« 平成30年8月3日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ナス、ピーマンの剪定 | トップページ | 農場の風景・大暑から立秋へ »

2018年8月 8日 (水)

平成30年8月6日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・トウモロコシについて

ブログのトップページへ

今回の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)の内容です。

玉ねぎ、人参、キュウリ、ナス、ピーマン、トマト、ミニトマト、オクラ、モロヘイヤ、クウシンサイ、青シソ、ニンニク、トウモロコシ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Cimg0521今年初めて、トウモロコシを収穫してみました。

8回ほどに分けてトウモロコシの種を播いて育てて、最初の2回が収穫時期を迎えました。ほとんど管理せずに放任して育てたので、実は太らず、実入りも悪かったです。

トウモロコシを好む虫も多いので、トウモロコシは特に無農薬栽培が難しい作物です。トウモロコシを放任させては、うまく生育できません。

3回目以降はこれから開花して実が実ります。以下の3点を特に心掛けて、できるだけ良質なトウモロコシを収穫することを目指します。うまく収穫出来たら、どんどん出荷してまいりたいと思います。

 1・芽かきして、1本の株から実を1つだけ実らせる(実の数を減らしたほうが、実は太りやすい)

 2・雄花が開花した頃、できるだけ早く、切り除く(害虫は雄花に集まって来る習性があるので)

 3・切り取った雄花を雌花の上で振って、雄花の中で作られた花粉を振り落として雌花にくっつける。人工授粉(受粉がうまく行われないと、実が実らない)

Cimg0520トウモロコシ畑の様子。雌花の頭に生えている毛が目立ち始め、収穫時期が近づいている様子。

トウモロコシは背丈が高い作物なので、強風が吹くと倒れやすいです。台風がやって来る度に、心配になります。

« 平成30年8月3日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ナス、ピーマンの剪定 | トップページ | 農場の風景・大暑から立秋へ »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平成30年8月3日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ナス、ピーマンの剪定 | トップページ | 農場の風景・大暑から立秋へ »

フォト
無料ブログはココログ