« 令和・夏の陣    令和1年8月1日 | トップページ | 七十二候を追う・「魚氷に上がる・うおこおりにあがる」 ~すじ雲についても~ »

2020年2月19日 (水)

令和2年2月17日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ホウレンソウの品種について

今回の内容です。

じゃがいも、人参、大根、カブ、里芋、サツマイモ、長ネギ、白菜、ほうれん草、油菜、水菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回、野菜セットに入れたホウレンソウについて

 ・収穫日に雨が降り、畑が湿っている状態で収穫しました。降雨後はどうしてもほうれん草の葉は濡れてしまい、少し泥もくっついてしまいます。株元は水洗いして泥をできるだけ落としてから出荷しましたが、葉には少し泥が残っていると思います。料理される前によく水洗いをしながらお使いください。

 ・収穫されたほうれん草の芯の部分の葉に、少しだけ傷みが見られました。芯の部分のみ気になりましたが、その他の部分の葉は生き生きとしている状態で、問題はなくおいしく食べられますので、野菜セットに入れて出荷しています。どうぞその味をお楽しみください。

ほうれん草は気温が低い時期に育つ作物です。

春になって気温が暖かくなってゆくと、葉の見た目にも異変が生じてきます。その異変はほうれん草が気温上昇によって傷んでゆく兆候かもしれません。

もう気温が暖かくなってきて、傷んでゆくほうれん草もそろそろ現れ始めてゆくと思います。今後のほうれん草の出荷は今までよりも気をつけてまいりたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よって、3月以降になると、気温上昇のため、ほうれん草の出荷が難しくなります。

近年は気温が上昇する時期でも良い状態で収穫できるほうれん草の品種が開発されてきています。

私もいろいろな品種を試してきました。

3月に収穫するには「ソロモン」、5月に収穫するには「スプリング」「金の夏」「サンライト」「サマースカイ7」などの品種が小林農場の畑では良い成績でした。

4月に安定して収穫できるほうれん草の品種がまだ見つかっていません。この春は、4月に収穫できる品種を探し当てたいと思います。

Dscn2673 地元の種の売り場で、4月に収穫できそうな品種の種を手当たり次第、購入してみました。これらの種を播いてみて、その成績を比較してまいりたいと思います。

Img_0171 まだ寒い時期ですので、2月に種を播いて4月に収穫するには、種を播いたらその畝にビニール資材を張って保温しながら作物を育てます。

« 令和・夏の陣    令和1年8月1日 | トップページ | 七十二候を追う・「魚氷に上がる・うおこおりにあがる」 ~すじ雲についても~ »

ホウレンソウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和・夏の陣    令和1年8月1日 | トップページ | 七十二候を追う・「魚氷に上がる・うおこおりにあがる」 ~すじ雲についても~ »

フォト
無料ブログはココログ