« 平成29年6月26日、27日の野菜セット(食べ頃の作物を長く出荷してゆくコツについて) | トップページ | もし交付金をいただいたなら    平成29年4月27日 »

2017年6月28日 (水)

農場の風景 夏至・乃東枯る の巻

麦が熟して収穫する今の時期を「麦秋」と呼びます。

Dscf6393Dscf6404


ランランララ ランランラン・・・青き葉をまとっていた小麦が黄金の野と化して熟した様子。

先週の日曜日までは、歯でかんでみると簡単につぶれてしまうくらいに小麦が未熟でした。

その後の1週間のうちに小麦の熟度が進んだようで、黄金色だった穂が白っぽく変色して、歯でかんでみるとグミくらいの固さになっていましたので、雨が降り出す前の先週の日曜日に全部、小麦を収穫しました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

Dscf6429サヤインゲン畑の様子。サヤインゲンの株元には雑草を抑えるためにモミガラを散布していますが、しっかりと雑草が生えてくるのを抑えてくれています。

作物の株元の通気性を良くすることが大切なので、株元を草だらけにしないように、モミガラを有効に利用しています。

Dscf6432モミガラとナス。

Dscf6434モミガラとピーマン。

Dscf6431モミガラとカボチャ。

----------------------------------------------------------------------------

Dscf6396人参の花。たいてい、人参が花を咲かせる前に全部収穫して食べてしまいます。今年は初めて人参の花を見られました。こんなふうに花を咲かせるんですね。この後、どんなふうに種ができるのでしょうか。

Dscf6419収穫しきれずに畑に残っていたシュンギクも、花を咲かせています。

« 平成29年6月26日、27日の野菜セット(食べ頃の作物を長く出荷してゆくコツについて) | トップページ | もし交付金をいただいたなら    平成29年4月27日 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農場の風景 夏至・乃東枯る の巻:

« 平成29年6月26日、27日の野菜セット(食べ頃の作物を長く出荷してゆくコツについて) | トップページ | もし交付金をいただいたなら    平成29年4月27日 »

フォト
無料ブログはココログ