« 味覚の行方  平成29年12月7日 | トップページ | 平成30年3月5日、6日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット) »

2018年3月 4日 (日)

平成30年3月2日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)の内容・今後の端境期での出荷状況

トップページへ

今回の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)の内容です。

人参、大根、カブ、里芋、カボチャ、長ネギ、ほうれん草、乾麺、押し麦

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3月、4月は1年の中で最も出荷できる野菜が少なくなる、野菜の「端境期(はざかいき)」です。特に今年は、冬の寒さが厳しく、その悪影響をひきずって、今まで経験したことのないような厳しい「ウルトラ端境期」となる可能性があります。

そこで、春野菜が新たに収穫できるようになる4月下旬までのしばらくの間、詰め合わせは変則的な内容となります。いつもと様子の違う小林農場の詰め合わせの内容を、どうぞご注目ください。

 ・白菜の在庫がなくなり、出荷終了。里芋も今週で在庫がなくなり、出荷終了。ジャガイモ、ゴボウも残りが少なくなってきましたので、今回は出荷せずに温存し、必要に応じて出荷を再開させてゆきたいと思います。

 ・ほうれん草がたくさん収穫できているので、ほうれん草を今まで以上にたくさん出荷しました。

 ・野菜の代わりに、普段は希望される方々のみに販売している加工品も、詰め合わせの中にいれてみました。できるだけ詳しい利用方法もお伝えしてゆきたいと思います。

  今後、かわりばんこに出荷されることが予想される加工品は

  乾麺、小麦粉、押し麦、人参ジャム、カボチャジャム 他にも大豆や小豆など

-------------------------------------------------------

押し麦は、食物繊維などを多く含む健康食品です。

Img_0912炊飯器で押し麦を炊いて作った麦飯です。粒の中央にくっきりと線が見えるのが、押し麦の外見上の特徴です。

少し黒米も混ぜていっしょに炊いたので、ご飯の色がうっすらと赤く染まっています。押し麦と黒米の組み合わせが、最近の私のお気に入りの組み合わせで、押し麦は少しパサつく傾向がありますが、黒米を混ぜると、食感に粘り気が加えられます。

押し麦を上手に茹でると、料理の食材としても使えるようです。以下は「クックパット」をリンクさせていただきました。

クックパットの押し麦レシピ

« 味覚の行方  平成29年12月7日 | トップページ | 平成30年3月5日、6日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット) »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 味覚の行方  平成29年12月7日 | トップページ | 平成30年3月5日、6日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット) »

フォト
無料ブログはココログ