« 文を削るがごとく  平成29年4月2日 | トップページ | 栽培暦 6月上旬~6月中旬(ネキリムシについて) »

2017年6月10日 (土)

平成29年6月9日、10日の野菜セット(ソラマメの収穫方法について)

今回の野菜セットの内容です。

玉ねぎ、大根、カブ、コールラビ、キャベツ、ブロッコリー、サニーレタス、カリフラワーまたはチンゲンサイ、小松菜、シュンギク、キヌサヤエンドウまたはスナップエンドウ、ソラマメ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など  

野菜セットについてのみなさんからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、電話やメールで農場まで、または、小林に直接にお伝えください。

=====================================

間もなく収穫時期を終えようとしているソラマメ。去年まではうまく栽培できずにちゃんと出荷していませんでしたが、今年は初めて、しっかりとソラマメをたくさん出荷できました。ソラマメを野菜セットに入れ続けることができたのは、今年の春作の収穫です。

まだ私にとって慣れていない作物で、本などを読んで栽培方法を勉強しました。

P6081184ソラマメは、収穫時期を迎える前まで、サヤを空に向かってピンと立てます。だから、「空豆」と呼ばれます。

やがてサヤの中の豆が充実すると重くなり、サヤはだんだん垂れ下がってゆきます。その頃には豆の甘味も固さも食べるのにちょうど良くなるので、収穫できます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

収穫時期の目安

  ・サヤが垂れ下がって来る頃

 ・サヤの緑色が光沢を放ち、背筋が黒褐色になった頃

 

収穫時期を迎えてからあまり時間が経ちすぎてしまうと、豆がおいしくなくなったり傷んでしまったりします。私は、収穫が遅れてしまわないように、サヤが垂れて水平になった頃から、まだサヤが青々としているうちから、すぐに収穫してみました。

食べ頃を迎えて充実した豆には通称「おはぐろ」と呼ばれる黒い筋が見られるのですが、小林農場が出荷しているソラマメの多くには「おはぐろ」がありません。おそらく、小林農場の収穫するタイミングは少し早すぎるのかもしれませんが、味は問題なく、おいしく食べられました。今回は収穫が遅れてしまわないように、早め早めに収穫してみました。

もう少し待って収穫した「おはぐろ」のついている豆は、煮るとモチモチとした食感になるようです。今回野菜セットに入れてお届けしたソラマメは、豆がしっかりと充実しているものが多かったと思います。

同じ時期に収穫されるサヤエンドウは、収穫時期を迎えたらすぐに収穫しないと品質が落ちてしまうので、収穫に忙しい作物です。それと比べるとソラマメは収穫時期の期間が長くて、のんびりと自分な好きな時に好きな量だけ収穫できるような感じがしました。

サヤエンドウの収穫はほぼ終了しましたが、ソラマメはもう少しだけ出荷できるかと思います。

Dscf6312

« 文を削るがごとく  平成29年4月2日 | トップページ | 栽培暦 6月上旬~6月中旬(ネキリムシについて) »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 文を削るがごとく  平成29年4月2日 | トップページ | 栽培暦 6月上旬~6月中旬(ネキリムシについて) »

フォト
無料ブログはココログ