« 「乾季」の畑にて  令和1年8月22日 | トップページ | 令和2年3月9日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・今日は3月11日。福島第一原発事故から9年 »

2020年3月10日 (火)

七十二候を追う・「蟄虫戸を啓く(すごもりのむしとをひらく)」~アブラムシについても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

3月5日から3月9日までの従来の七十二候は 「蟄虫戸を啓く(すごもりのむしとをひらく)」。冬ごもりをしていた虫が姿を現す頃とされています。

小林農場の独自に作っている3月5日から3月9日までの七十二候は 「アブラムシ テントウムシと 共演し」。アブラムシがソラマメなどの作物の葉に群生していました。ナナホシテントウムシの姿も見られ、おそらくアブラムシを食べているのだと思われます。

Img_0029

アブラムシがソラマメの茎葉に群生している様子。

アブラムシはゴマ粒のように小さな虫ですが、作物を病気にしてしまい、農家にとって害虫です。

だから、アブラムシを食べてくれるナナホシテントウムシは、農家に好まれます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の七十二候は 「桃始めて笑う(ももはじめてさく)」

  桃の花が咲き始める頃とされている。
  
期間: 3月10日(火)~3月14日(土)

月齢: 3月10日は16、3月14日は20  3月10日頃に満月  

小林が選曲した「この季節の歌」

  「故郷」 右をクリックすると、この曲をお聴きになれます。 ふるさと.wav 

 

« 「乾季」の畑にて  令和1年8月22日 | トップページ | 令和2年3月9日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・今日は3月11日。福島第一原発事故から9年 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「乾季」の畑にて  令和1年8月22日 | トップページ | 令和2年3月9日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・今日は3月11日。福島第一原発事故から9年 »

フォト
無料ブログはココログ