« 平成29年6月9日、10日の野菜セット(ソラマメの収穫方法について) | トップページ | 平成29年6月12日、13日の野菜セット(大根とシュンギクについて) »

2017年6月11日 (日)

栽培暦 6月上旬~6月中旬(ネキリムシについて)

先週行った仕事の内容です。

収穫・出荷  片づけ  育苗  定植(サツマイモ、ラッカセイ、ショウガ、モロヘイヤ、ゴーヤ、ヤマイモなど)  播種(オクラ、ゴボウなど)  玉ねぎ、ニンニクを収穫、乾燥  人参の間引き、除草  果菜類(トマト、キュウリなど)の支柱建て、固定、整枝  ネギの定植  田植えに参加  草刈り

今週の仕事の予定

  11日(日)  ネギの定植  玉ねぎの収穫、乾燥

  12日(月)  野菜セット出荷・配送

  13日(火)  ハウス内の片付け  ナス、ピーマン、トマトなどの除草、施肥  露地トマトに雨除け  播種(キュウリ、ゴボウ、トウモロコシ)

  14日(水)  麦の収穫、脱穀、乾燥  竹を切る  トマトの支柱、固定、芽かき

  15日(木)  いろいろと片づけ

  16日(金)  野菜セットの出荷、配送

  17日(土)  麦の収穫、脱穀、乾燥  畑に堆肥散布  肥料作る

==============================

畑で育てていたネギの苗が、ネキリムシという害虫によって、ずいぶん切り倒されてしまいました。

私も苗のまわりの土をほじくり返してたくさんのネキリムシを捕まえましたが、間に合わず。日に日に目に見えて苗の数が減ってゆくので、他にやりたい畑仕事もあったのですが、ネギの苗を他の畑に移しかえる作業を優先させることにしました。

キャベツなどのアブラナ科の作物を食べる害虫ですが、最近はレタスなどのキク科の作物も食べられるようになりました。そして今年はネギの苗にまで手を伸ばしてきました。この害虫、年々、凶暴化しているような気がします。

小林農場で最も大きな被害をもたらす害虫が、ネキリムシです。去年の秋は、畑に植えた白菜やレタスの苗が、ネキリムシによって全滅しました。苗を植えた後、毎朝畑を見回ってネキリムシをたくさん捕まえたのにもかかわらず、大発生して捕まえきれず、苗を守りきることができませんでした。

今年の秋もおそらく、ネキリムシと対決することになります。ネキリムシについて、私が参考にしたページはこちらこちら

私なりにネキリムシ対策をまとめてみると・・・

  ・苗を植えた後は数週間ほど、毎日畑を見回って、ネキリムシを早めに捕まえる。

  ・苗を植える数週間前は、その畑をよく耕して雑草や枯れ草を残さず、徹底的にきれいにしておく。

  ・畑によってはネキリムシがあまり発生しない場合がある。小林農場の場合、私が「下畑」と呼んでいる畑では秋のネキリムシの発生が少ないので、秋はできるだけ「下畑」にネキリムシの被害にあいやすい作物を育てるようにする。

  ・その日の自然環境によって害虫が発生したりしなかったりするので、日をずらしながら苗を何回にも分けて畑に植えて、リスクを分散させる。

Dscf6368


ネギの苗を移しかえている最中に、ついでに捕まえたネキリムシ。

敵の習性を知るために、しばらく大事に飼って観察してみようと思います。

« 平成29年6月9日、10日の野菜セット(ソラマメの収穫方法について) | トップページ | 平成29年6月12日、13日の野菜セット(大根とシュンギクについて) »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栽培暦 6月上旬~6月中旬(ネキリムシについて):

« 平成29年6月9日、10日の野菜セット(ソラマメの収穫方法について) | トップページ | 平成29年6月12日、13日の野菜セット(大根とシュンギクについて) »

フォト
無料ブログはココログ