« 平成30年4月9日、10日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ヤマイモについて | トップページ | 平成30年4月16日、17日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・人参の長期保存 »

2018年4月14日 (土)

平成30年4月13日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・サラダゴボウについて

トップページへ

今回の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)の内容です。

ジャガイモ、人参、ゴボウ、ヤマイモ、二十日大根、長ネギ、小松菜、菜の花、キャベツ(ミニ)、乾麺

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゴボウがけっこうたくさん収穫できています。

冬の頃はゴボウの生育は止まり、全部のゴボウを早々と出荷し終えてしまわぬように収穫を抑えて温存していました。

暖かくなった3月の下旬に生育が再び進み、根がさらによく太り、収量が増えました。

これ以上生育が進んでしまうとこん棒みたいに太いゴボウになってしまうかもしれないので、今はできるだけたくさんのゴボウを急いで掘り出して、出荷できる場所を探して出荷しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小林農場のゴボウは他のゴボウと比べて柔らかいというご感想を皆さんからいただくことがあります。小林農場のゴボウの品種は「サラダゴボウ」とも言われ、サラダにして生食することもできる品種のようです。

ただ、収穫時期を迎えてからしばらく時間が経っているので、ゴボウの中身も少しずつ固くなってきています。今の時期は生食するよりも煮たり炒めたりして食べたほうがおいしいと思います。

Img_1171ゴボウと人参のきんぴら炒め。千切りしてごま油で炒めて、醤油と料理酒で味つけ。

根菜類を千切りにすると、それだけでそれらがおいしくなるような気がします。私のお気に入りの切り方です。スライサーがあれば簡単にできます。

« 平成30年4月9日、10日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ヤマイモについて | トップページ | 平成30年4月16日、17日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・人参の長期保存 »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平成30年4月9日、10日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ヤマイモについて | トップページ | 平成30年4月16日、17日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・人参の長期保存 »

フォト
無料ブログはココログ