« 平成28年9月30日の野菜セット(玉ねぎの貯蔵状態について) | トップページ | 10月7日、8日の野菜セット(カボチャについて) »

2016年10月 4日 (火)

平成28年10月3日、4日の野菜セット(クウシンサイについて)

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、玉ねぎ、長ネギ、ナス、キュウリ、ピーマン、カボチャ、サヤインゲン、サンチュ、クウシンサイ、人参の葉、ニラ、ニンニク

野菜セットの中にはどんな季節にも、何かしらの葉物野菜を入れたいと思っています。

多くの人に馴染みのある葉物野菜は小松菜やほうれん草でしょう。これらの葉物野菜を年中出荷できれば良いのですが、小松菜もほうれん草も、もっと寒くならないと良質のものを収穫することができません。

秋に入って、モロヘイヤなどの夏野菜が次々に姿を消してゆく現在、クウシンサイだけが葉を茂らせています。真夏の頃よりも9月の頃のほうが葉が茂っているように見えて、頼もしく思いました。

クウシンサイはあまり馴染みのない葉物野菜です。私自身、どうすればこの葉物野菜をおいしく食べられるのかまだよくわからず、料理方法を研究中です。

なるべく毎日、クウシンサイを料理するようにしています。最近はおひたしにして食べることが多いです。おひたしという料理方法は、その食材の独特のクセを和らげて食べやすくしてくれるので、馴染みのない食材を扱う場合、とりあえずおひたしにすればおいしく食べられます。

クウシンサイの葉の部分と茎の部分は、火の通る早さが違うので、料理する時はまず切り分けて、別々に扱うとうまく料理できます。茎の部分はコリコリとした食感がします。茎を細かく切り分けてから炒めたほうがこの食感をより楽しめると、私は最近、気付きました。

ニンニクがクウシンサイと相性が良いようで、いっしょに炒めて料理されることが多いようです。私が自家用に貯蔵していたニンニクの中から出荷できそうなもの選び、今回の野菜セットの中に入れてみました。

気温がもっと下がれば、ほうれん草などの馴染みのある葉物野菜が収穫されてゆくでしょう。今はスーパーに行けば、ほぼ1年中、ほうれん草が手に入る時代です。クウシンサイのような馴染みのない葉物野菜は、滅多に食べられることはないのではないでしょうか。

小林農場では、その季節に収穫できる旬の野菜のみを出荷しています。他に収穫できる葉物野菜がない今の時期、孤軍奮闘してくれているクウシンサイのため、この食材をおいしく食べられるように料理を研究して、それをみなさんにお伝えできれば良いと思います。

Dscf2884

Dscf2802畑で茂るクウシンサイの葉。

« 平成28年9月30日の野菜セット(玉ねぎの貯蔵状態について) | トップページ | 10月7日、8日の野菜セット(カボチャについて) »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平成28年9月30日の野菜セット(玉ねぎの貯蔵状態について) | トップページ | 10月7日、8日の野菜セット(カボチャについて) »

フォト
無料ブログはココログ