« 苗が根付くまでの数日間  令和1年10月11日 | トップページ | 令和2年6月12日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・シュンギクの食べ方について »

2020年6月13日 (土)

台風19号、来襲    令和1年10月17日

野菜セットには、野菜といっしょに「農場通信」もお配りして、野菜栽培の様子や農場の考え方などをお伝えしてしております。このブログでは、数か月前の過去の農場通信を公開してまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------

台風19号、来襲    令和1年10月17日

秋冷の候、皆さま、いかがおすごしでしょうか。

  10月12日から13日にかけて東日本の広い範囲に甚大な被害を及ぼした台風19号。小林農場は特に大きな被害を受けずにすみました。小林農場は近くに河川も崖もないので、浸水やがけ崩れが起こりにくく、比較的に安全な位置にあります。畑では長ネギがたくさん強風によって倒されてしまい、これらが今後立ち直ってくれるのかどうか、見守りたいと思います。その他の作物は今のところ、目に見えた形では被害が確認されていません。

野菜セットを定期購入してくださっている皆さんのお宅は無事だったのかどうか、気になりました。もしも浸水被害などで自宅に住めなくなって避難生活をされているご家庭がありましたらいつも通りに野菜セットを受け取ることができないと思いますので、皆さんの住所一覧表を見直して、皆さんのお住まいの地域の状況を確認してみたりしました。

  農家なら普段から自分の畑で食糧を生産しているので、大地震などの自然災害が発生して外部から食糧が入手しにくくなっても自分の畑から食糧を確保できるので安心だと、私は思っていました。しかし今回のような浸水被害が発生すれば、畑で生育していた作物も水に浸かって窒息死してしまうかもしれません。新聞には浸水してしまった畑で泥だらけになっている作物の写真が載っていましたが、農家の心痛は相当に大きいことでしょう。

  大きな自然災害が発生した後はガソリンなども入手しにくくなるので、私は普段から頻繁にガソリンスタンドに寄って、常に車の燃料を十分に入れておくようにしています。しかし今回の浸水被害の被災地では、車も水に浸かって壊れて、燃料が十分に入っていても全く使うことができなくなっていました。田舎では車を失うと生活が著しく不便になります。

  台風19号が上陸する前から気象庁は厳重に注意するように呼びかけ、交通機関では計画運休が実施され、多くの職場が臨時休業して、私達は台風の被害が少なくなるように備えました。それでも多くの地域が甚大な被害を受け、多くの人命が奪われました。事前に備えていても被害を免れませんでした。自然災害の猛威は人々の想定を軽々と超えてきます。

  今回の台風では地元の市貝町の一部も浸水し、町の福祉団体が復旧作業のボランティアを募集していましたので私も一日だけ参加して、浸水したお宅の片づけをお手伝いしました。浸水被害の現場を実際に目にして、被害に遭われた家主さんの気持ちを察しました。

日本のどこかで大きな自然災害が発生する度に、日本全国の人々が無償で被災地に支援の手をさしのべてきました。自然災害多発列島で暮らし、何度も自然災害を経験してきた日本人の遺伝子には、「困った時はお互いさま」という精神が宿っています。

日本で開催されているラグビー・ワールドカップに出場している海外の選手達が被災地でボランティア活動に参加したことが話題となりましたが、今までも日本で自然災害が発生する度に国外からも支援の手がさしのべられてきました。「困ったときはお互い様」は日本人だけのものではなく、全人類共通の本能のようです。自然災害は人々の生活を破壊しますが、同時に、忙しい日常の中では忘れがちな他者への思いやりを思い出させてくれます。

« 苗が根付くまでの数日間  令和1年10月11日 | トップページ | 令和2年6月12日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・シュンギクの食べ方について »

農場通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 苗が根付くまでの数日間  令和1年10月11日 | トップページ | 令和2年6月12日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・シュンギクの食べ方について »

フォト
無料ブログはココログ