« グローバル化する種子をめぐる攻防  平成30年11月22日 | トップページ | 12月下旬に撮影  人参、玉ねぎの生育の様子 »

2019年12月24日 (火)

令和1年12月23日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・自家採種の人参について

今回の野菜セットの内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、人参、大根、カブ、サツマイモ、長ネギ、キャベツ、白菜、ほうれん草、ターサイ、カボチャ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dsc05741

今回、出荷した人参の品種は「冬越し小林五寸」。もともとは「冬越し小泉五寸」という品種で、小林農場が数年間、自分で種を採り続けて育成している品種です。品種名も自分で作り変えてみました。

自分で採った「小林五寸」の種と、種苗会社から購入してきた「小泉五寸」の種と、どちらも播いてみて、その生育の様子を比較しています。やはり、自分が片手間で採っている種から育てた作物よりも、種苗会社が最先端の技術を駆使して生産・販売している種から育てた作物のほうが、明らかに生育が良いです。

ただ、その中身の味に関しては、どちらも遜色はないと思います。前回皆さんにお届けした「小泉五寸」と今回皆さんにお届けした「小林五寸」を食べ比べてみてもらっても、ほとんどその違いがわからないと思います。

自分で種を採る技術を少しずつ磨いていって、小林農場が育成したオリジナル品種の野菜をたくさん野菜セットに入れられるようになれれば、楽しいでしょう。

Dsc05747 今年、種採り用の母体として選抜された小林五寸の人参。

Img_0565 母体の人参を畑に埋め戻します。

来年の春には地上に芽を伸ばして、夏には花を咲かせて種を実らせます。

« グローバル化する種子をめぐる攻防  平成30年11月22日 | トップページ | 12月下旬に撮影  人参、玉ねぎの生育の様子 »

野菜セット」カテゴリの記事

ニンジン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グローバル化する種子をめぐる攻防  平成30年11月22日 | トップページ | 12月下旬に撮影  人参、玉ねぎの生育の様子 »

フォト
無料ブログはココログ