« 平成29年1月9日、10日の野菜セット(葉物野菜の増量について) | トップページ | 平成29年1月16日、17日の野菜セット(保管しているジャガイモについて) »

2017年1月15日 (日)

平成29年1月13日、14日の野菜セット(冬のカブについて)

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、人参、大根、カブ、サトイモ、カボチャ、白菜、ほうれん草、小松菜、みぶ菜、京菜、押し麦

1月13日 カブ

秋に収穫時期を迎えたカブは、冬の間は、その上にたっぷりと土をかぶせて防寒しながら出荷しています。

今年のカブは保存状態があまり良くないようです。いくつかのカブの中身に黒い斑点が見られて、傷んでしまっています。おそらく、低温による障害だと思います。

いつもの年と同じような品種を育て、いつもの年と同じ時期に土をかぶせたはずなのに、なぜ、今年は保存状態が良くないのか?

今年は日が当たる時間が少ない畑でカブを保存しました。日当たりが悪いため、土の冷え込みがいっそう厳しかったのかもしれません。冬季に畑で保存する作物については、その保存場所をもう少し気をつけてみたいと思います。

外から見ただけでは中身が傷んでいるかどうかを判別することができません。1月に野菜セットの中に入っていたカブの中には、傷んでしまっていたカブも少しだけ混じっていたかもしれません。

収穫時期を迎えてから時間が経つうちに、寒さに耐えられなくて傷んでしまう作物は、どうしても出現します。収穫されたカブのうち、傷んでしまっているカブが全体の1割、2割くらいならば、皆さんに傷んでしまっているカブを取り除きながらご利用していただくようにお願いしながら、出荷してゆきたいと思います。

もし全体の4割くらいのカブが傷んでいるようであれば、商品としてふさわしくないので出荷を控えたいと思います。今後、収穫されるカブの様子を慎重に見極めながら、出荷の有無を決めてゆきたいと思います。

Dscf0812


収穫されたカブを何個か、包丁を入れて中身の状態を確認してみました。形が小さいカブほど、中身が無事である傾向があるように思いました。これらのカブは、私の昼食のおかずとなりました。

現在出荷しているカブの品種は、どちらかというと肉質が固い品種です。長い間保存するには、肉質が固いほうが良いと思いました。

秋に出荷していたカブは、肉質が柔らかくてトロリとした食感があり、味も浸みやすい品種でした。味はこれらの品種がおいしいと思いますので、次回は試しに、肉質の柔らかそうなカブの品種も、冬に出荷できるようにしてみようと思います。

« 平成29年1月9日、10日の野菜セット(葉物野菜の増量について) | トップページ | 平成29年1月16日、17日の野菜セット(保管しているジャガイモについて) »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平成29年1月9日、10日の野菜セット(葉物野菜の増量について) | トップページ | 平成29年1月16日、17日の野菜セット(保管しているジャガイモについて) »

フォト
無料ブログはココログ