなります。人間も、身の周りを過剰に消毒したり、様々な菌やウイルスに感染することを過剰に回避したりすると、免疫力を高めてゆくことができなくなるかもしれません。

  自治体が新型コロナウイルスの感染を回避するために住民に外出や経済活動の自粛を呼び掛けていますが、自粛をしてもウイルスが消えていなくなるわけではありません。それならば普段通りに外出して新型コロナウイルスに少しずつ感染しながら免疫を身に付けていったほうがよいと、私は考えます。今まで新型コロナウイルスに感染した人々の多くが全く発症せずにすみ、発症してもすぐに回復していました。感染して重症に陥るのは高齢や持病で免疫力が低下している人々がほとんどで、重点的に対策すべき対象は絞られています。

  私の伯父さんは83歳で天に召されましたが、人は年をとるにつれて免疫力が落ちて病気にかかりやすくなるのは自然なことで、それは天命です。最後は癌で亡くなったり、肺炎で亡くなったり、インフルエンザで亡くなったり、新型コロナで亡くなったりします。終わりのある人生を悔いなく燃焼させてゆくには、外出を自粛してばかりもいられません。

ーーーーーーーー

追記(7月20日記入)

「新型コロナウイルスの感染者の数が拡大している」というニュースが連日、報道されています。

私は「感染者数」よりも「死亡者数」に注目しています。

この冬に新型コロナウイルスが日本に上陸してから今まで、1日の新型コロナウイルスによる死亡者数は少ないままで、死亡者数が急増してゆくような事態は発生していません。

新型コロナウイルスに感染した人のほとんどは回復しています。

外出を自粛していてもウイルスが消えていなくなるわけではありません。普段通りに暮らしながら少しずつ新型コロナウイルスに感染して免疫を身に付けていったほうがよいと、私は考えます。

« 令和2年7月17日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・病害対策について | トップページ | 令和2年7月20日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・モロヘイヤの樹の状況 »

農場通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和2年7月17日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・病害対策について | トップページ | 令和2年7月20日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・モロヘイヤの樹の状況 »

フォト
無料ブログはココログ