« 信頼関係は地道に積み上げてゆくもの   平成28年12月8日 | トップページ | 不作から学ぶ平成28年    平成28年12月20日 »

2017年2月15日 (水)

2月13日、14日の野菜セット(水菜、みぶ菜について)

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、人参、大根、里芋、カボチャ、キャベツ、ほうれん草、油菜、水菜、みぶ菜、京菜

2月13日 葉物野菜

Dscf0904写真の左は水菜、右はみぶ菜。どちらも味がさっぱりとしていて、シャキシャキとした歯応えを生かしてサラダなどで生食してもおいしい京野菜です。

冬の寒さに対して抜群の耐寒力を見せつけているホウレンソウと比べると、水菜とみぶ菜は繊細なようです。これらの葉物野菜を青々とした良い状態で収穫できるのは、1月の上旬まででしょう。先週に降った雪に押しつぶされてしまった影響か、今回収穫された水菜やみぶ菜は、葉が少しだけしおれ気味でした。

現在収穫されている水菜とみぶ菜には、霜枯れした葉がたくさん混じっていて、出荷前にそれらを取り除くのに大変な時間がかかってしまっています。間もなくこれらの葉物野菜の出荷を終了したいと思います。

2月に入ってから新たに葉物野菜の種を畑に播きました。これらが収穫されるのは、早ければ3月下旬より。秋播きの葉物野菜とは味わいの違った葉物野菜が出荷されていくので、お楽しみに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dscf0873みぶ菜。各ご家庭お届けしている量はこのくらい。

Dscf0874上の写真のみぶ菜をゆでると、体積が減って、小皿に納まるくらいの量になりました。

葉物野菜は、火に通すと、けっこう縮みます。私は1束分の葉物野菜の量なら一人で1食でペロリと食べきってしまいますが、皆さんのご家庭ではいかがでしょうか?

野菜セットに入っている葉物野菜をすぐに食べきれない場合は、軽くゆでて水気をしぼって冷凍庫で冷凍保存するようにおすすめしています。葉物野菜の体積も減って、冷蔵庫に納めやすくなります。

« 信頼関係は地道に積み上げてゆくもの   平成28年12月8日 | トップページ | 不作から学ぶ平成28年    平成28年12月20日 »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月13日、14日の野菜セット(水菜、みぶ菜について):

« 信頼関係は地道に積み上げてゆくもの   平成28年12月8日 | トップページ | 不作から学ぶ平成28年    平成28年12月20日 »

フォト
無料ブログはココログ