« 平成30年11月30日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・年末年始の予定 | トップページ | 野菜代のお支払い方法について   平成30年8月30日 »

2018年12月 5日 (水)

平成30年12月3日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・人参と玉ねぎの母選

小林農場のブログのトップページへ

今回の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)の内容です。

人参、玉ねぎ、大根、里芋、長ねぎ、カブ、カボチャ、サニーレタス、ブロッコリー、ほうれん草、シュンギク、しろ菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回、出荷した人参の品種は、もともとは「小泉冬越し五寸(みかど協和育成)」という名前の品種でしたが、数年間、育った人参から私が自分で種を採り続けてその種を畑に播いて繰り返し育ててきたものです。今は小林農場の自前の品種といってよいと思います。品種名を「小林冬越し五寸」に改めさせていただきます。

発芽率も良く、収穫された人参の香りも良いです。今までのところは、なかなか上手に自分で品種を育成できているかと思います。

そして今回の収穫では、収穫した人参の中から姿の良いものを20本ほど、「母体」に選び、再び畑に埋め戻しました。来年の春には母体から芽が伸び、夏には花を咲かせて最後はたくさんの種を生み出してくれるでしょう。

Dscf0026今年、母体として選ばれた人参。

今年は玉ねぎの調子が良かったので、初めて玉ねぎの種採りにも挑戦してみたいと思います。品種は「ノンクーラ(ナント育成)」。上手に小林農場でも種を採り続けられるようになって小林農場の自前の品種となったら、新しい品種名をつけてあげようと思います。どんな名前にしようかな。

Img_0002玉ねぎの母体を畑に埋め戻している様子。

« 平成30年11月30日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・年末年始の予定 | トップページ | 野菜代のお支払い方法について   平成30年8月30日 »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平成30年11月30日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・年末年始の予定 | トップページ | 野菜代のお支払い方法について   平成30年8月30日 »

フォト
無料ブログはココログ