« 平成29年11月25日の野菜セット(ほしいもについて) | トップページ | 平成29年11月29日 9月下旬に播種したカブの様子 »

2017年11月28日 (火)

今まで出荷してこなかった野菜   平成29年9月7日

 

 

今まで出荷してこなかった野菜   平成29年9月7日

 

秋色の候、皆様、いかがおすごしでしょうか。

 

  8月は関東地方では連日曇天が続き、記録的に日照時間の短かった今年の夏でした。夏野菜は無事に生育しているのかと複数の方々が私にたずねながら心配してくださいましたが、小林農場の畑は大きな損害もなく、日照不足をやりすごしました。

 

  小林農場のように多種類を少量ずつ栽培している「少量多品目栽培」では、あまり天候によって農場経営が左右されたりはしません。作物はそれぞれ性格が違うので、ある天候の中ではある作物の調子が悪くなったりしますが、他の作物は調子が良かったりします。調子の良い作物が調子の悪い作物の穴を埋めてゆき、全体の収量は激変せずに安定します。

 

  どの季節にもできるだけたくさんの種類の野菜を野菜セットに入れてゆければよいと思っています。今まであまり栽培してこなかった作物の栽培にも挑戦してゆきたいです。

 

今年はラッカセイがそれなりに生育していて、この秋には初めてまともにラッカセイを出荷してゆけるかもしれません。エダマメも今までになく良い感じで生育しているので、この秋の野菜セットに初めてエダマメが登場するかもしれません。夏は虫がエダマメを食べてしまうので、秋にエダマメを収穫できるように種まきを遅らせて栽培しています。

 

  トウモロコシは実が甘いので害虫の被害に遭いやすく、今まで私が栽培するのを避けてきた作物でした。その時の環境によって害虫が発生したりしなかったりするので、種を播く時期が違えば、発芽した作物が受ける虫害の程度も違ってきます。今年は初夏に時期をずらしながらトウモロコシの種を5回に分けて播いてみました。現在、収穫が始まっています。

 

最初の2回は害虫の被害に遭って商品にならないトウモロコシがたくさんありました。あと3回、収穫時期を迎えますが、虫害のないきれいなトウモロコシをどれだけ収穫できるか、注目です。商品にならなかったら、私がおやつに食べています。

 

  他にも小玉スイカやトウガンやショウガなど、今まであまり出荷してこなかった作物の苗を畑に植えてみましたが、私がジャガイモなどの主要作物の世話に専念している間に雑草に飲み込まれて消えてしまいました。これらの私が不慣れな作物は、畑の奥に植えると忘れ去られてしまうので、来年は住まいの目の前の畑で育てるようにしたいと思います。

 

  今年の春、農場の所有地にカキとクリの樹の苗を植えてみました。これらがたわわに実を実らせるようになるのかどうかはまだ半信半疑ですが、順調に育てば3年後から収穫できます。もし皆さんも他に小林農場に新たに作ってほしい作物があれば、お伝えください。

 

  小林農場ではすでに年間50種類ほどの作物を作ってきましたが、私が栽培を苦手としている作物はまだまだあります。何事も苦手を克服して新たに自分の引き出しを増やしてゆくことは楽しいこと。引き出しの多い楽しい野菜セットの内容にしてゆきたいです。

 

 

 

後記 秋はたくさんの種類の野菜が出荷できましたので、エダマメやラッカセイは野菜セットには入れませんでした。

エダマメは完熟させて大豆にして、これから収穫する予定です。ラッカセイはすでに収穫して保存中で、どんなふうに利用しようか検討中です。

トウモロコシはそれなりに生育させることができたので、来年はもう少し力を入れて栽培してもっとたくさん出荷したいと思っています。

« 平成29年11月25日の野菜セット(ほしいもについて) | トップページ | 平成29年11月29日 9月下旬に播種したカブの様子 »

農場通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今まで出荷してこなかった野菜   平成29年9月7日:

« 平成29年11月25日の野菜セット(ほしいもについて) | トップページ | 平成29年11月29日 9月下旬に播種したカブの様子 »

フォト
無料ブログはココログ