« 平成31年4月26日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・菜の花について | トップページ | 死生観のある畑 平成30年12月27日 »

2019年4月28日 (日)

4月26日 カボチャの種まき

カボチャの種を播きました。

Imgp0107 カボチャの種。

 Imgp0111 今回、種まきしたカボチャの品種。

皮の白いカボチャは長く貯蔵できて長く出荷できるので、今回は白いカボチャを今までよりももっとくさん作ることにしました。

ただ、白いカボチャは収穫されてから甘味がのっておいしくなるまで、数カ月間ほどかかります。緑色のカボチャは収穫した後、けっこう早くからおいしく食べられますので、最初の頃は緑色のカボチャから出荷してゆきます。

ただ、緑色のカボチャは、最初はホクホクとしていておいしいのですが、貯蔵されてから時間が経つと、肉質がペチャペチャとなってゆき、味質が落ちてゆくように感じました。

白いカボチャは貯蔵しているうちに甘味が増してゆきますが、緑色のカボチャはほとんど甘味が増してゆかないように感じました。今回は、白色のカボチャを増やす代わりに、緑色のカボチャを減らしました。

「とっておき(松島交配)」という薄い緑色をしたカボチャは、収穫された後に比較的早い時期からおいしく食べられて、その味質を長い間、維持していました。今回は「とっておき」を増やしてみました。

カボチャの種を店で購入してきましたが、自分でも種を採ってみようと思います。今回は固定種の「中山カボチャ」から、種採りに挑戦してみたいと思います。

« 平成31年4月26日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・菜の花について | トップページ | 死生観のある畑 平成30年12月27日 »

カボチャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成31年4月26日の野菜セット(旬野菜詰め合わせ)・菜の花について | トップページ | 死生観のある畑 平成30年12月27日 »

フォト
無料ブログはココログ