« 栽培暦 4月16日~4月22日(秋作の播種暦) | トップページ | 穀雨の風景 »

2017年4月25日 (火)

平成29年4月24日、25日の野菜セット(2月に種まきした葉物野菜について)

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、人参、里芋、二十日大根、分けつネギ、キャベツ、サニーレタス、小松菜、水菜、カブの葉、からし菜、菜の花

現在野菜セットに入れているのは、2月に種まきして育てたもの。概ね無事に発芽して生育しました。

ほうれん草と山東菜だけはトウが立ってしまい、残念ながらほとんど商品として出荷ができず。

いつまで経っても肥大しなかった二十日大根も、今週に入って肥大して、たくさん収穫できました。

小松菜は複数の品種を試してみましたが、中でも「美味菜(ダイヤ交配)」が収量が良くて葉も柔らかく、良い成績でした。他にも、水菜の「千筋京菜(サカタ育成)」やからし菜のサラダからし菜(ダイヤ育成)」も良かったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月は、無農薬栽培とは思えぬほど、虫食われ穴の目立たない、きれいな姿の葉物野菜が収穫できました。虫がまだそんなに活発ではない頃に栽培したこともありますが、今回葉物野菜を栽培した「下畑」は虫害が少ない畑だと、改めて思いました。

小林農場にはそれぞれ「下畑」と「新畑」と呼んでいる2枚の畑があります。去年の2月は「新畑」のほうで葉物野菜を栽培しましたが、かなり虫害が酷かったです。今までの経験から、虫害を回避したい場合は「下畑」で栽培したほうが良いと思いました。「下畑」を「忌虫の畑」とも呼んでいます。

いっぽう、新畑で栽培すると、作物の収穫期間が妙に長くなり、去年の秋に種まきして育てた葉物野菜が今年の3月までの長い期間、収穫を楽しむことができました。新畑を「長寿の畑」とも呼んでいます。

« 栽培暦 4月16日~4月22日(秋作の播種暦) | トップページ | 穀雨の風景 »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 栽培暦 4月16日~4月22日(秋作の播種暦) | トップページ | 穀雨の風景 »

フォト
無料ブログはココログ