« 農場の風景・「白露」から「秋分」へ | トップページ | 平成30年9月28日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・秋ニンジンについて »

2018年9月29日 (土)

宅急便の送料の変更について   平成30年6月14日

宅急便の送料の変更について   平成30614

梅雨寒の候、皆さま、いかがおすごしでしょうか。

  農場より遠方にお住まいの方々には宅急便を利用して旬野菜詰め合わせをお届けしてきましたが、今年より宅配会社が送料を大幅に値上げすることになりました。それに伴い、ゆくゆくは小林農場も皆さんに、送料の値上げをお願いすることになるかと思います。

  最近のインターネット通販の普及などにより、宅急便の需要が過多となり、配達員の深刻な人手不足が生じているようです。配達員の待遇を改善させてゆくためにも送料の値上げが必要になったと、宅配会社側は説明しています。

  今まで小林農場は宅配会社と値段交渉を行い、できるだけ送料を安くしてもらっていました。でも今年に入って宅配会社の方がわざわざ農場まで足を運んで、丁寧な説明を添えながら、私に送料の値上げを了承してくれるようお願いしていました。仕事量の増加による配達員の激務の様子はよく耳にするので、送料の値上げも仕方がないことなのでしょう。

  小林農場では毎年12月に、次の1年間の宅急便の送料の見直しを行っています。現在は農場から関東地方の皆さんのお住まいへの送料は550円ですが、来年の1月より150円高くして700円とさせていただこうかと、現時点では考えています。来年以降の送料変更についての最終的な決定は今年の12月に農場通信にてお伝えいたします。皆さんにご理解していただけるよう、丁寧に説明してまいりたいと思います。

  私もできるだけ送料を安く抑えられるように、細かな工夫を積み重ねました。箱の大きさが大きいほど送料は高くなるので、今までよりも小さな箱を使用しています。中身の野菜の量が以前と比べて減ったわけではなく、小さな箱でも上手に詰めてゆけば今までと同じ量の野菜を入れられます。今までの箱は無駄に大きすぎたことに気づかされました。

野菜を詰める箱は地元のスーパーやホームセンターなどで買い物をするついでに不要な空き箱をお店よりいただいて再利用。箱の入手には全くお金をかけずにすんでいます。

農場の近隣にお住まいの方々には、私が直接、車を運転して詰め合わせをお届けしています。車の燃料費などはかかりますが、宅急便を利用してお届けするよりもずっと送料が安くすみます。配送で外出する度にお店に寄って買い物をしたりするなど、併せて他の用事をすますことができるので、近隣で詰め合わせを購入してくださっている皆さんには送料をご負担していただかなくても採算が合います。私が直接お届けする場合は、送料は無料です。

すぐ近くで生産者と消費者が顔を合わせながら売買すれば、送料は安くできますし、他にもいろいろと利点があります。宅急便代が高騰してゆく今、「地産地消」が少しずつ大事にされてゆくかもしれません。小林農場も地元での販路拡大に、特に力を入れています。

    もちろん遠方の方々にも、今後もご注文をいただければ喜んで野菜をお届けいたします。大手の宅配会社とは違い、小林農場のような小さな農場は注文が殺到して需要過多に陥るということは滅多にないから、いつでも新規に農場の野菜を購入してくださる方々を歓迎しております。

 

« 農場の風景・「白露」から「秋分」へ | トップページ | 平成30年9月28日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・秋ニンジンについて »

農場通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宅急便の送料の変更について   平成30年6月14日:

« 農場の風景・「白露」から「秋分」へ | トップページ | 平成30年9月28日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・秋ニンジンについて »

フォト
無料ブログはココログ