« 平成28年8月15日、16日の野菜セット | トップページ | 平成28年 秋作キャベツ »

2016年8月17日 (水)

栽培暦 平成28年8月7日~8月13日

この週に行われた仕事です。

収穫・出荷  整理整頓  草刈り  育苗  果菜類のせん定  ライムギ(緑肥用)を採種  キュウリの定植  ジャガイモ収穫  播種(レタス類、キャベツなど)  除草(ゴボウなど)  玉ねぎの検品

キャベツやレタスなどの秋野菜の種まきを行っています。ポットに種を播き、苗を育ててから畑に植えます。

秋野菜は暑さに弱く、気温が高いと種は発芽しません。でも、秋に収穫するには、7月、8月の盛暑の頃に種を播かなくてはいけません。

レタスの種は、一晩、水の中に浸して、高温を防ぐために冷蔵庫の中に入れて、あらかじめ少しだけ発芽させてから種まきしました。このように「芽だし」をしてから種まきすると、夏でもレタスを発芽させることができます。

今回、水に浸した種の量が足りなかったので、足りない分は芽だししないまま種をまいてみましたが、やはり発芽しませんでした。あらためて、芽だしの必要性を感じることとなりました。

キャベツの種なども、種まきしてから発芽するまでは日なたに置かず、日陰に置いて高温にさらさないように気をつかっています。今年はうっかり、種まきした後、そのままポットを直射日光にさらしてしまったので、キャベツの発芽が疎らになってしまいました。

けっこう栽培の基本は、忘れてしまうもの。失敗する度に、基本を思い出します。

Dscf2718発芽したキャベツの苗。

Dscf2772今の時期は害虫が活発に活動しているので、苗の上には防虫ネットを張っています。

毎日、強烈な直射日光が降り注ぎますが、秋野菜の苗は、そんなに何回も水やりをしなくてもあまりしおれることがありません。おそらく、防虫ネットは防虫だけではなく遮光の効果もあり、苗を直射日光から守ってくれているのだと思います。

来週の仕事の予定

  収穫・出荷  整理整頓  草刈り  育苗  種まき(白菜、シュンギク、レタス類など)  種まき(人参、カブ、二十日大根、葉物野菜など)  堆肥入手・散布  除草(人参、長ネギ、サツマイモ、ダイズなど)  ジャガイモ収穫  果菜類のせん定・管理  定植(キャベツ・ブロッコリー、カリフラワーなど)  採種(サヤインゲンなど)

« 平成28年8月15日、16日の野菜セット | トップページ | 平成28年 秋作キャベツ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栽培暦 平成28年8月7日~8月13日:

« 平成28年8月15日、16日の野菜セット | トップページ | 平成28年 秋作キャベツ »

フォト
無料ブログはココログ