« 9月29日の野菜セット(トマトの品種のおさらい) | トップページ | 平成29年10月2日、3日の野菜セット »

2017年10月 5日 (木)

平成29年10月5日

先月、玉ねぎの種を畑に播きました。

小林農場ではいろんな品種の玉ねぎを栽培していますが

特に5月に入ってからすぐに収穫できる「極早生品種」と

次の年の3月まで長い間貯蔵しながら出荷してゆける「貯蔵性の良い品種」

の栽培に力を入れています。

5月から次の年の3月までの10か月間、ずっと玉ねぎを出荷してゆくことを目指しています。

ここ数年間、極早生品種は期待通りに5月の早い時期から収穫できていますが、

貯蔵性が良いはずの品種の玉ねぎが秋に入る前から傷み始めてしまいます。

今年も多くの傷んだ玉ねぎを処分することになり在庫も減って

今までどおりに玉ねぎを野菜セットに入れて出荷してゆくと

年内中には玉ねぎの在庫がなくなることでしょう。

玉ねぎは、肥沃な土でないとうまく育たないと言われています。

ただ、肥料を吸収しすぎると、貯蔵性が悪くなるとも言われています。

今年収穫された玉ねぎは、生育中、葉の緑が濃くて

肥料をたくさん吸収しているようにも見えました。

収穫された玉ねぎの形は、少し細長くて

玉のてっぺんの首の部分がフリャリと膨れて、しまりがありませんでした。

このような姿をした玉ねぎは、貯蔵性が悪くなる傾向があります。

収穫された時点ですでに、貯蔵性の悪い兆候が見られました。

11月に入ってから、新たに玉ねぎの苗を畑に植えます。

今回は、極早生品種の苗はいつもどおりに肥沃な土に植えますが、

長期間貯蔵したい品種苗は

あえてやせた土を選んで植えてみたいと思います。

Img_0367写真の右側の玉ねぎのように、今年収穫された玉ねぎは、少し縦長で首が太い姿が多かったです。

右と比べると、左側の玉ねぎは横にも肥大して、健全な玉ねぎの形をしています。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ニンニクと同じように長期間貯蔵できる玉ねぎですが、気になるのが、今年収穫された玉ねぎの形です。通常よりも縦長です。

Dscf6416玉ねぎの断面。玉のてっぺんの部分に注目。「首」と呼ばれていますが、首が少しスカスカとした感じで、指で押すと手応えがいまいちで、首がなんとなく締まりが足りません。

玉ねぎは首の部分から傷んでゆきますが、貯蔵性の良い玉ねぎは首がよく締まっています。今年の玉ねぎは、ちゃんと長く貯蔵できるのか、要注意です。

5月上旬から収穫できる極早生の品種の玉ねぎは無事に肥大して収穫されていきましたが、他の晩生の品種が間もなく十分に肥大して収穫時期を迎えようとしていた5月下旬より、玉ねぎ畑に病気が発生して葉が立ち枯れして、玉ねぎの生育が止まりました。

極早生品種の首はよく締まっているのですが、病気が発生した晩生品種の首はいまいち締まっていません。収穫時期を正常に迎えきれなかった玉ねぎは、首が緩くなる傾向があるのかもしれません。

どの玉ねぎもあいかわらずおいしく、味に問題はありません。貯蔵性がどうか、注目です。

« 9月29日の野菜セット(トマトの品種のおさらい) | トップページ | 平成29年10月2日、3日の野菜セット »

タマネギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成29年10月5日:

« 9月29日の野菜セット(トマトの品種のおさらい) | トップページ | 平成29年10月2日、3日の野菜セット »

フォト
無料ブログはココログ