« 農場の風景・「立冬」から「小雪」へ | トップページ | 平成30年12月18日の旬野菜詰め合わせ・冬の葉物野菜 »

2018年12月17日 (月)

平成30年12月14日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・今後の冬野菜の出荷の見通し

小林農場のブログのトップページへ

今回の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)の内容です。

ジャガイモ、人参、玉ねぎ、大根、カブ、長ねぎ、カボチャ、白菜、キャベツ、サニーレタス、ほうれん草、しろ菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

冬に出荷する野菜の防寒・貯蔵作業がだいたい終わっています。

来年の2月まで、野菜セットに継続して入れることができそうな野菜は以下のとおりです。

ジャガイモ、玉ねぎ、人参、大根、カブ、長ネギ、カボチャ、白菜、ほうれん草などのいろんな種類の葉物野菜

他にも里芋やゴボウやヤーコンなどがときどき出荷されると思います。サツマイモも出荷できるかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いろんな品種の玉ねぎを栽培してみて、どの品種が長期間、保存できるのか、試しています。

「ノンクーラー(ナント育成)」という品種が比較的良い状態で保管できていますので、この品種は一番最後に出荷したいと思います。今は、比較的早く貯蔵が効かなくなりそうな品種から先に出荷しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月下旬にはたくさんの白菜を畑から収穫して屋内に移して並べ、防寒しました。

この12月の初め頃までは暖かかったので、畑に残していた白菜の生育も思いの外進み、立派に結球してくれました。これらも全部収穫して、防寒いたしました。

今年の白菜は不作で出荷できる量は少ないと予測していましたが、思っていたよりもたくさん収穫して防寒できたので、これからはしばらく、たくさんのご家庭に白菜をお届けしてまいりたいと思います。白菜があれば鍋料理も楽しくなるでしょう。

Img_0499収穫した白菜を屋内に移して並べている様子。このように一つ一つの白菜を新聞紙で包むと、良い状態で長く貯蔵できます。

« 農場の風景・「立冬」から「小雪」へ | トップページ | 平成30年12月18日の旬野菜詰め合わせ・冬の葉物野菜 »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 農場の風景・「立冬」から「小雪」へ | トップページ | 平成30年12月18日の旬野菜詰め合わせ・冬の葉物野菜 »

フォト
無料ブログはココログ