« 平成30年7月23日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・青ナスについて | トップページ | 最近、毎日心掛けるようになったこと   平成30年4月19日 »

2018年7月25日 (水)

農場の風景・小暑から大暑へ

「小暑」の風景(画面をクリックすると画面が拡大されてみやすくなります。)

Cimg0472Cimg0477

写真左・創作折り紙「彦星と織姫」  写真右・伝承折り紙「ハスの花」

今年は関東地方は「小暑」に入る前に早々と梅雨が明けましたが、通常は「小暑」は梅雨の終わりの時期です。

梅雨の前半はシトシトと降っていた長雨は、後半になると大雨に変わりやすく、去年の九州北部豪雨や今年の西日本豪雨のような豪雨災害が発生しやすい時期でもあります。

Cimg0453「わた雲」。この時期によく目にする雲。子供のお絵かきに出てきそうな雲。

いろんな小さな生き物たちが躍動しています。

Cimg0440室内の網戸に止まっていたチョウチョ。人懐こくて、私が差し出した指に素直に乗っかり、外に放してやるまでじっとしていました。

Cimg0359刈り残された麦の上に乗っかっている2匹の甲虫。おそらく、オスとメスが交尾している最中なのだと思いますが、見渡してみるとあちらこちらで2匹1組になって同じような光景が繰り広げられていました。

Cimg0406軒下で巣をつくっているハチ。アシナガバチでしょうか。小林農場もすっかりこのハチに気に入られてしまったようで、敷地のあちらこちらに、私の気付かないうちにたくさん巣を作っていました。ときどきスズメバチの巣もみかけますが、スズメバチの巣だけは必ず駆除するようにしています。

Cimg0412サヤインゲンの花の蜜を吸っているクマバチ。これらのハチが花粉を複数の花に運んでくれるおかげで、これらの作物は受粉しやすくなり、作物は実をつけやすくなります。私達がサヤインゲンやキュウリなどの夏野菜を楽しめるのは、ミツバチやクマバチなどのおかげです。

いろんな蝉の鳴き声が四六時中聞こえてきます。

その中でも早朝と夕暮れ時の暑さが和らぐ時間帯に「カナカナカナ・・・」と哀しげな音色で鳴くヒグラシの鳴き声は、場を涼しくしてくれて、風鈴の代わりになって良いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

七十二候を検証(自分の地域に合った現代版の七十二候を作ろう)

従来の小暑の七十二候

  初候・温風至る(熱い風が吹いてくる)

  次候・蓮始めて開く(ハスの花が咲き始める)

  末候・鷹即ち学を習う(タカの幼鳥が飛ぶことを習うようになる)

小林農場での実際の七十二候

  初候・蝉の声、目立つ(蝉の鳴き声が目立ち始め、コオロギやキリギリスと合唱)

  次候・虫、穀物に現る(去年の秋に収穫して長期貯蔵していた米や押し麦などの穀物を常温に置いたままにしていると、ガのような虫が穀物の中にもぐりこんでしまうことがある。冷蔵庫に移して冷蔵保存したい)

  末候・雷、光る(晴れていたと思ったら、突然曇って、雷が鳴って夕立が起こりやすくなる。この夏の栃木県はいつもと比べて、夕立が少ない)

-----------------------------------------------------------

これより「大暑」  

  一年の中で最も暑い時期とされています。「大暑」がすぎれば「立秋」となり、暦の上では秋になります。

「大暑」に写真におさめたい風景

  いろんな虫(クワガタ、カブトムシ、へいけぼたる)、ハスの花、キリの花、カラスウリの花、ツユクサ、無事に収穫できたスイカ)

夏休みに歌いたい歌 選曲

「花火」 作詞:井上赳、作曲:下総皖一  試聴する

  「どんとなった花火だ きれいだな」の歌い出しで知られている童謡。これを聴くと、花火大会が待ち遠しくなってきます。

・「八木節」  北関東地方の民謡  試聴する

  私が子供の頃、地元の盆踊りでこの民謡がよく登場して、皆で踊っていました。栃木県に移り住んだ後になって、この民謡の発祥地はどうやら栃木県や群馬県らしいということを知りました。

「燃える闘魂」  作曲/MICHAEL MASSER  試聴する

  日本の夏の風物詩といえば、甲子園・高校野球。「燃える闘魂」は高校野球で長い間、ブラスバンドで演奏されてきた応援曲です。暑い日にこれを歌うと、「こんな暑さくらい、気合いでふきとばしてやるわ!」と元気になります。高校野球では、球児たちによる熱戦だけでなく、各校のブラスバンド部が応援曲としてどんな曲を演奏するのかも注目です。

 

« 平成30年7月23日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・青ナスについて | トップページ | 最近、毎日心掛けるようになったこと   平成30年4月19日 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農場の風景・小暑から大暑へ:

« 平成30年7月23日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・青ナスについて | トップページ | 最近、毎日心掛けるようになったこと   平成30年4月19日 »

フォト
無料ブログはココログ