« 平成29年9月22日の野菜セット(サヤインゲン、トウモロコシについて) | トップページ | 種の気分   平成29年7月13日 »

2017年9月26日 (火)

平成29年9月25日、26日の野菜セット(9月の夏野菜について)

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、玉ねぎ、長ネギ、カボチャ、ナス、キュウリ、ピーマン、オクラ、中玉トマト、ミニトマト、サヤインゲン、クウシンサイ、小松菜

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なのでもっとほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など  

野菜セットについてのみなさんからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、電話やメールで農場まで、または、小林に直接にお伝えください

-------------------------------------------------------------------

先週の台風の影響がまだ残っているようで、特にナスの樹は調子が戻っていないよう。収穫された実は「あざ」のような跡が多く見られ、切って中身の状態を確認してみると、茶色に傷んでいる箇所が所々に見られます。今後はナスの出荷には注意が必要でしょう。

そもそも9月に入れば気温も下がってきているので、ナスやオクラなどの夏野菜を良い状態で出荷してゆくのは難しくなってきています。

9月から10月にかけては、夏野菜から秋野菜へと切り替わってゆく時期です。小林農場はこの時期もなんとか夏野菜を延命させながら夏野菜に頼る傾向がありますが、この時期からもう少したくさん秋野菜を出荷し始めるようにしてもよいかもしれません。

例えば、小松菜やチンゲンサイなどの秋の葉物野菜は、少し工夫すれば9月よりたくさん収穫できると思います。まだ9月の気温はそれほど寒くもないので害虫にとっては活発に活動しやすく、葉物野菜の栽培が難しい時期ですが、来年は防虫ネットなどを利用して虫害を防いでみたいと思います。

Img_0319今年、試しに防虫ネットを少しだけ利用してみました。その様子。

葉物野菜同様、虫害を受けやすいカブや大根ももう少し工夫すれば、9月から収穫できるでしょう。

以前はレタスを9月に出荷できるように作付けしていましたが、9月はレタスにとってまだ暑いようで失敗することが多く、最近はこの時期にレタスを栽培しなくなりました。でも、葉を一枚一枚かいて収穫するサンチュくらいは栽培しておいてよいかもしれません。

秋から出荷される人参の種まきを、今年は少し早めて6月より行いました。9月より出荷されればよいと思いましたが、9月下旬現在、まだ収穫時期にいたっていません。本格的に秋の人参が収穫されてゆくのは、例年どおり10月からとなりそうです。

« 平成29年9月22日の野菜セット(サヤインゲン、トウモロコシについて) | トップページ | 種の気分   平成29年7月13日 »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平成29年9月22日の野菜セット(サヤインゲン、トウモロコシについて) | トップページ | 種の気分   平成29年7月13日 »

フォト
無料ブログはココログ