« 農場の風景・小暑から大暑へ | トップページ | 平成30年7月27日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・トマトの全盛期 »

2018年7月27日 (金)

最近、毎日心掛けるようになったこと   平成30年4月19日

ブログのトップページへ

最近、毎日心掛けるようになったこと   平成30年4月19日

春風駘蕩の候、皆さま、いかがおすごしでしょうか。

  人参は多くのご家庭によく使われる食材なので、できるだけ長い期間、旬野菜詰め合わせの中に入れたい食材です。人参は秋に種まきされて冬から収穫されますが、4月になると新芽を地上に伸ばして食用部分の根は養分を吸い取られておいしく食べられなくなります。3月中に畑より全部の人参を掘り出して野菜冷蔵庫に移して冷蔵保存しています。

  冷蔵保存している人参を包丁で切って中身を見てみると、少し白い筋が目立ってきているのが気になりました。漬け物やサラダなどの生食で食べてみると、食感が少し粗く感じます。人参は収穫時期を迎えてから日数が経つと、徐々に筋っぽくなってゆくようです。

  畑で生育中のゴボウも収穫時期を迎えてからしばらく日が経っています。状態が気になっているので、掘り出してから切って中身を確認すると「ス」が入っていました。

現在出荷している人参とゴボウは、少し気になる点はいくつかあるものの、火を通して炒めたり煮たりすれば、十分においしく食べられます。今の時期は人参やゴボウを細かくせん切りにして「きんぴら炒め」にするのが、私のお気に入りの料理方法です。ゴボウは卵と相性が良く、ささがけして煮たゴボウを溶き卵にとじて卵とじにしてもおいしいです。

毎日の料理は、自分のお腹を満たすためだけではなく、商品として出荷している野菜の状態を確認するために大事です。その辺に置いてある野菜をひょいと拾って漠然と料理したり、自分のお気に入りの野菜ばかり料理するのではなく、状態の気になる野菜をいろんな料理方法で試食するように心掛けています。時が経てば野菜の状態も変わってゆくので、その時の状態に合った料理方法を皆さんにご提案してゆけるようになりたいと思っています。  

葉物野菜などが次々と収穫時期を迎えています。それらの「新商品」も自分の料理に取り入れて試食するようにしています。試食を兼ねて食事をとるように心掛けています。

  私は片付けが苦手で住まいや仕事場を散らかしたままにする癖があるのですが、今年は、まず一日の1番最初の仕事として片づけをするように心掛け、片づけがすんだ後に朝食をとるようにしています。何度も「三日坊主」を繰り返しましたが、最近は徐々に、この習慣が自分の体に染みついてきたという手応えがあります。

日常生活の中で必ず行はなくてはいけない料理と片づけ。毎日怠らずにこれらの日常を大事に行ってゆければ、仕事全体にじんわりと好影響を与えてゆくと思います。

4月にもなると、作物のまわりに雑草の姿が目立ち始めています。雑草は小さいうちに取り除いておけば楽なのですが、私にはどうしても雑草が大きくなるまで放置して大きくなってから慌てて除草を始める悪い癖があります。この春は、片づけとともに朝食前に「いの一番」で除草をして、早めに草を退治しています。この心掛けも身につけてゆきたいです。

一般の人にはできない専門技術を身につけている人のことを、「プロ」と呼びます。でも、本物のプロとは、整理整頓や規則正しい食生活や草むしりや、誰にでもできる当たり前のことを飽きることなくきちんと毎日続けてゆける人のことをいうのかもしれません。

« 農場の風景・小暑から大暑へ | トップページ | 平成30年7月27日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・トマトの全盛期 »

農場通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 農場の風景・小暑から大暑へ | トップページ | 平成30年7月27日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・トマトの全盛期 »

フォト
無料ブログはココログ